LTEや3Gの対応周波数やバンドとはなにか?どれをえらべばいいのか解説

LTEや3Gの対応周波数やバンドとはなにか?どれをえらべばいいのか解説

スポンサーリンク


LTEや3Gの対応周波数やバンドとはなにか?どれをえらべばいいのか解説

LTE、3G回線の解説

 

どうもシム・ヒカリです。

 

スマートフォンを購入しようとするとよくその端末のスペックが気になりますよね。

 

とくにSIMフリースマートフォンを購入し格安SIMを利用しようとするとき、格安SIMの事業者が提供している通信網でその端末がきちんと通信が行えるか不安になる人もいると思います。

 

そして、そのスペックを見る時に必ずLTEや3G 回線の「対応周波数」とか「対応バンド」とか書いてある項目があると思います。

 

でも2100とかバンド3とか書いてあってもなんのことかよくわからないという人が多いと思います。

 

そもそも2100や1800、900という数字が書いてあることやバンド1やバンド3などのようなバンド〜といったふうに書いてあってなんで書き方が2種類あるのか?と思う人もいるかと思います。

 

しかもこの書き方が製品によってまちまちでどんな「数字」をみれば日本国内での利用に適しているのかわかりません。

 

この記事では、このようにわかりずらい回線の「数字」について解説していこうと思います。

 

そして、スペックの欄にどんな数字が書いてあれば大丈夫なのか結論を記しておきます。とにかくどの数字があればOKなのか結論だけしりたいという人は下の方に書いておくのでそこを見てください。

 

スポンサーリンク

 

LTE回線の対応周波数、対応バンドについての解説

 

まずはLTEについてです。LTEは3G回線に比べるとすごく早いです。Wi-Fiとおんなじ感じで使えますので、これがきちんと利用できるかどうかが、スマートフォンの通信速度を決めると言っても過言ではないです。なので、きちんとした知識を持ってスペック表を見るべきなのです。

 

現在日本の主要な携帯の通信事業はドコモ、au、ソフトバンクですが、この3社はそれぞれ自分たちの通信網を持っています。すなわち、3社の所有している電波網はそれぞれ異なります。

 

そこで、自分たちの所有している電波の方式(LTEとか3G)は同じなのにどのように自社の電波であると区別しているのでしょうか?

 

そこで必要なのが電波の周波数です。この周波数、単位はヘルツ(Hz)でその数字が大きければ大きいほど電波が届くのが早くなります。逆に周波数が低ければ遅くなります。(といってもあまり体感は変わらないですけど。)

 

でも電波というのは以下の図のように、音と同じで波の性質を持っているので、障害物(建物や高速道路、電車などありとあらゆる物質)があると高い周波数ほど電波が回りこまず、そこで電波の通り道がシャットアウトされ遠くまで届くことができません。

 

なので、通信事業者は一つの周波数で電波を送るのではなくて高いものから低いものまで幾つかの周波数に分けて電波を送っています。そうすることによって、より広範囲に電波が届くようにしてあるのです。

 

 

 

で、この周波数、各社それぞれ持っているのですが、それぞれの通信事業者が所有している周波数は以下の表のようになります。○が所有していることを表しています。

 

 

 

表には周波数のところに(バンド〜)と書いてあります。このバンドというのは単純に周波数ごとの個別の名前みたいなもので特別な意味合いはありません。

 

わかりやすくするためにつけたのでしょうかね?

 

どうしてバンド〜と書くようになったのかボクもよくわかりません。だって、周波数とバンド2つの書き方があるとむしろややこしくなってわからなくなりそうじゃないですか。ボクも最初はそうでした。「バンドってなんだ?周波数と何が違うんだ?」ってな感じでした。

 

 

じゃあどの周波数がスペック表に書いてあればいいの?

