楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる+電話かけ放題したい人も

楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる+電話かけ放題したい人も

スポンサーリンク


楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる+電話かけ放題したい人も

楽天で買い物をする人は多いですね。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤもよく使います。楽天のクレジットカードも持ってます。ポイントがなんだかんだと貯まるのでそれを使って、また買い物してしまいます。

 

楽天が格安SIMを販売してます。

 

楽天自身がMVNO(仮想移動体通信事業者)を始めています。楽天の格安SIMです。今では、MVNO(仮想移動体通信事業者)も増えています。

 

総務省からは、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリア向けに、スマートフォンのSIMロック解除の通達も出て、2015年5月からは、条件付ですが、一応、新しいスマートフォンに関してはSIMロック解除がされて、SIMフリーのスマホになります。

 

今まで以上に、スマートフォンのキャリア選びができるようになります。その中に、格安SIMを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)も参加できます。

 

これからは、ますますau、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの馬鹿高い通信料金に嫌気がさした人々が、格安SIMの世界に足を踏み入れることでしょう。

 

これを読んでいるあなたも、そのうちの一人ですね!キッと!

 

このサイトでは、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ一家が、家族4人でスマホと光回線、光電話、すべて含めて、月額10000円で通信費をまかなっている方法をまとめています。

 

まいど、書きますが、その辺の方法は、「スマホ通信料金を格安にする方法・MVNOと格安SIM講座」「スマホ通信料金を格安にした実践記録」にしっかりとまとめてあります。

 

じっくり読んで頂ければ、あなたも格安SIMの世界のトリコになりますよ!

 

と、前置きはこれくらいにして、今回は、楽天モバイルです。楽天でネット通販をよく使う人は、楽天の始めた格安SIMの楽天モバイルを利用して通信費の節約をする組み合わせを調べて、まとめたいと思います。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

スポンサーリンク

 

 

楽天モバイルの概要

 

楽天モバイルが、公式ページになります。

 

こちらを見てもらえば詳しいのですが、ここでは概要をまとめておきます。

 

楽天モバイルは、ドコモのデータ回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)です。つまり、ドコモ系の格安SIMを提供しています。

 

回線はドコモと同じ

 

ですから、データ回線、携帯電話回線は、NTTドコモと同じものです。回線品質は、他のMVNOの格安SIMもそうですが、ドコモ系の格安SIMは、ドコモと同じです。

 

LTEの高速回線は、ドコモと同じで、下り最大225Mbpsの高速通信ということになってます。

 

今まで使っていた携帯電話の番号もMNPナンバーポータビリティで移動することもできます。MNPは今では、格安SIMでも当たり前になりました。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

楽天ポイントが貯まる

 

楽天モバイルの場合は、他社の格安SIMと違うところが、楽天ポイントが貯まるという点でしょうかね。

 

毎月払う通信料金には楽天ポイントが付きますが、申し込み特典があって、最大で9000ポイント付いたり、格安SIMの契約期間中は、楽天市場での買い物の楽天ポイントが2倍になったりします。

 

楽天で買い物をよくする人には、案外いいんじゃないでしょうか。通信費の節約と他の買い物の節約にもつながるような感じです。

 

ポイントでお客さんを囲い込むのが上手な楽天さんです。

 

楽天モバイルの料金体系

 

  データSIM(SMSなし) 050データSIM(SMSあり) 通話付SIM 通信速度
ベーシック 525円 645円 1250円 200Kbps
3.1GBパック 900円 1020円 1600円

下り最大225Mbps
上り最大50Mbps

 

5GBパック 1450円 1570円 2150円
10GBパック 2260円 2380円 2960円
20GBパック 4050円 4170円 4750円
30GBパック 5450円 5520円 6150円

 

料金体系は格安SIMを提供している他のMVNO(仮想移動体通信事業者)とそんなに大きく変わりません。楽天モバイルの場合は、最低料金の525円を強調した宣伝をしています。

 

525円でスマホがつながる!といった感じで宣伝してますが、高速通信なしのSMSなしのしかもデータ通信速度が200Kbpsという低速回線です。LTE高速回線がないとやっぱりだめなんじゃないかなと思います。

 

