ServersMan SIM LTE

ServersMan SIM LTE

スポンサーリンク


とにかく安くDTI ServersMan SIM LTE月467円格安SIM

とにかく安くServersMan SIM LTE月467円

ServersMan SIMは、以前はDTIの商品でしたが、2015年8月にトーンモバイルに移管しました。格安SIMのサービスとしては縮小傾向のような感じになってますね。

 

とにかく安く格安SIMを手に入れるという意味では、低速回線ならいいのですが、他社でも高速回線付きで500円くらいでサービスが出てきたので、ServersManのSIMカードをあまりおすすめする気にならなくなりました。

 

そのかわり、もともとのDTIが充実したサービスを 別に展開しています。こちらにまとめてあります。

 

DTI SIM LTE1G600円から。5G10Gは安い格安SIM

 

 

このページは、過去の記事ですが、一応そのままにしておきます。ご参考までに・・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

低速回線だけで使い放題という特徴のあるところです。速度的に許容範囲の人とそうでない人があるでしょう。

 

高速オプションの組み合わせを上手に活用すれば無駄のない通信料金で過ごすことができそうです。

 

高速通信の切り替えアプリなどを柔軟に活用する手間を惜しまない人には、最低料金でのスマホ生活ができそうです。

 

高速通信のついた月1GB600円から各コースを設けた新しい「DTI SIM」ができました。新しいDTI SIMについてはこちらのページでまとめました。→「DTI SIM LTE1G600円から。5G10Gは安い。

 

こちらは、ServersMan SIMについてです。

 

サービス名

ServersMan SIM LTE

月額基本料金467円
通信速度250Kbpsで使い放題
高速通信オプション100MB250円、500MB1250円、1GB2500円でチャージできる。半年間有効。専用アプリでクレジット決済で可能。
音声電話IP電話のServersMan 050で050番の電話番号で音声電話機能あり。月額300円。アプリ同士通話無料。固定電話へ通話は8.4円/3分。携帯へ通話16.8円/1分。
SMSオプション143円/月。SMS通信料は国内へ送信3.15円/1通、海外へ送信50円/1通、受信は無料。携帯音声通信網を使ったショートメッセージSMSに対応しているのでリアルタイムのSMSメールの受信に対応できます。

 

基本料金467円で250Kbpsのデータ通信速度ならパケ放題です。SMSのショートメールメッセージ機能もオプションで143円です。

 

電話は音声通話ができるIP電話アプリが、ServersMan SIM LTE専用で準備されています。「ServersMan 050」で月額300円のオプション料金がかかります。

 

基本のデータ速度の250Kbpsでは、音声通話時に電波状況によっては、雑音が入ったり通話が途切れたりすることもあります。そんなときは、必要な時だけ高速通信のチャージを行えば音声通話が途切れずに使うことが出来ます。

 

通信の高速化と低速化の切り替えも専用のアプリで自動的に行うよう設定が可能で、料金を気にしていちいち設定をいじる必要がないよう工夫されています。

 

  • 基本料金467円、250Kbps、パケ放題
  • SMSのショートメールメッセージ機能もオプションで143円
  • IP電話アプリのオプション「ServersMan 050」月額300円

基本料金+SMS+ServersMan 050=合計910円

 

安心材料としてSMS機能をつけることをススメしますけど

 

SMSオプションはなんのためにつけるかというと、本来のショートメールメッセージを使うということ以外にアンテナピクト問題、セルスタンバイ問題で電池がすぐになくなってしまうトラブルを回避する為に必要です。

 

スマートフォンの機種によっては、アンテナピクト問題、セルスタンバイ問題で電池消耗が激しくなることがあります。

 

アンテナピクト問題、セルスタンバイ問題というのは、音声通話網を使わないデータ通信専用のSIMカードの場合に起こるトラブルです。

 

簡単に言うと、携帯電話としての機能のあるスマホが、音声通話網を常に探している状態が続き、電池を消耗してしまうトラブルです。

 