 

では、周波数やバンドについてわかったところで、どの周波数やバンドに対応していれば日本でスマートフォンとして優秀なのか書いていきます。

 

SIMフリーのスマートフォンで格安SIMを利用するときはその通信事業者が提供している通信網に合致しているかが重要です。

 

そうすると、事業者ごとにいちいち周波数やバンドを調べなければいけないの?と思う人もいるかと思いますが、安心してください。

 

いわゆる格安SIMを提供している通信事業者(MVNOという)は現在のところそのほぼすべてが、ドコモの通信網を貸してもらって事業を行っています。ドコモに利用料を支払って借りているんですね。

 

なので格安SIMを利用しようと思ったら、とにかくドコモの所有する周波数に対応しているかどうかをみればいいわけです。

 

先ほどの表をドコモの部分だけもう一度出します。

 

 

 

ドコモは現在2100MHz(バンド1)、1800MHz(バンド3)、1500MHz(バンド21)、800MHz(バンド19)の4つのLTEの周波数を所有しています。700MHz(バンド28)も2015年に登場予定らしいです。

 

この4つの中でどの周波数に対応していればいいかというと、

 

※上から順に優先度が高いです。

 

1.2100MHz(バンド1)
この周波数はドコモに限らずau、ソフトバンクも持っていて、なぜ周波数が一緒なのかはボクにもわかりませんが、とにかくこの2100MHz(バンド1)は日本全国に概ね届いており、かつ周波数が高いので通信が高速です。

 

2.800MHz(バンド19)
この周波数は2100MHz(バンド1)よりも2分の1以下の低い周波数ですので、障害物を回りこむことが容易なので、より広い範囲に電波が届きます。この周波数はとにかくどこでもつながると考えていいでしょう。この広範囲さゆえドコモなどの通信事業者は自社のパンフレットにプラチナバンドという名称で個別扱いしているほどです。

 

3.1800MHz(バンド3)
これも現在ドコモが拡大を狙っている周波数で、現在は東名阪しかつながらないようですが、時期に全国を覆うようになるかもしれないので見逃せません。しかし上記の2つに比べると対応していなくても問題ないのでは?とも思います。

 

4.1500MHz(バンド21)
この周波数はSIMフリースマホのスペックをみてもほとんどが対応しているのを見たことがないのでなんとも言えないです。なくても大丈夫ということでしょうか。世界中のあらゆるLTE回線の周波数に対応しているあのiPhone 6でさえ対応していません。

 

 

と、このようになります。上2つはぜひ対応していて欲しいです。

 

1番は対応していないとちょっと話になりません。

 

どちらか一つしか対応していない機種を買うのはあまりおすすめしません。

 

しかし1番が対応していれば大体の場合日本で利用できるので(Nexus5は日本の周波数では2100MHz(バンド1)と1800MHz(バンド3)しか対応していませんがLTEが使えなかったという声は聞いたことがありません。実際にボクの母が所有していますが、快適に利用できています。)大丈夫かもしれませんが。

 

一番いいのはやはり、

2100MHz(バンド1)1800MHz(バンド3)800MHz(バンド19)の3つが対応しているスマートフォンを購入するのを強くおすすめします。

 

2014年11月8日に日本での発売が開始する「ZenFone 5」はこの3つに対応しており、低価格で高スペック(高性能)なスマホなので、これからスマホを購入しようと考えている人をは一度検討して見る価値があると思います。

 

Freetell XMもこの3つに対応しているいいスマホです。

 

iPhone 6ももちろん対応しています。そしてSIMフリースマートフォンなので高級志向の方は検討してみるのもいいのではないでしょうか?

 

iPhone6特集・体験レポート

 

3G回線の対応周波数、対応バンドについて

 

3G回線については長々と書いてもLTEとほとんど同じ内容になりますし、LTE対応していれば3G回線を使うこともほとんど無いでしょうから、結論だけにとどめておきます。

 

結論としては、ドコモが所有している3G回線の周波数は2100MHz(バンドT)、1700MHz(バンド\)、800MHz(バンド]\)です。

 

対応していて欲しいのは優先度順に

 

  1. 2100MHz(バンドT)
  2.  

  3. 800MHz(バンド]\)
  4.  

