「arrows M02」カメラ以外最高の出来なSIMフリースマホがとにかくすごい!

「arrows M02」カメラ以外最高の出来なSIMフリースマホがとにかくすごい!

SIMフリースマホも戦国時代に差し掛かってきましたね。

 

どうも通信料金節約ワザ.com管理人の「シム・セツヤ」です。

 

SIMフリースマホも今や、1万円台のやっっすいものから8万円オーバーな高級機までよりどりみどりです。

 

これまでは、キャリアのほうが選べる機種が多かったのに、今ではSIMフリースマホの方が機種が多くなりました。

 

そんな中、日本の富士通がすんごい機種を発売しました。

 

それが「arrows M02」です。

 

2015年10月に発売した機種ですが、遅ればせながら通信料金節約ワザ.comでも紹介します。なぜこんないいスマホを何ヶ月も気に留めなかったのか不思議だ… とまあそんなことは置いといて、

 

見た目はこんな感じです↓
arrows M02

 

けっこうふつーな見た目してます。

 

でもその何の変哲もない標準的な外見の内に秘められた機能の数々がスゴイんです!

 

では「arrows M02」の特徴からスペックから何から何まで見ていきましょう。

 

So-netコミュファ光

 

arrows M02の特徴、良いところ

 

「arrows M02」はお値段は29,800円とSIMフリースマホにしては安い方の準ミドルクラスなものとなっています。

 

がしかし、その値段の割に使える機能が目白押しなのです。

 

「arrows M02」の特徴一覧

  • この価格帯にしては珍しい有機EL採用の鮮やかなディスプレイ
  • FeliCaを搭載し「おサイフケータイ」に対応
  • 2,330mAhの大き目のバッテリーとヒューマンセントリックエンジンによる独自省電力技術で最大3日間の電池持ちを実現
  • 防水、防塵仕様になっており、SIMフリースマホにしては超珍しい
  • 自分のフリック入力のクセを学習してくれて、入力しやすくなる機能を搭載
  • 「SUPER ATOK ULTIAS」搭載で漢字変換が優秀で、誤字入力も上手く訂正してくれる

 

今挙げた特徴はほぼすべて他のSIMフリースマホにはない「arrows M02」独自のとてもユーザー思いの便利な機能ばかりです。

 

まず有機ELなんてこの価格帯のスマホにはまずありえないです。なぜかというとそれは簡単で、有機ELはコストがかかるんです。液晶よりも高いので、普通のSIMフリースマホは有機ELディスプレイは採用しません。

 

有機ELは液晶よりも発色が鮮やかであると一般的に言われています。液晶と比べると明るさが足りないという欠点がありますが、「arrows M02」ではバックライトを搭載し、明るさも調整できるようになっているので、直射日光の当たる場所でもスマホ画面がきちんと見えて操作できるようになっています。

 

2点目はFeliCaを搭載していることで「おサイフケータイ」に対応しているところです。SIMフリースマホっておサイフケータイがないものがほとんどなので、キャリアから抜け出せない人も多くいるみたいなんですよね。

 

「arrows M02」は現在、モバイルSuica、モバイルWAON、楽天Edy、QUICPay モバイル、ローソンモバイルPonta、mobile members、東京ドーム TDモバイル2に対応していて、今後も更に対応できるサービスを増やしていくみたいです。

 

「おサイフケータイ」SIMフリースマホの第一人者として期待大です。

 

3点目は独自の省電力技術が搭載されているところです。富士通の長年の経験が活かされた技術で、バッテリー容量も相まって、なかなかの電池持ちを発揮します。ミドルクラスのスマホはハイエンド機に比べてバッテリー持ちが短くなりがちなので、この仕様は嬉しいですね。

 

4点目は防水・防塵機能があることですね。これも例によって、他のSIMフリースマホにはない珍しいものです。キャリアのスマホなら防水・防塵機能のあるスマホはけっこう見かけますが、ハイエンド機なので当然といえば当然な気がするんですよね。

 

でもこの「arrows M02」に限っては値段も安いですし、別に高級な機種ではないのにこういう仕様になっているのは富士通やりますね〜といったところでしょうか。ユーザーとしては非常にありがたいです。このお値段で防水機能のついたスマホが手に入るのは時代も変わったな〜と思わせてくれるってもんですね。

 

最後に文字入力に関してもすごいです。スマホを使う上で欠かせない行為の一つである文字入力を「arrows M02」はサポートしてくれます。

 

フリック入力が主要なスマホの入力手段となっていると思いますが、それの個人個人のクセを覚えて調整してくれて、なんと誤入力を減らしてくれるんですって。こりゃーいいっすね。検索やLINEのチャットもスームズですな。

 

また、スマホ用の文字入力ソフトとして有名な「ATOK」の上位版である「SUPER ATOK ULTIAS」が最初から搭載されていて、文脈を考慮して漢字変換を状況に合わせて適切なものを選んでくれます。完璧とはいいませんが、ふつーの入力アプリを使うより断然使いやすいでしょう。

 

「arrows M02」はこのように普通のスマホの機能もありつつ、その上で今上げたような便利でユーザー向けの機能もたくさん搭載してくれています。

 

私は今現在Zenfone 5を使っていますが、もし壊れたり使えなくなったりしたら、おそらく「arrows M02」を購入するでしょうね。

 

「arrows M02」はどこで手に入れられるんだい?