実質的には、3.1GBの高速通信ができる900円からということになると思います。あまり実用的ではないですが、525円のコースを作って、メチャメチャ安い感じで宣伝できますからね。

 

楽天さんうまいですな。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

楽天モバイルの「050データSIM」とは

 

「050データSIM」これは、050番で始まるIP電話の電話番号がついて、別に080、090、070番で始まる音声通話のできないショートメールのみのSMS番号がついているコースです。

 

前は、「データSIM(SMSつき)」とか言っていたと思います。

 

050番で始まるIP電話とは、通常の携帯電話網を使わないで、ネット回線上で音声データを送受信するアプリを使って電話のかわりにする方法です。

 

ネット回線の混雑具合や回線速度に依存するので音声品質が多少落ちます。しかし、普通に会話する程度のことは可能です。

 

スカイプ電話やLINE電話なんかもネット回線をつかった電話システムです。イメージとしては同じです。

 

「050データSIM」の場合は、050番のIP電話を普通に使いたいなら、低速回線のベーシックプランでは使い物にならないと思います。

 

やはりLTEの高速回線じゃないとまともに音声通話は無理だと思います。

 

ですから「050データSIM」の場合も3.1GB以上のプランが必要です。

 

SMS番号が必要なければ、「データSIM(SMSなし)」で、別途、050番のIP電話を提供しているところがありますから、そこのアプリを入れれば、050番の電話番号を入手できます。

 

基本料金無料のところもあります。

 

050番のIP電話については、こちらで詳しくまとめています。

 

音声通話アプリで050番の電話番号取得・格安SIMスマホ実践編第7回

 

楽天モバイルは結局どのコースがいいのか?

 

ということで楽天モバイルは実質高速通信が3.1GBついているコースがいいと思います。音声通話付格安SIMでは、1600円です。

 

この金額と高速通信データ量のコースは、他社と横並びです。楽天モバイルが、高速通信のところが0.1GBだけ多い3.1GBということで、ほんのちょっとだけ差別化?しています。

 

でも、これもほとんと他社と横並びです。楽天ポイントで差別化といった感じですね。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

楽天モバイルの音声通話付格安SIMの通話料

 

楽天モバイルの音声通話付格安SIMの通話料は、他社と同じ30秒21円です。

 

これを半額にすることができるのが「楽天でんわ」です。

 

「楽天でんわ」アプリをスマホにいれて電話をかけると通話料が半額になります。

 

「楽天でんわ」は、楽天モバイルを申し込まなくても、他社の音声通話付格安SIMでも、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアのSIMでも使うことができます。

 

しかし、楽天モバイルと楽天電話のセットで使うと、これまた楽天ですよ、ポイントが付くんですね。

 

楽天モバイルの格安SIMカードと同時に楽天でんわも申し込むと楽天スーパーポイントが1500ポイントもらえます。

 

いつまでこの特典やってるかわかりませんが、まあ、最初だけの特典ですけど、ないよりはいいですね。

 

格安SIMでも音声通話かけ放題したい人に

 

楽天モバイル契約者限定のカケホーダイオプションが登場。

 

楽天モバイルがついに格安SIM初の「カケホーダイ」を始めました。

 

楽天モバイル5分以下の電話がかけ放題

 

「5分かけ放題オプション」という名前です。楽天が2016年ころから始めたと思います。それに続いて、他社の格安SIMでも似たようなサービスを始めています。

 

このオプションの料金は月額850円

 

楽天モバイルを契約している人限定でこのオプションが申し込めます。

 

どんなオプションかというと、

 

「楽天でんわ」で電話をかける際にこのオプションに入っていると、1回5分以下の電話がかけ放題になるというものです。

 

「楽天でんわ」を利用する必要があるので、実質対象は通話SIMを使っている人ですな。

 

格安SIMにしたけどそれなりに通話をしたいという人にはいいんじゃないでしょうか。

 

「楽天でんわ」を使うとそもそも通話料は30秒で10円となりますから、850円分だと42.5分話すことができます。

 

1回5分で割ってみると、8.5回です。月に5分程度の通話を8.5回以上する人にとってはこの「5分かけ放題オプション」に入ったほうが良いですね。あくまで概算ですが。