格安SIMカードの場合、ほとんどはデータ通信専用ですが、ショートメッセージを送るSMSは、音声通話網を使いますので、このオプションがあるとスマホが、音声通話網を認識して、アンテナピクト問題、セルスタンバイ問題を回避出来ます。

 

この、アンテナピクト問題、セルスタンバイ問題は、トラブルを起こすスマホ機種と起こさない機種とあります。どのスマホがそうなのかは、使ってみないと分りません。

 

格安SIMでSIMフリーのスマホを使う場合、スマホだけを買い換える場面が出てきますので、安心材料としてSMS機能をつけることをおすすめします。

 

ショートメールも使えるようになりますので、あればそれなりに便利です。

 

通信費は出来るだけ安くしたい場合

 

基本料金とSMSとIP電話で910円では、1000円近いので、本当の最低料金になりません。

 

1000円出すのであれば、他のMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMカードで高速通信オプションが、1GBくらい付いているものもあります。

 

とにかく安くスマホを運用したいと言うことでServersMan SIM LTEを検討する場合には、やはり出来るだけ基本料金のみに近づけた運用を模索したいところです。

 

基本料金とSMSオプションだけの運用

 

多少の手間は惜しまないので、とにかく安くしたいと言う場合は、基本料金の467円とSMSオプションの143円のみにして、月額610円での運用にして、IP電話は月額基本料金のかからないフュージョン・コミュニケーションズ株式会社の「IP-Phone SMART」を選択するという方法もあります。

 

基本料金のみの運用

 

さらに、SMSオプションも、手持ちのスマホが、アンテナピクト問題、セルスタンバイ問題を起こさない機種であると分かっている場合は、必要ないので、これも無しにします。タブレットなどで通話機能のないものは問題ありません。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの経験では、SIMカードを抜いて自宅のWi-Fi環境のみで使用してみて、なんの問題もなくIP電話から、LINEから、ネット、メールを使って電源の減り具合を見た場合に、特に変化がない場合には、SMS機能のないSIMカードでもいいような気がします。あくまでも経験的に気がするだけですので保証はできませんが・・・・。

 

ServersMan SIMの場合は、SMS機能無しで使ってみて、問題があるようなら、あとからSMS機能付きのSIMカードへ変更することもできます。他社であればSIMカードの変更は2100円かかるところが、ServersMan SIMの場合は、SIMカードの変更の500円の手数料で可能です。

 

 

基本料金のみの場合に音声通話はどうするか

 

ServersMan SIMには、月額300円のIP電話アプリのオプション「ServersMan 050」が準備されていますが、これを無しにして、基本料金無料で通話した時だけ料金が発生する他社のIP電話にすると月額料金を節約できます。

 

フュージョン・コミュニケーションズ株式会社の「IP-Phone SMART」は、月額基本料金無料で050番のIP電話の電話番号を取得できます。

 

その代わり通話料金が、固定電話にかけるときに30秒8.4円になります。DTIの「ServersMan 050」の場合は、3分8.4円ですから固定電話によく電話する人は、こちらが安く付きます。

 

電話は、ほとんどかけないで、受信専用にあればいいという場合は、フュージョン・コミュニケーションズ株式会社の「IP-Phone SMART」がいいでしょう。

 

  • 基本料金467円、250Kbps、パケ放題
  • SMSのショートメールメッセージ機能もオプションもなし
  • IP電話は基本料金無料のものを使う

基本料金だけの月額467円でスマホ運用

 

ServersMan SIM LTE月467円の250Kbpsの低速で何ができるか

 

基本料金のみの467円のみでの運用の場合、通信速度は250Kbpsという低速回線を使うことになります。このデータ通信速度でいったい何がどの程度できるかが、心配なところです。

 

メールは、auやドコモ、ソフトバンクなどのキャリアメールがありませんので、Gmailなどを利用することになります。スマホ用のアプリもありますのでGmailはスマホでのメール運用におススメです。

 

この場合は、大きな画像や音声などが添付されている場合は、ダウンロードに時間がかかります。文字のみのメールの場合は、普通に使うことができます。

 