  5. 1700MHz(バンド\)

 

です。

 

ご参考までに。

 

 

「LTEや3Gの対応周波数やバンドとはなにか?どれをえらべばいいのか解説」まとめ

 

いやはや通信回線関連の用語というものはややこしいですね。

 

料金体系にしてもそうですが知らないと損することばかりです。

 

LTEの周波数にしても同じです。

 

よく知らずにSIMフリースマホを買ってもきちんと格安SIMで運用できなかった、なんてこともありえます。

 

とにかくLTEは2100MHz(バンド1)1800MHz(バンド3)800MHz(バンド19)の3つが対応しているかどうかをきちんとみるといいでしょう。

 

皆さんはこの記事を参考にして、賢くスマホを購入してください。

 

この記事が皆さんのお役に立てたのなら幸いです。

 

それではこのへんで、ごきげんようシム・ヒカリでした。

 

2014年11月1日:執筆・通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの息子シム・ヒカリ


スポンサーリンク
   

 
Yahoo!ブックマークに登録する このエントリーをはてなブックマークに追加 livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


通信料金節約ワザ.COM管理人シム・セツヤ的にこれでヨシの節約パターンまとめ

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  • 第1戦略★まず高性能のSIMフリースマホを安く手に入れる
  • 第2戦略★次に自宅でスマホ、パソコンをつなげる環境を作る。光回線快適ネット
  • 第3戦略★そして、外でのスマホの通信費を安くする
  • 第4戦略★WiMAXでどこでもネットの通信費節約(独り暮らし向き)
通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的最強パターンです。こんな感じで家の固定電話、スマホ含めて4人家族月10000円の通信費です。このサイトをサラッと読めば、その方法が分かります。

通信費節約4つの戦略★節約パターンをもう少し詳しく。


第1戦略★まず高性能のスマホを安く手に入れる

SIMフリースマホ本体はここが安いイオシス
格安SIMカードが使えるSIMフリースマホはここで安く買えます。中古パソコンもいっぱい。中古でも保証があり安心。新品未使用品もたくさんあり、ほとんどの機種を探すことができる。保証があるぶんAmazonよりこちらを選んでいます。管理人おすすめ機種は2〜3万円の中上級機スマホ。

管理人おすすめスマホランキング。機能値段でSIMフリーで使える格安スマホ選定しました。

1位Zenfone 2 Laser 2位iPhone 6、 3位Zenfon 5、 4位ZenFone 2、 5位XPERIA Z3 Compact、 6位Nexus 5、 7位freetel XM
SIMフリースマートフォン本体端末まとめ
SIMフリー スマートフォン特集

第2戦略★次に自宅でスマホ、パソコンをつなげる環境を作る。光回線快適ネット

関東圏の光ファイバーは「NURO光」でしょ!NURO(ニューロといいます。)

  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速の450Mbps無線ルーター付
  • 有料ウイルスソフトも料金内
  • プロバイダーも料金内
  • 全部コミコミで月4,743円ということはこれに決まりといった内容です。
  • ソフトバンクのスマホ料金との割引サービスもあります。
  • 光電話もあり。

いかんせんエリアが関東圏だけ!うらやまし〜〜!通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが、関東に住んでいたら、「NURO光」 に即乗り換えます。


詳しい記事はこちら→「NURO光 世界最速2Gbps


NURO光の申し込みはこちら→「」30000円もキャッシュバックあります。

NTTの光回線と光コラボレーションをやっているところです。

NTTフレッツ光とプロバイダーなどとの光コラボ商品は、プロバイダーとのセットで特典、キャッシュバックとかいろいろあります。

光回線の月額料金が多少高めでも、同系列のスマホ契約で割引あるかで契約の判断をすると通信料金の節約が出来ます。

時期によってキャンペーン内容は変わってるかもしれませんが比べて下さい。

最近はNTTフレッツを直接契約するよりもプロバイダー経由のNTTとの光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。プロバイダー独自のサービスがあったりします。回線はNTTそのものですから品質は同じです。