 

オプションに入った時の料金はこんな感じになります。

 

楽天モバイル電話かけ放題料金表

 

基本のプランに月850円プラスになるだけですね。これだけで1回5分以下という縛りがありますが、かけ放題が手に入るのはスゴイんじゃないでしょうか。

 

それもIP電話じゃなくて、携帯電話網を使った音声通話です。

 

キャリア3社(ドコモ、au、softbank)にも5分以下の電話がかけ放題なプランがありますが、あれは1700円。

 

対して同じ条件で楽天モバイルは850円。半額ですね。

 

3GBのプランも楽天なら1600円でキャリアは4200円。半額以下ですね。

 

合わせると、

 

  • 楽天モバイル…2450円
  • 大手キャリア…5900円

 

全く同じ条件のサービスでこんなにも料金が違います。

 

もうかけ放題が必要な人はキャリアにしなければならないということが無くなりましたね。

 

これからは格安SIMでも音声通話かけ放題です。

 

ちなみに1回5分以上電話すると5分以降は30秒毎に10円かかります。これは楽天モバイルで普通に電話している時と同じ料金です。

 

キャリアのだと5分を超えた通話は30秒毎に20円かかってしまうので、やっぱり「楽天でんわ」を使ったこの「5分かけ放題オプション」が優位ですな。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

初月が無料・データ翌月繰り越し

 

楽天モバイルは会員ならもれなく月額料金初月無料

 

あとは、楽天モバイルのいいところは、申し込んだ初月が無料というのがあります。

 

格安SIMを申し込むとカード発行に3000円かかりますから、通信費のところで初月無料にしてくれれば、少しは助かりますな。

 

楽天モバイルはデータ通信量翌月繰り越し

 

それから、これも増えてきましたが、高速通信の容量を月ごとで買うわけですが、それが余ってしまったときです。それを通常は、月ごとで捨ててしまうわけですが、翌月に繰り越して使うことができるということになってます。

 

これも無駄なく高速通信を利用することができるので助かります。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

速度制限「3日の縛り」が2017年3月から撤廃

 

この記事を書いている2017年2月18日時点では、楽天モバイルの販売ページには、小さく下の方に、注意書きで高速通信を利用するときの「3日の縛り」がありますと書いてあります。

 

各プランは3日あたり3.1GBプラン:540MB、5GBプラン:1GB、10GBプラン:1.7GBの通信速度制限がございます。予めご了承ください。

 

と、小さく書いてあります。

 

どういうことかと言いますと、高速通信プランを申し込んでも、申し込んだだけのデータ量をいっぺんに1日で利用できるわけでなということです。

 

直近の3日間で、3.1GBプランの場合は、高速通信の利用が540MBを超えたら、低速回線の200Kbpsになってしまします。その時点から、3日間待って高速通信がまた使えるようになります。

 

ですから、この3日間の縛りがる状態だと、3.1GBプランの場合は、実質1日180MBの高速通信が使えると思っておいた方がいいのです。

 

1日180MBもあれば、外で普通にメールをしたりLINEをしたり、地図を見たりといったことには十分なデータ量ですが、動画を見たり音楽をダウンロードしたりするといっぺんになくなってしまします。

 

そういった、大容量の通信は、自宅のWi-Fi環境下で行うようにしなければならないという不便がありました。

 

それが、2017年3月からは、この3日間の縛りを撤廃することになりました。

 

データ通信によるトラフィックがネットワーク帯域の上限を越えるときなど、使用状況により通信制限を行う場合がございます。

 

というふうに、販売パージには小さく書いてありますが、データ回線がいっぱいにならなければ、普通に使っていいですよ!ということですね。

 

これも、他社の格安SIMも、どんどん3日間の縛りがなくなってますから、横並びといったところでしょうか。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

スマホ端末と楽天モバイル格安SIMとのセットの種類が多い

 

あとですね、楽天モバイルは、スマホ端末と楽天モバイル格安SIMとのセットの種類が多いということがあげられますね。しかも人気の中上級機をそろえています。

 

格安SIMとスマホ本体代金を24回払いでのセットです。新しいスマホを持つときの初期費用を抑えることができます。

 

