光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線一体化。新規も転用も安くなる。

光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線一体化。インターネット契約を比較すると新規も転用も安くなる。

光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線一体化。インターネット回線契約を比較すると新規も転用も安くなる。

光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線一体化。インターネット契約で新規も転用も安くなる。

 

光回線で高速ネットをつなげたいので、インターネットを契約する時に各社比較検討します。

 

その時、今は、光コラボレーション、略して、光コラボというのがあるの知ってました?

 

So-net光、OCN光、softbank光、ビッグローブ光、DMM光、ドコモ光とかいうやつです。

 

聞いたことあるけどなんだかよくわからないって人多いんじゃないかと。

 

インターネットを契約する先を探すときに、ちょっと前までは、NTTやauが、光回線サービスを行っていたんです。

 

しかし、なにやら「光コラボレーション」というもので、通信事業者のプロバイダーなどの光回線サービスを提供する販売事業者がめちゃくちゃ増えたんです。

 

そのからくりをここで説明しようと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

光コラボレーションとは?インターネット契約ではねらい目

 

簡単に言っちゃえば、光コラボレーションっていうのはNTTフレッツ光がインターネット回線の光ファイバー網を卸売しますよっていう制度のことです。

 

どういう理由でNTTフレッツ光もコレを始めたのかは分かりませんが、とにかくいろんな会社へ光回線を卸してそのマージンをいただくっていうビジネスを始めたんだと思ってもらえれば結構です。

 

今まではNTTフレッツ光がユーザーへ直接、光回線サービスを提供していたのが、この光コラボレーションで、NTTフレッツ光とユーザーの間に事業者が入り、その事業者はNTTフレッツ光から回線を借り受けて、ユーザーに独自の光回線サービスとして売り出すようになったわけです。

 

今までは、

 

NTTフレッツ光 →提供→→→→ ユーザー

 

な感じだったのが、

 

NTTフレッツ光 →卸売→→  事業者  →提供→→  ユーザー

 

てな感じに事業者が間に一枚噛んでいるんですね。

 

事業者はNTTフレッツ光に料金さえ支払えば、あとは自由に独自の光回線サービスとして売り出せるので、各社様々な独自の付加価値を付けて提供できるようになっています。

 

なんだか間に事業者が一枚噛んでいると言うと、ユーザーにとってはより料金が高くなって、いいことなんて何も無いように聞こえますが、

 

実はこの光コラボレーションはそういうたぐいのものではなく、NTTフレッツ光、事業者、ユーザーそれぞれにメリットのある制度になっています。

 

 

NTTにとっていいことあるの?光コラボレーションのメリットとは?

 

この制度みんなハッピーな感じになってるんですよね。

 

NTTフレッツ光側には、

 

  • 販売代理店への販売手数料を削減できる
  • 現加入者の流出を防ぐことができる
  • NTTフレッツ光は光回線のインフラ整備をするだけで、卸先が契約取りやサービスの提供、トラブル対応までやってくれるので業務が楽チンになる

 

って言う3つのメリットがあります。

 

2つ目のメリットはどういうことかというと、卸先が競争してくれる→ユーザーはその中でより良いサービスに食いつく→その繰り返しでいろんな事業者に乗り換えたりする→でも結局はNTTフレッツ光の回線を利用している

 

というからくりで、ユーザーがNTTフレッツ光のサービス内でぐるぐる回ってくれやすくなるおかげで、同業他社であるauひかりに顧客を奪われにくいんです。

 

通信事業にとって一番つらいのは顧客の流出なのでそれを防げるのは多大なるメリットがNTT側にあるようですね。
そして、ユーザーにもメリットがあります。

 

それは、

  • 光回線の速度や信頼性はそのまま(元はNTTフレッツ光だから)で、様々な事業者が競い合い独自のサービスを付帯して提供してくれることによって、価格競争やサービスの向上が見込める

からです。

 

現にNTTフレッツ光の回線を借り受けている事業者の殆どはプロバイダーで、自身のインターネット接続サービスとあわせて光回線サービスを提供しています。

 

これによって、今まで意味不明だった、光回線サービスインターネット接続サービスがサービスとして分かれていたことの矛盾点が解決されました。

 

So-net光とかexcite光とかのプロバイダーがやっている光コラボレーションと契約すれば別途プロバイダーと契約すること無く光のインターネットがはじめられます。