ネット閲覧も文字中心のサイトやブログなら普通に表示ができますが、画像の多いようなサイト、ブログは多少表示に時間がかかります。遅くてイライラしてくるサイトも多いかと思います。

 

LINEの場合は、チャットやスタンプなどは普通にやり取りが可能ですが、音声通話は、通信環境や場所によっては、雑音がはいったり、音声が途切れたりします。

 

IP電話にしても似たような状況です。

 

YouTubeなどの動画は、音声と画像が遅延したり、カクカクした動きでおススメできません。

 

データ通信を使う部分に関しては、メールとネット、音声通話の受け専用といった用途にはまずますといたところです。

 

普段は自宅や会社、学校などのWi-Fi環境にいて、通期途上などちょっとした時間だけスマホが使えればいいというような人で、なるべくスマホを安く運用したいのでデータ通信が遅いのは許すと言いきれる方には格安SIMです。

 

 

高速通信を使いたいときだけ利用するというオプションもあり

 

気になるのが、やはり音声通話での通信の品質と音声通話が途切れることです。携帯電話としての機能で、通話が途切れてしまうのは致命的です。

 

そこで、音声通話のアプリを使うときだけ、高速通信のLTEを使うということも可能です。

 

DTI ServersMan SIMには、高速通信の出来るオプションがあります。

 

100MB250円、500MB1250円、1GB2500円でチャージできるオプションサービスです。

 

LTE高速データ通信容量追加オプション

  • 100MB250円
  • 500MB1250円
  • 1GB2500円

 

「ServersMan SIM LTE用速度制御アプリ」を使えば、あらかじめ登録しておいたアプリが起動すると自動的に高速回線に切り替えて、チャージしておいた料金分だけ高速通信が利用できます。

 

通常は、250Kbpsの低速回線でメールやネットを使い、音声通話などデータ量の多い時だけ高速回線を使うといった節約型の運用ができます。

 

高速オプション料金がかかりますが、無駄のない使い方が可能で、基本の月額料金は低くすることができます。

 

使いもしない高速パケット代金に何千円も払い続けるキャリアの料金体系とは一味違うスマホ運用が可能です。

 

ServersMan SIM LTE用速度制御アプリ

 

それでも、高速通信のオプションにこれだけの料金を出すのであれば、1GBの高速通信が毎月付いているDMMやNifMo(ニフモ)を選択する方が現実的にとにかく安くスマホを持ちたいという要望に応えているかと思います。

 

詳しくはこちらをどうぞ↓↓↓

 

 

 

「とにかく安くServersMan SIM LTE月467円」まとめ

 

現在のところ業界最安値での格安SIMカードを発行しているMVNO(仮想移動体通信事業者)は、ServersMan SIMです。

 

しかし、高速回線のデータ容量が入っていないので、業界最安値とはいえません。

 

それでも、467円での低速回線といっても250Kbpsあります。一昔まえのネット環境で電話回線でのISDNなどより早いくらいです。

 

これで使い放題のパケ放題ですから、考え方によってはスッキリしていいかもしれません。多少遅くてもつながればいいという方やタブレットの2台目に必要でお金をかけたくないといった場合など用途はありそうです。

 

大手携帯電話会社キャリアのスマホ通信料金が5000円から10000円ほどかかる時代にワンコインでスマホが運用できます。

 

とにかく安く、安ければ多少の遅さは構わないという方には、ServersMan SIMが一応ありますと言った感じです。

 