初めてスマホを持つ方や、機種変を考えている人には、スマホ本体の種類が多いので、気になるスマホがある場合は、楽天モバイルはいいかもしれません。

 

ZenFonシリーズ、HUAWEIシリーズ、honor8、AQUOSシリーズ、arroesシリーズ、VAIO Phonなどたくさんのラインナップがあります。

 

多いです。実に多いです。この数は他のMVNOの追随を許さないほどで、まさにスマホセットで選ぶなら楽天モバイルって感じですな。

 

どれもスペック的にも十分なスマホばかりです。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、ZenFone 5をつかってますが、スマホ本体は安い割には非常に高機能で使いやすいスマホです。

 

ZenFoneシリーズは好きですね。

 

他のスマホも同じように高機能で使いやすいものばかりでしょう。全部のスマホを触ったことはありませんが、スペック表を見た限りでは、いいモノではないかと思います。

 

他にもタブレットなどもそろえています。

 

ルーターやガラケー携帯もあります。

 

楽天モバイルの公式ページ→楽天モバイル

 

「楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる+電話かけ放題したい人も」まとめ

 

楽天モバイルの格安SIMをまとめてみました。格安SIMを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)も増えてきました。楽天市場を運営している楽天の「楽天モバイル」です。

 

NTT系の格安SIMということ、料金プランも525円の最低コースで宣伝してますが、実質は他社と同じレベルでの料金体系だということ。

 

楽天モバイルのいいところは、やっぱり楽天を頻繁に利用する人にとっては、楽天ポイントが貯まりますので、これが一番の売りじゃないかなと思います。

 

格安SIMの場合は、安く済ませたい場合で、あまり電話をかけないで、ほとんどLINEの無料通話とかで済ませている人などは格安SIMが向いている人です。

 

【追記】楽天モバイルでは「5分かけ放題オプション」というものが登場し、5分以下の通話ならかけ放題になりました。

 

もう格安SIMだから通話ができないなんてことにはなりません。楽天モバイル契約者限定でキャリアの半額の月額850円でこのオプションに入れます。

 

こういったかけ放題があるのはキャリア以外では、もう一つにワイモバイルがあります。ワイモバイルは10分以下の通話が月300回までかけ放題です。料金は楽天モバイルよりも高いので、どちらが良いかは人によります。

 

詳しくはコチラでまとめていますので自分なりに吟味してください。→「Y!mobileってどうよ?ほんとに安いか?品質は?格安SIMとの違いは?

 

格安SIMの世界は、スマホのライトユーザーからミドルユーザー向けのサービスです。

 

スマホを持ちたいけれども、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの通信料金では、高いのであきらめていた人などは、これからは、1000円前後でスマホを持つことが可能です。

 

今や楽天モバイルはかけ放題オプションも選べるようになって、ますますキャリアである理由がなくなってきました。

 

楽天スーパーポイントも貯まる楽天モバイルは今格安SIMのみならず、大手キャリアを含めた全ての携帯電話事業者の先頭をいっていますな。

 

楽天モバイルの公式ページはこちらです。

 

楽天モバイル

 

格安SIMの説明とか、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの実践記録などは、まいど、書きますが、「スマホ通信料金を格安にする方法・MVNOと格安SIM講座」「スマホ通信料金を格安にした実践記録」にしっかりとまとめてあります。

 

今回は、楽天モバイルをまとめていました。

楽天モバイル

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

 