 

そして両者がサービスとして一本化され、それをいろんな事業者がこぞってやっていることによって競争がうまれ、最終的に今までよりサービスの料金が引き下げられました。

 

単純にインターネットを使う料金が安くなっているのだからユーザーとしては願ったり叶ったりです。

 

事業者も今まで参入できなかった光回線サービス事業に乗り出せるようになったことで事業拡大でき儲けが増えるかもしれないので、メリットはちゃんとあります。

 

唯一デメリットを被っているところといえば、今までNTTフレッツ光の契約取りを頑張ってしていた販売代理店でしょうかね。

 

光コラボレーションが始まったことによって、販売できる顧客が減るため今まで自分たちに入ってきた手数料も減ります。

 

そのため事業としては縮小せざる負えない状況でしょうね。

 

可哀想ですが、ユーザーとしてはより楽に安く契約できる方が嬉しいので仕方ないですね。

 

 

このサイトでは、通信料金節約ワザ.comということで、この光コラボレーションを行っている事業者の中で料金が安いオススメのところを紹介するとすれば、

 

NTTの光回線と光コラボレーションをやっているところです。

NTTフレッツ光とプロバイダーなどとの光コラボ商品は、プロバイダーとのセットで特典、キャッシュバックとかいろいろあります。

光回線の月額料金が多少高めでも、同系列のスマホ契約で割引あるかで契約の判断をすると通信料金の節約が出来ます。

時期によってキャンペーン内容は変わってるかもしれませんが比べて下さい。

最近はNTTフレッツを直接契約するよりもプロバイダー経由のNTTとの光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。プロバイダー独自のサービスがあったりします。回線はNTTそのものですから品質は同じです。

今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。

長くNTTを使っている人は、割引が大きくなっているので、そままの方が安い場合があります。回線料金を比較してみて下さい。

光コラボレーション一覧
  1. 【So-net 光 コラボレーション】30ヶ月割引で戸建て4400円マンション3300円。更にauスマホ携帯利用ならauセット割あり。NTTフレッツ光を利用中の人が安くなるパターン。WEB申し込み工事不要。

  2. GMOとくとくBBのドコモ光ドコモのスマホ携帯を持っている人限定。戸建て5200円マンション3800円ですが、ドコモスマホ携帯とのセット割引で安くなってます。IPv6で夜も回線速度早いです。他社はIPv4で回線満杯状態で夜の回線速度が遅いんです。ドコモの携帯スマホを持っている人は絶対これがいいでしょう。

  3. SoftBank光キャンペーン戸建て5200円マンション4000円でここからソフトバンクのスマホ持っている人は割引あり。キャッシュバックあり。

  4. 今なら工事費用が無料!DMM光戸建て4820円マンション3780円からDMMモバイルやDMMコンテンツ、電子書籍との同時契約だと安くなる。

  5. 【OCN光】最初の1年間だけ戸建て3650円マンション2800円その後は5100円と3600円。無線ルータプレゼント、5000円キャッシュバック。OCNの格安SIMとの組み合わせでスマホが安くなる。

  6. ビッグローブ光なら【ビッグローブ光.net】3年縛りで戸建て4980円マンション3980円、2年縛りで戸建て5180円マンション4080円。事務手数料、工事費かかるね。でもキャッシュバックあり。
私の光ファイバー体験談はこちら→「我が家のネット回線と電話回線+格安SIMスマホで5人家族月1万円で維持

光コラボレーションについて詳しくはこちらで解説→「光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線サービスが一体に

 

プロバイダー込みの料金で戸建てなら5000円くらいで、マンションならもっと安くなります。

 

光回線始めるなら絶対に光コラボレーションでやるほうがお得ですね。

 

今までNTTフレッツを直接NTTと契約していた人も、「転用」といってWEB上で手続きするだけで乗り換えが出来ます。

 

上記のどこかの光コラボのサイトで手続きするだです。

 

インターネット契約先を探す時の、ご参考までにどうぞ。

 

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ






スポンサーリンク
   


 
Yahoo!ブックマークに登録する このエントリーをはてなブックマークに追加 livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する




ホーム RSS購読 サイトマップ
格安SIM講座 スマホ格安実践編 ネット回線と電話 管理人はこんな人