古着が一袋500円になる環境に優しい節約術・H&Mに持っていくだけ

古着が一袋500円になる環境に優しい節約術・H&Mに持っていくだけ

古着が一袋500円になる環境に優しい節約術・H&Mに持っていくだけ

袋に入れて古着を持っていくだけで、500円分のクーポンがもらえるH&Mの古着回収サービス!

 

とーっても便利だし嬉しいサービスですね。

 

H&Mさんの店舗が近くになかったので、うわさだけ聞いていたのですが、よくよく知ると店舗が遠くても「古着を持って行こう!」という気にさせられてしまいます

 

というのもH&Mさんの場合は、汚れがあったりボタンがとれていて、使用できないようなものも引き取ってくれるんです。

 

それに何着という決まりがないので、それこそ一枚だっていい?らしい、袋に入れてあればいいんです。

 

ユニクロが以前から古着の回収をしているのは知っていましたが、ユニクロとGUで購入したもの限定ですし、無料回収というだけ。

 

でもH&MさんはどこのブランドのものでもOK、そして次回割引ありです。

 

今のところ日本一お得感のある古着回収サービスなんじゃないかな?

 


 

H&Mに古着を持って行きたくなる理由

 

古着の回収をしてくれるところは増えたことは増えました。

 

古着を買い取ってくれるお店を知っていますが、そこは有名ブランド品はそれなりに何百円という買取価格をつけますが、それ以外は5円とか10円です(汚れがあれば回収不可)。

 

随分前から町内でも月に一回の回収日があり、大きな袋に詰め込めるだけ詰め込んでだしています。

 

無人回収ボックスなるものもできていますから、24時間いつでも放り込んでOKという回収システムもあります。

 

無料回収された古着がその後どうなるかというと、洋服として再利用されることはなくて、ウエス(機械類のよごれをふき取るためのぼろ布)になったり、クッションの詰め物になったり姿を変えていきます。

 

ゴミとして燃やされるだけではないので、リサイクルの意味がありますが、H&Mの場合は、着られるものとそうでないものに選別して、必要とされる国や人に売られていきます。

 

そして着られそうもないものだけが、ウエスなどに変わって再利用されます。

 

手作業での選別は手間もかかるかと思いますが、洋服のまま利用されるというのはいいことですね

 

だって着古したといってもまだ十分着られるものがほとんどですから。

 

「ゴミにならず誰かの役にたつ」って考えると、なんだかいいことしている気になります。

 

それが他の古着の回収先と違うところで、H&Mさんに持って行きたくなる理由の一つです。

 

 

他にもあるH&Mに古着を持って行きたくなる理由

 

他にも理由があります。

 

  • どんな袋に入れてもOK、一袋に何着入っていてもOK、一袋単位で500円分のクーポン券と交換
  • ほつれ、汚れ、ボタンが取れている状態でもOK
  • どこのブランドものでもOK
  • タオル・シーツもOK
  • 全国のH&Mどこでも回収OK

 

 

H&Mの古着回収の約束事・制限

 

こんなに便利でお得な、そして環境に配慮されているH&Mの古着回収ですが、すこしばかり約束事があります。

 

まあ当然といえば当然です。それは・・・

 

  • 一日につきクーポンは2枚まで。(キャンペーン中は最大4枚までクーポンがもらえる)
  • 次回買い物で、3000円以上の買い物で一つの商品から500円の割引。
  • アクセサリー類(ピアス、ネックレス、 靴、鞄、帽子、ベルトなど)や玩具類等は回収の対象外。
  • クーポン券を利用してH&Mのギフトカードやデザイナーコラボレーションのアイテムは購入できない(セール品は割引対象になる)

 

という約束事です。でもセール品が割引対象になるっていいですよね。

 

 

古着が一袋500円になる環境に優しい節約術・H&Mに持っていくだけのまとめ

 

古着の回収といえば無料なのは当たり前ですが、「きれいにクリーニング済みのものだけ」とか「自社ブランド品のみ」といった制約があるのが一般的でした。

 

ところがどこの衣料品でもOKで汚れなどあってもOKという、そして次回お買い物で500円割引になるというお得な点が、H&Mのすごいところ。

 

季節の変わり目に衣類の整理をするときに、着なくなった洋服の処分にうってつけです。

 

こうした不要なものからお得な買い物ができるっていうのは女性にとっては嬉しいサービスですね。

 

こうした積み重ねが家計費の節約に貢献しているんです、が、

 

実はもっと大きく節約できる方法といえば「コレ」→スマホの通信費!!

 

その辺の方法は、こちらに詳しくまとめてあります。

 

通信料金節約ワザ.com管理人の妻シム・スマ子


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事




こちらの記事もどうぞ