関連ページ

LINEモバイルSNS放題Music放題・500円で子供にスマホを持たせる方法
nuro mobileほぼパケ放題一人暮らし2500円スマホ、ネット!格安SIMでネット回線いいかも
DMM mobile・SIM480円格安SIM業界最安値に挑戦してるけど
DTI SIM LTE1G600円から。ネット放題、電話放題もあり。Pokemon GOの通信費も。
OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録・音声通話SIM半額とか無料通話とか
Y!mobileってどうよ?ほんとに安いか?品質は?格安SIMとの違いは?iPhone 5sがワンキュッパ
BB.exciteモバイルLTE格安SIM
NifMo(ニフモ)・音声通話付SIMとスマホ端末セットはキャリアからMNP機種変向き?
NifMo(ニフモ)1.1GB月640円業界最安値に挑戦してるけど
BIGLOBE LTE・3G 音声通話格安SIM
イオンスマホは電話や店頭で細かいサポートも受けられる唯一の格安スマホ・格安SIMです
TONE mobile容量無制限で初心者向け格安スマホ格安SIM
「mineo」au端末でも格安SIMしたいならこれがベストMVNOですな
U-mobileでLTE使い放題2480円、U-mobile SUPER10分以内300回まで無料通話
iiJmio・mio高速モバイル/D・格安SIM音声通話付SIMみおふぉん
1日360MB・So-net LTE 高性能スマホセット4980格安SIM
So-net モバイル LTE スマホセット2480格安SIM★販売終了しました。
日本通信・b-mobile X SIM・スマホ電話SIM フリーData格安SIM
格安SIM・b-mobile SIM 高速定額・日本通信が高速通信使い放題開始!
格安SIMぷららモバイルLTEのデータ通信使い放題定額はどうか
ServersMan SIM LTE
スポンサーリンク
   

 
Yahoo!ブックマークに登録する このエントリーをはてなブックマークに追加 livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


通信料金節約ワザ.COM管理人シム・セツヤ的にこれでヨシの節約パターンまとめ

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  • 第1戦略★まず高性能のSIMフリースマホを安く手に入れる
  • 第2戦略★次に自宅でスマホ、パソコンをつなげる環境を作る。光回線快適ネット
  • 第3戦略★そして、外でのスマホの通信費を安くする
  • 第4戦略★WiMAXでどこでもネットの通信費節約(独り暮らし向き)
通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的最強パターンです。こんな感じで家の固定電話、スマホ含めて4人家族月10000円の通信費です。このサイトをサラッと読めば、その方法が分かります。

通信費節約4つの戦略★節約パターンをもう少し詳しく。


第1戦略★まず高性能のスマホを安く手に入れる

SIMフリースマホ本体はここが安いイオシス
格安SIMカードが使えるSIMフリースマホはここで安く買えます。中古パソコンもいっぱい。中古でも保証があり安心。新品未使用品もたくさんあり、ほとんどの機種を探すことができる。保証があるぶんAmazonよりこちらを選んでいます。管理人おすすめ機種は2〜3万円の中上級機スマホ。

管理人おすすめスマホランキング。機能値段でSIMフリーで使える格安スマホ選定しました。

1位Zenfone 2 Laser 2位iPhone 6、 3位Zenfon 5、 4位ZenFone 2、 5位XPERIA Z3 Compact、 6位Nexus 5、 7位freetel XM
SIMフリースマートフォン本体端末まとめ
SIMフリー スマートフォン特集

第2戦略★次に自宅でスマホ、パソコンをつなげる環境を作る。光回線快適ネット

関東圏の光ファイバーは「NURO光」でしょ!NURO(ニューロといいます。)

  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速の450Mbps無線ルーター付
  • 有料ウイルスソフトも料金内
  • プロバイダーも料金内
  • 全部コミコミで月4,743円ということはこれに決まりといった内容です。
  • ソフトバンクのスマホ料金との割引サービスもあります。
  • 光電話もあり。

いかんせんエリアが関東圏だけ!うらやまし〜〜!通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが、関東に住んでいたら、「NURO光」 に即乗り換えます。


詳しい記事はこちら→「NURO光 世界最速2Gbps


NURO光の申し込みはこちら→「」30000円もキャッシュバックあります。

NTTの光回線と光コラボレーションをやっているところです。

NTTフレッツ光とプロバイダーなどとの光コラボ商品は、プロバイダーとのセットで特典、キャッシュバックとかいろいろあります。

光回線の月額料金が多少高めでも、同系列のスマホ契約で割引あるかで契約の判断をすると通信料金の節約が出来ます。

時期によってキャンペーン内容は変わってるかもしれませんが比べて下さい。

最近はNTTフレッツを直接契約するよりもプロバイダー経由のNTTとの光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。プロバイダー独自のサービスがあったりします。回線はNTTそのものですから品質は同じです。