今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。長くNTTを使っている人は、割引が大きくなっているので、そままの方が安い場合があります。回線料金を比較してみて下さい。
  1. 【So-net 光 コラボレーション】30ヶ月割引で戸建て4400円マンション3300円。更にauスマホ携帯利用ならauセット割あり。NTTフレッツ光を利用中の人が安くなるパターン。WEB申し込み工事不要。

  2. SoftBank光キャンペーン戸建て5200円マンション4000円でここからソフトバンクのスマホ持っている人は割引あり。キャッシュバックあり。

  3. 今なら工事費用が無料!DMM光戸建て4820円マンション3780円からDMMモバイルやDMMコンテンツ、電子書籍との同時契約だと安くなる。

  4. 【OCN光】最初の1年間だけ戸建て3650円マンション2800円その後は5100円と3600円。無線ルータプレゼント、5000円キャッシュバック。OCNの格安SIMとの組み合わせでスマホが安くなる。

  5. GMOとくとくBBのドコモ光ドコモのスマホ携帯を持っている人限定。戸建て5200円マンション3800円ですが、ドコモスマホ携帯とのセット割引で安くなってます。

  6. ビッグローブ光なら【ビッグローブ光.net】3年縛りで戸建て4980円マンション3980円、2年縛りで戸建て5180円マンション4080円。事務手数料、工事費かかるね。でもキャッシュバックあり。
私の光ファイバー体験談はこちら→「我が家のネット回線と電話回線+格安SIMスマホで5人家族月1万円で維持
光コラボレーションについて詳しくはこちらで解説→「光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線サービスが一体に

NTTフレッツ光本家の光回線申し込みならこちら


SOHO・法人ならネットだけの申込みで40,000円のキャッシュバック。ひかり電話A追加で最大50,000円のキャッシュバック。使わないオプションの加入は一切不要。


フレッツ光なら【フレッツ光申込みサイト】

auスマホ持ちにはauスマートバリューとauひかりの組み合わせでメチャ節約 auひかりも特典、キャッシュバックとかいろいろあります。時期によって変わっていると思いますが比べて下さい。auひかりは代理店が乱立気味でオプションがないとキャッシュバックがだめだったり、何ヶ月もあとに自分で申請しないとダメだったり面倒すぎるので、そういうところは除きました。
auスマホ、auスマートバリュー、auひかり関連記事はこちら→「光回線比較・NTTフレッツ、auひかり、CATV」、「auスマー、トバリューauひかりをauスマホ持ちで安くする★au離脱困難派向け
東海地方で光電話セットで格安料金(auスマートバリュー対応)
So-net コミュファ光
愛知、三重、岐阜、静岡の中部地方のCMでやってるコミュファ光。So-netプロバイダー料込、ギガのスピード、光電話も300円でNTTより安くコミファ光電話同士無料通話、光テレビもあり、auスマホを持っている人はスマートバリューで1スマホごと1410円割引も適用できる。
関西地方はeo光、テレビ、光電話セットで格安料金、auスマートバリュー対応
価格もリーズナブルで1年間2953円〜で、工事費無料で、商品券最大15,000円もついてくる!
大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域でいろいろキャンペーンやっている光回線です。スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかあり、au携帯ユーザーならスマートバリューでセット割もあり。

四国地方は、【ピカラ光】


愛媛、香川、高知、徳島4県の四国地方の光ファイバー回線です。四国電力系の光回線。工事費無料やキャンペーンをやってます。


インターネット申込みなら【ピカラ光.com】

最安値プロバイダーはここです。
高いプロバイダー乗り換えましょう。プロバイダ料金が500円。BB.exciteです。NTTのフレッツ光とフレッツ・ADSLに月500円で対応しています。プロバイダー乗換えをすると6ヶ月割引で月300円になるキャンペーンもあったりします。
最安プロバイダ BB.excite!月額500円(税抜)!
でもね、今はプロバイダーが光コラボやってて、そっちの方が安いね。NTTフレッツ光契約して別にプロバイダー契約するより、プロバイダーのやってる光コラボの方が安くなっちゃったね。
プロバイダーと光回線がセットになってるヤツです。一番は、これやね→【So-net 光 コラボレーション】毎月最大 9 0 0 円 割引。auスマホ携帯利用なら毎月最大1700円割引auセット割。2万円キャッシュバック。So-netは好きやね。安心や。