 

「arrows M02」はいろんな格安SIM事業者(MVNO)で取り扱われています。以下にその一覧をリストにしておきましょう。

 

その機種の優秀さから一番多くのMVNOに取り扱われているSIMフリースマホです。日本製というのもあって品質の安心感もありますね。

 

おすすめはDMM mobileと楽天モバイルです。「arrows M02」以外にもたくさんの機種を取り扱っていますし、なにより月額料金がお得です。

 

楽天モバイルは楽天スーパーポイントもたまり、楽天での買い物をする人にとっては嬉しいサービスになっています。またゴールドカラーは楽天モバイル限定なので、このカラー目当てなら楽天モバイル一択ですね。

 

arrows M02ゴールドは楽天モバイル限定カラー

 

ピンクカラーはmineo限定みたいです。

 

arrows M02ピンクはmineo限定カラー

 

本体自体を購入したい人はAmazonや新古品や中古品を扱っているスマホショップをチェックしてみるといいでしょう。

 

Amazonの「arrows M02」はコチラ↓

 

FARM06006 [arrows M02 黒]

 

スマホショップは「イオシス」というお店が通信料金節約ワザ.comイチ押しです。

 

おすすめの理由は新古品、中古品にかかわらず保証が付いているところです。初期不良への対応もしっかりしてくれます。以前私もここでパソコンやスマホ(Nexus 5)を購入したことがあります。自身を持ってオススメできます。

 

富士通(FUJITSU) ARROWS M02 【White】

 

カラー:ホワイト

 

 

FUJITSU ARROWS M02 【White】

 

付属品:箱/電池パック/卓上ホルダ/USBケーブル/USB充電アダプタ/マニュアル

 

 

富士通(FUJITSU) ARROWS M02 【Black】

 

カラー:ブラック

 

 

FUJITSU ARROWS M02 【Black】

 

付属品:箱/電池パック/卓上ホルダ/USBケーブル/USB充電アダプタ/マニュアル

 

「arrows M02」のスペック

 

外形寸法(H×W×D)

 

約141mm×68.9mm×8.9mm

 

質量

 

約149g

 

連続通話時間

 

VoLTE 約700分
3G 約630分

 

連続待受時間

 

LTE 約540時間
3G 約670時間

 

バッテリー充電時間

 

約140分

 

バッテリー容量

 

2330mAh

 

ディスプレイ

 

約5.0インチHD有機EL(720×1280)

 

OS

 

Android? 5.1

 

カメラ

 

アウト(背面) 約810万画素 CMOS
イン(前面) 約240万画素 CMOS

 

CPU

 

MSM8916 1.2GHz Quad Core

 

メモリ

 

内蔵 ROM:16GB/RAM:2GB
外部 microSD/microSDHC

 

通信

 

LTE 2.1GHz、1.7GHz、900MHz、800MHz
3G 2.1GHz、900MHz、800MHz
GSM 1.9GHz、1.8GHz、900MHz、850MHz

 

SIMサイズ

 

nanoSIM

 

Wi-Fi

 

IEEE802.11b/g/n

 

テザリング

 

対応しています

 

その他

 

GPS/NFC/FeliCa/Bluetooth 4.1

 

「arrows m02」購入者の感想

 

良い意見

 

  • デザインは可もなく不可もなく標準的
  • 文字変換はATOKの恩恵もあってか、わりと賢いのではないでしょうか
  • おさいふケータイが使える事を第一に考え、simフリーで探してこの端末を選びました
  • ブルーライトカットモードが目に優しいですね、疲れにくいです
  • バッテリーは人にもよりますが、私は2日持ちました
  • 実際使ってみてまず感じたことは、バッテリーの持ちが非常に良いことでした
  • レスポンスはヌルサクでストレス無し
  • 初のSIMフリー機ですが、カメラ以外は満足
  • 有機ELだけど明るさの調整ができるから直射日光でも大丈夫です
  • あまり凝ったアプリを使わず、電話やメール等の連絡手段と、おサイフケータイや防水機能が必要だと感じる人向けの端末だと思います
  • Super ATOK ULTIASいいですね
  • 画面タッチでスリープモードを解除できるのが便利
  • メニューが素のAndroidより使いやすい
  • ドコモとauどちらの回線も使えるところが良いところですね
  • コスパ重視なら最適なスマホ
  • 3万円台前半(税込)でありながら、堅牢設計とお財布ケータイを搭載するがポイント
  • MHXRくらいなら遊べるので、軽い3Dくらいならこなせるでしょう
  • バッテリーはガッツリ使っても1日はまず持ってくれます
  • 国産という安心感がある

 

悪い意見

 

  • カメラは標準的かな、iPhone5sに比べたらちょっと粗い
  • iPhoneに比べると有機EL特有の色のこさに違和感を感じるけど慣れます(けど好き嫌いが分かれるかも)
  • 本体は意外と厚くてデザイン性は他のスマホに劣ります
  • 2Dゲームは大丈夫ですが、3Dゲームは発熱とカクつきでしんどそう

 

「【arrows M02】カメラ以外最高の出来なSIMフリースマホがとにかくすごい!」のまとめ

 

有機EL、防水・防塵、おサイフケータイなど他のSIMフリースマホにはないものが搭載されているとてもお得なスマホなのは間違いないです。

 

こういった機能に魅力を感じる人にはぜひオススメのスマホです。

 

デザインがちょっと標準的すぎるのが好みを分けそうですが、むしろ飾らない感じが良いのかもしれません。

 

もともとは4万円前後する「arrows M02」でしたが、MVNOでスマホセット購入すると3万円ほどの値段で買えるので、格安SIM運用を考えているなら、セットで契約するのが一番安く手に入れる方法です。今一度取り扱いMVNOをリストにしておきます。どこが自分に一番合っているか比べてみてください。

 

 

スマホやパソコンの中古ショップ「イオシス」で安く売っている可能性もあるのでチェックしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事




こちらの記事もどうぞ