今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。長くNTTを使っている人は、割引が大きくなっているので、そままの方が安い場合があります。回線料金を比較してみて下さい。
  1. 【So-net 光 コラボレーション】30ヶ月割引で戸建て4400円マンション3300円。更にauスマホ携帯利用ならauセット割あり。NTTフレッツ光を利用中の人が安くなるパターン。WEB申し込み工事不要。

  2. SoftBank光キャンペーン戸建て5200円マンション4000円でここからソフトバンクのスマホ持っている人は割引あり。キャッシュバックあり。

  3. 今なら工事費用が無料!DMM光戸建て4820円マンション3780円からDMMモバイルやDMMコンテンツ、電子書籍との同時契約だと安くなる。

  4. 【OCN光】最初の1年間だけ戸建て3650円マンション2800円その後は5100円と3600円。無線ルータプレゼント、5000円キャッシュバック。OCNの格安SIMとの組み合わせでスマホが安くなる。

  5. GMOとくとくBBのドコモ光ドコモのスマホ携帯を持っている人限定。戸建て5200円マンション3800円ですが、ドコモスマホ携帯とのセット割引で安くなってます。IPv6で速度でます。

  6. ビッグローブ光なら【ビッグローブ光.net】3年縛りで戸建て4980円マンション3980円、2年縛りで戸建て5180円マンション4080円。事務手数料、工事費かかるね。でもキャッシュバックあり。
私の光ファイバー体験談はこちら→「我が家のネット回線と電話回線+格安SIMスマホで5人家族月1万円で維持
光コラボレーションについて詳しくはこちらで解説→「光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線サービスが一体に

NTTフレッツ光本家の光回線申し込みならこちら


SOHO・法人ならネットだけの申込みで40,000円のキャッシュバック。ひかり電話A追加で最大50,000円のキャッシュバック。使わないオプションの加入は一切不要。


フレッツ光なら【フレッツ光申込みサイト】

auスマホ持ちにはauスマートバリューとauひかりの組み合わせでメチャ節約 auひかりも特典、キャッシュバックとかいろいろあります。時期によって変わっていると思いますが比べて下さい。auひかりは代理店が乱立気味でオプションがないとキャッシュバックがだめだったり、何ヶ月もあとに自分で申請しないとダメだったり面倒すぎるので、そういうところは除きました。
auスマホ、auスマートバリュー、auひかり関連記事はこちら→「光回線比較・NTTフレッツ、auひかり、CATV」、「auスマー、トバリューauひかりをauスマホ持ちで安くする★au離脱困難派向け
東海地方で光電話セットで格安料金(auスマートバリュー対応)
So-net コミュファ光
愛知、三重、岐阜、静岡の中部地方のCMでやってるコミュファ光。So-netプロバイダー料込、ギガのスピード、光電話も300円でNTTより安くコミファ光電話同士無料通話、光テレビもあり、auスマホを持っている人はスマートバリューで1スマホごと1410円割引も適用できる。
関西地方はeo光、テレビ、光電話セットで格安料金、auスマートバリュー対応
価格もリーズナブルで1年間2953円〜で、工事費無料で、商品券最大15,000円もついてくる!
大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域でいろいろキャンペーンやっている光回線です。スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかあり、au携帯ユーザーならスマートバリューでセット割もあり。

四国地方は、【ピカラ光】


愛媛、香川、高知、徳島4県の四国地方の光ファイバー回線です。四国電力系の光回線。工事費無料やキャンペーンをやってます。


インターネット申込みなら【ピカラ光.com】

最安値プロバイダーはここです。
高いプロバイダー乗り換えましょう。プロバイダ料金が500円。BB.exciteです。NTTのフレッツ光とフレッツ・ADSLに月500円で対応しています。プロバイダー乗換えをすると6ヶ月割引で月300円になるキャンペーンもあったりします。
最安プロバイダ BB.excite!月額500円(税抜)!
でもね、今はプロバイダーが光コラボやってて、そっちの方が安いね。NTTフレッツ光契約して別にプロバイダー契約するより、プロバイダーのやってる光コラボの方が安くなっちゃったね。
プロバイダーと光回線がセットになってるヤツです。一番は、これやね→【So-net 光 コラボレーション】毎月最大 9 0 0 円 割引。auスマホ携帯利用なら毎月最大1700円割引auセット割。2万円キャッシュバック。So-netは好きやね。安心や。
NTTフレッツ光で速度が出ないで悩んでいる人は、プロバイダーを変更しよう
通信料金の節約には、いろいろなキャンペーン情報をうまく利用することです。

