NifMo(ニフモ) 値下げをしたが果たして安いのか

NifMo(ニフモ) 値下げをしたが果たして安いのか

2015年2月1日よりNifMo(ニフモ)が料金プランの値下げを行いました。

 

データ通信SIMと音声通話対応SIMの両方で4GBと7GBのプランで値下げが行われました。値下げ幅は以下のとおり。

 

4GB

  • データ通信SIM・・・2500円 → 1600円
  • 音声通話対応SIM・・・3200円 → 2300円

 

7GB

  • データ通信SIM・・・3500円 → 2800円
  • 音声通話対応SIM・・・4200円 → 3500円

 

また、SMSプランが250円 → 150円になりました。

 

この料金プランの値下げは一見すると大幅に安くなったように見えますが、OCN モバイル ONEを始めとする他の格安SIM会社と比べるとまだ高いです。

 

OCN モバイル ONEは、4GBのコースは1450円(税抜き)で提供されています。音声通話対応SIMの4GBコースも2150円で提供されており、NifMo(ニフモ)よりも安くなっています。

 

7GBのプランではOCN モバイル ONEのプランは1800円と安いですが、これは500Kbpsの低速回線での提供になるので、一概に比較はできません。高速回線で多めの容量が欲しい方はNifMo(ニフモ)のほうがいいでしょう。

 

ちなみに、2GBのプランは値段の変更はありません。

 

料金だけで比較してみると全体的にOCN モバイル ONEのほうが安上がりの仕様になっているというのが事実です。

 

NifMo(ニフモ)には人気のSIMフリースマートフォンZenFone 5とのセットで購入し端末代を分割で支払うことができるプランもあるので、すぐに端末代を支払うことが難しい場合はNifMo(ニフモ)を選だほうが良いと思もわれます。

 

人気のスマホを手に入れたいときに初期費用をおさえて、スマホ代金を払い終わったら、他社のもっと条件のいい格安SIMに乗り換えるという手もあります。

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの場合は、乗り換えには解約金や解除料がかかったりします。2年縛りで更新月以外での解約に高い、高い解除金があります。

 

その点、MVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMは、月単位での支払いだけであとは何も縛りがありません。

 

ですから、好きな時にSIMカードを乗り換えることができます。しかも、スマホはSIMフリーですから、スマホ本体も壊れるまで使えます。本当にスッキリしている格安SIMです。

 

NifMo(ニフモ)については、こちらで詳しく解説しています。→「NifMo(ニフモ)・音声通話付SIMとZenFone 5のセットはキャリアからMNP機種変向き?

 

OCN モバイル ONEについては、こちらで詳しく解説しています。→「OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録

 

 

執筆:シム・ヒカリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事




こちらの記事もどうぞ