光ファイバー回線通信とADSL

光ファイバー回線通信とADSL

旧ひかりone、現在の「auひかり」はKDDIが提供しています。

 

そしてNTTが提供している光回線は、「フレッツ光」です。

 

これはどちらも光ファイバー回線を使って利用が出来るインターネットサービスの事を指しています。

 

インターネット回線というと、NTT回線、ISDS、ADSLと今までありましたが、これらよりも早くて、提供している基地局の影響を受けない様な安定して高速な通信が出来るという事が特徴として挙げられています。
いくら影響を受けないとは言ってもマンションタイプと言われるものは、加入をしてから、周囲で使っている人たちの影響を受けてしまう事になります。

 

マンションなどで1本の回線を大勢で分け合って使うため、高速通信が必ずしも保証されないということなんです。

 


 

最初は、少ない人数でも、入居者が入れ替わったして、利用する人が増えると、みんながネットにつなげる時間帯によっては、通信速度が遅くなります。

 

とは言っても速さ、安定感に関してはADSLと比べると優れているので光ファイバー回線を使った通信回線は今や主流となっているのです。

 

「auひかり」に対しても「フレッツ光」に対しても同じ事が言えますが、料金は定額制でいくらデータ量をつかっても同一料金です。

 

定額の基本料金にプラスして、インターネットを使う為のプロバイダー料金が別に必要です。

 

トータル的に見てみるとADSLと光については光の方が料金的にみて高くなってしまうのですが、サービス内容が段違いに違います。

 

自分が使いたいサービスだけを入れる事が出来ますし、細かいサービス内容が違ってきます。

 

使いたいだけにすると結構費用的にも安く抑える事が出来ます。

 

こうしたサービス内容をよく把握して、契約時には内容を比較していくと良いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事




こちらの記事もどうぞ