いろんなキャンペーン情報

第3戦略★そして、外でのスマホの通信費を安くする

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤがいいと思うコース一覧でまとめると

  1. とにかく安くしたいというライトユーザー向け
  2. 携帯電話番号を捨ててもいい、データ通信専用とIP電話でOKのミドルユーザー向け
  3. 今までの携帯電話番号は捨てたくない、でも通信料金を安くしたいMNP派ミドルユーザー向け(新規で携帯電話番号付きのスマホを持ちたい人もこれ。かけ放題オプション追加でキャリアからの乗り換えに。)
  4. 外でばりばりネットも電話もするヘビーユーザー向け
スマホの通信料金節約でどこのMVNOと格安SIMを選んだらいいのかわからない場合は、この記事をどうぞ。長文保存版です。→具体的にどこがいい?・MVNOと格安SIM講座第6回

格安SIMのそもそもからの解説はこちら→「スマホ通信料金を格安にする方法・MVNOと格安SIM講座」「スマホ通信料金を格安にした実践記録

第4戦略★最強の通信費節約は、もしかしてこれかもね。

どこでもネットのWiMAX
一人暮らしのネット環境はコレ一つにする。月額約4000円で光回線並みの速度を自宅でも外でもOK。常にWiMAXとスマホを持ち歩けばSIMカードすらいらない。最強の節約術。auスマホ、携帯の人は、「UQ Flat ツープラスauスマホ割」で最大934円割引あり。

WiMAXのキャンペーンを比較してみて下さい。時期によってキャッシュバックとかいろいろあります。管理人シム・セツヤ的に好きな順です。

  1. Broad WiMAX←WiMAX業界最安値2,726円。キャッシュバック無しの代わりに月額が安い。2年以上利用ならトータルで最安値です。

  2. 【So-net モバイル WiMAX 2+】24ヶ月割引とか27000円キャッシュバック。So-netは回線的にしっかりしていていいね。

  3. GMOとくとくBB WiMAX2+最初の2、3ヶ月だけ最安値でだんだん高くなって2年後はBroad WiMAXの方が安いですね。

  4. @niftyWImax20100円キャッシュバックあり

  5. DTI WiMAX2+27000円キャッシュバック、ここもまずまずかな。

  6. BIGLOBE WiMAX 2+26000円キャッシュバック、ここもまずまずで、申込みがちょっとめんどうそう。

  7. UQ WiMAXUQ-WiMAX本家。商品券3,000円プレゼント、回線はどこの会社でもこれと同じ、本家はキャッシュバックや特典がなくて手続き面倒で他社から申し込んだ方が安くていいと思う。

いろいろあるけど、どこでもWAINAXの回線は同じです。1番目のキャッシュバックなしの代わりに月額料金が安いのか、2番目のキャッシュバックがあってSo-netという回線安心感で比べればいいと思います。まあ、安い方がいいでしょうけど・・・

それから、WiMAXではないんですが、高速LTE回線が1日5時間限定で使い放題というnuro mobile(ニューロ モバイル)というのが出来ました。格安SIMでスマホのテザリングとか少し面倒なところもありますが案外一人暮らし用のネット回線に使えたりするかもしれません。とにかく通信料金の節約をしたい人は挑戦してみたください。

公式サイトはこちらで。→nuro mobile
詳しくはこちらの記事にまとめました。→nuro mobileほぼパケ放題一人暮らし2500円スマホ、ネット!格安SIMでネット回線いいかも
関連記事こちら→「WiMAXを比較。一人暮らしにWiMAX。どれもUQ-WiMAX結局どこがいいのか。」「UQ WiMAXまとめ
通信料金の節約には、いろいろなキャンペーン情報をうまく利用することです。

いろんなキャンペーン情報



ホーム RSS購読 サイトマップ
格安SIM講座 スマホ格安実践編 ネット回線と電話 管理人はこんな人