第3戦略★そして、外でのスマホの通信費を安くする

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤがいいと思うコース一覧でまとめると

  1. とにかく安くしたいというライトユーザー向け
  2. 携帯電話番号を捨ててもいい、データ通信専用とIP電話でOKのミドルユーザー向け
  3. 今までの携帯電話番号は捨てたくない、でも通信料金を安くしたいMNP派ミドルユーザー向け(新規で携帯電話番号付きのスマホを持ちたい人もこれ。かけ放題オプション追加でキャリアからの乗り換えに。)
  4. 外でばりばりネットも電話もするヘビーユーザー向け
スマホの通信料金節約でどこのMVNOと格安SIMを選んだらいいのかわからない場合は、この記事をどうぞ。長文保存版です。→具体的にどこがいい?・MVNOと格安SIM講座第6回

格安SIMのそもそもからの解説はこちら→「スマホ通信料金を格安にする方法・MVNOと格安SIM講座」「スマホ通信料金を格安にした実践記録

第4戦略★最強の通信費節約は、もしかしてこれかもね。

どこでもネットのWiMAX
一人暮らしのネット環境はコレ一つにする。月額約4000円で光回線並みの速度を自宅でも外でもOK。常にWiMAXとスマホを持ち歩けばSIMカードすらいらない。最強の節約術。auスマホ、携帯の人は、「UQ Flat ツープラスauスマホ割」で最大934円割引あり。

WiMAXのキャンペーンを比較してみて下さい。時期によってキャッシュバックとかいろいろあります。管理人シム・セツヤ的に好きな順です。

  1. Broad WiMAX←WiMAX業界最安値2,726円。キャッシュバック無しの代わりに月額が安い。2年以上利用ならトータルで最安値です。

  2. 【So-net モバイル WiMAX 2+】24ヶ月割引とか27000円キャッシュバック。So-netは回線的にしっかりしていていいね。

  3. GMOとくとくBB WiMAX2+最初の2、3ヶ月だけ最安値でだんだん高くなって2年後はBroad WiMAXの方が安いですね。

  4. @niftyWImax20100円キャッシュバックあり

  5. DTI WiMAX2+27000円キャッシュバック、ここもまずまずかな。

  6. BIGLOBE WiMAX 2+26000円キャッシュバック、ここもまずまずで、申込みがちょっとめんどうそう。

  7. UQ WiMAXUQ-WiMAX本家。商品券3,000円プレゼント、回線はどこの会社でもこれと同じ、本家はキャッシュバックや特典がなくて手続き面倒で他社から申し込んだ方が安くていいと思う。

いろいろあるけど、どこでもWAINAXの回線は同じです。1番目のキャッシュバックなしの代わりに月額料金が安いのか、2番目のキャッシュバックがあってSo-netという回線安心感で比べればいいと思います。まあ、安い方がいいでしょうけど・・・

それから、WiMAXではないんですが、高速LTE回線が1日5時間限定で使い放題というnuro mobile(ニューロ モバイル)というのが出来ました。格安SIMでスマホのテザリングとか少し面倒なところもありますが案外一人暮らし用のネット回線に使えたりするかもしれません。とにかく通信料金の節約をしたい人は挑戦してみたください。

公式サイトはこちらで。→nuro mobile
詳しくはこちらの記事にまとめました。→nuro mobileほぼパケ放題一人暮らし2500円スマホ、ネット!格安SIMでネット回線いいかも
関連記事こちら→「WiMAXを比較。一人暮らしにWiMAX。どれもUQ-WiMAX結局どこがいいのか。」「UQ WiMAXまとめ



ホーム RSS購読 サイトマップ
格安SIM講座 スマホ格安実践編 ネット回線と電話 管理人はこんな人