電力自由化の素朴な疑問・個人は何をすればいい?

電力自由化の素朴な疑問・個人は何をすればいい?

電力自由化の素朴な疑問・個人は何をすればいい?

 

 

電力が自由化になって、「自分で選んだ事業者から電気を買えるようになる」スゴイ時代になりました。

 

中部地区在住のスマ子は「中部電力」さんだけしかお世話になれませんでしたが、何十社という中からこれからは選べる、そして今までよりも電気代が安くなりそうです。

 

今まではどうやって電気代を節約するかは、「コンセントをまめに抜く」とか「エアコンの風向きに注意する」とかやってきましたが、今度の節約方法はもっと根本からのもの

 

電気代が安くなるってことなので、嬉しい! そこで今までの電気料金より10%安くなるところに変更しようかと考えているのですが、電線を新たに引いてもらう必要があるのかな?

 

って不安になってきました。

 

でもまだ近所では工事はじまっていないみたいだし、もしかしたら電線そのままかも?

 

お恥ずかしい話ですが、こんなことも分からない私です。

 

電気代が安い事業者に変えたとしたら、停電とかしやすい?

 

もしかして、その事業者が潰れたら、電気こなくなちゃうの?といざ新しい電気会社に変えたとして、そんな不安がよぎります。

 

こんな疑問、誰も持っていないかなぁ?こういうことって聞きにくいし・・・

 

そこでこっそり調べてみました。恥ずかしいですが。

 

  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速450Mbps無線ルーター
  • ウイルスソフト付
  • 別途プロバイダーも必要なし
  • 全部コミコミで月々4,743円
もっと快適なインターネット環境はNURO光

 

 

電力自由化はいつから、どんなふうに始まるの?

 

実際自分の家庭に直に関係することなのに、あまりに知らなさすぎたのでまずはここからです。

 

電力自由化は、いつ始まるか?

2016年(平成28年)4月から(一般家庭の場合・会社はもっと前から始まっています)

電力自由化ってどういう意味?

「電力小売の完全自由化」のことで、家庭で利用する電気の購入先を、個人が自由に選択できるようになる。

いつから申し込める?

2016年1月から申し込み可能(現在2016年3月上旬、もっと前から申し込みできたんだ〜)

いつまでに申し込みしなければならない?

期限はない。いつ申し込んでもよい。

電線を新たに引く必要は?

ない。送電網は今までと同じ地域の電力会社のものをそのまま利用するので、新たに電線を引く必要はない。

停電することは?

ない。送電網は今までと同じ地域の電力会社のものをそのまま利用するので、停電の心配はない。送電が不安定になることもない。

新たな事業者が倒産したら電気が来なくなる?

そんなことはない。送電網は今までと同じなので電気が途切れたり使えなくなることはない。

 

電力を新しい事業者から買うことになっても、電線を引かなくていい、停電することもない、倒産してもずっと電気を使い続けることができる!

 

ということがわかり、ほっとしました。

 

 

事業者を変えても今まで通り使えるので、安心していいみたいですよ。

 

ならば、電気代が安くなる方がいいに決まってますよね。

 

電力自由化でメリットは電気代安くなるだけ?

 

上でみたように電気は同じものを今まで通り使えるのですから、個人が電気の購入先を選べるようになれば、当然電気代が安くなるのが一番のメリットですよね。

 

ちょっと調べてみると、今までの電気代の10%ほど安くなるプランはいくつも見つかりました。

 

すでに中部地区だけで18社も新規参入の会社があって、それぞれが独自の料金体系(プラン)を持っています。

 

これだけの会社、それぞれの特徴があって、電気代だけの話では済まないのですよね。

 

例えば、「ガス代とセットで安くしますよ」とか「原発ゼロのエネルギーが買えます」とか「地域で作った電力を売ります」とか「スマホ代とセットで安くします」とか。

 

そんな独自の特徴をもっているんです。

 

料金がほとんど同じなら、こうした事業者独自のメリットを比較検討しますよね。

 

それにしても、電気料金以外のメリットがあるというのは、新規参入事業者がガス会社だったり、ガソリンを販売している事業者だったり、携帯電話キャリアの有名な会社だったりするからなんです。

 

電力自由化で個人では何をすればいい?

 

では、私達個人は何をすれば、自分にメリットの大きい事業者から電気を買えるのでしょう?

 

という疑問、難しく考えなくてもよかったですよ。

 

新しく契約する電力会社へ申し込みをするだけ(現在の電力会社の電気ご使用量のお知らせ(検針票)を用意しておく)。

 

今の電力会社への連絡はいりません。新しい電力会社へWeb申し込みもできます。

切り替えに必要なものは何?

新しいメーター(スマートーメーター)の取り付けが必要になるので、取り付け工事の際一定時間停電することがある。(5分ほどらしいですが、個別に確認してください)

 

スマートーターの設置費用は無料。

マンション・アパート住まいの場合も同じでいい?

マンションやアパートに住んでいる方も同じように個別に申し込みできます。

 

ただし管理組合が一括して契約している場合は対応が違うので、事前に管理組合と話をしてください。

 

電力自由化の素朴な疑問・個人は何をすればいい?まとめ

 

電力自由化で2016年(平成28)4月から、自分で選んだ事業者から電気を買えるようになる。

 

新たな電気事業者に変更しても、送電網は同じなので電線を新たに引くことはない。

 

停電や、電気の送電が不安定になることはない。

 

事業者が倒産しても、安定して供給されるような仕組みになっている。

 

電力自由化は、メリットのある事業者を選ぶことで、電気代を安くする以外のメリットもある。

 

個人がすることは、新規参入事業者に連絡をして申し込みするだけ。

 

メーターを設置する場合でも取り付け工事費用は無料。

 

マンション・アパートの人は一括契約でなければ個別に選んで申し込みできる。

 

 

電気代節約は嬉しいですが、もっと大きく節約できる方法といえば「コレ」→スマホの通信費!!

 

その辺の方法は、こちらに詳しくまとめてあります。

 

メリットの多い電力自由化、さあいったいどこの会社にしようかな?

 

電気代が安くなって、ガス代も安くなって、そして環境に配慮したエネルギーにしたいし。

 

と欲張りなメリットを探してみよう。「これは!」っていうのが見つかったらまた話しますね。

 

 

通信料金節約ワザ.com管理人の妻シム・スマ子


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事




こちらの記事もどうぞ