執筆:通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ


関連ページ

LINEモバイルSNS放題Music放題・500円で子供にスマホを持たせる方法
Y!mobile(ワイモバイル)ってどうよ?ほんとに安いか?通信品質は?格安SIMとの違いは?
nuro mobileほぼパケ放題一人暮らし2500円スマホ、ネット!格安SIMでネット回線いいかも
DMM mobile・SIM480円格安SIM業界最安値に挑戦してるけど
楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる+電話かけ放題したい人も
DTI SIM LTE1G600円から。ネット放題、電話放題もあり。Pokemon GOの通信費も。
OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録・音声通話SIM半額とか無料通話とか
BB.exciteモバイルLTE格安SIM
NifMo(ニフモ)・音声通話付SIMとスマホ端末セットはキャリアからMNP機種変向き?
NifMo(ニフモ)1.1GB月640円業界最安値に挑戦してるけど
BIGLOBE LTE・3G 音声通話格安SIM
イオンスマホは電話や店頭で細かいサポートも受けられる唯一の格安スマホ・格安SIMです
TONE mobile容量無制限で初心者向け格安スマホ格安SIM
「mineo」au端末でも格安SIMしたいならこれがベストMVNOですな
U-mobileでLTE使い放題2480円、U-mobile SUPER10分以内300回まで無料通話
iiJmio・mio高速モバイル/D・格安SIM音声通話付SIMみおふぉん
1日360MB・So-net LTE 高性能スマホセット4980格安SIM
So-net モバイル LTE スマホセット2480格安SIM★販売終了しました。
日本通信・b-mobile X SIM・スマホ電話SIM フリーData格安SIM
格安SIM・b-mobile SIM 高速定額・日本通信が高速通信使い放題開始!
格安SIMぷららモバイルLTEのデータ通信使い放題定額はどうか
スポンサーリンク
   

 
Yahoo!ブックマークに登録する このエントリーをはてなブックマークに追加 livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する




通信料金節約ワザ.COM管理人シム・セツヤ的にこれでヨシの節約パターンまとめ

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  • 第1戦略★まず高性能のSIMフリースマホを安く手に入れる
  • 第2戦略★次に自宅でスマホ、パソコンをつなげる環境を作る。光回線快適ネット
  • 第3戦略★そして、外でのスマホの通信費を安くする
  • 第4戦略★WiMAXでどこでもネットの通信費節約(独り暮らし向き)
通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的最強パターンです。

こんな感じで家の固定電話、スマホ含めて4人家族月10000円の通信費です。

このサイトをサラッと読めば、その方法が分かります。

通信費節約4つの戦略★節約パターンをもう少し詳しく。


第1戦略★まず高性能のスマホを安く手に入れる

SIMフリースマホ本体はここが安いイオシス

格安SIMカードが使えるSIMフリースマホはここで安く買えます。

中古パソコンもいっぱい。中古でも保証があり安心。新品未使用品もたくさんあり、ほとんどの機種を探すことができる。

保証があるぶんAmazonよりこちらを選んでいます。管理人おすすめ機種は2〜3万円の中上級機スマホ。1万円以下もたくさんあり。

管理人おすすめスマホランキング。機能値段でSIMフリーで使える格安スマホ選定しました。

1位iPhone 6、 2位iPhone5 3位Zenfone3 MAX、 4位ZenFone 2、 5位XPERIA Z3 Compact、 6位Nexus 5、 7位激安8777円BLADE E01
SIMフリースマートフォン本体端末まとめ

SIMフリー スマートフォン特集

第2戦略★次に自宅でスマホ、パソコンをつなげる環境を作る。光回線快適ネット

関東圏の光ファイバーは「NURO光」でしょ!

NURO(ニューロといいます。)


  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速の450Mbps無線ルーター付
  • 有料ウイルスソフトも料金内
  • プロバイダーも料金内
  • 全部コミコミで月4,743円ということはこれに決まりといった内容です。
  • ソフトバンクのスマホ料金との割引サービスもあります。
  • 光電話もあり。

いかんせんエリアが関東圏だけ!うらやまし〜〜!通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが、関東に住んでいたら、「NURO光」 に即乗り換えます。


詳しい記事はこちら→「NURO光 世界最速2Gbps


NURO光の申し込みはこちら→「」30000円もキャッシュバックあります。

NTTの光回線と光コラボレーションをやっているところです。

NTTフレッツ光とプロバイダーなどとの光コラボ商品は、プロバイダーとのセットで特典、キャッシュバックとかいろいろあります。

光回線の月額料金が多少高めでも、同系列のスマホ契約で割引あるかで契約の判断をすると通信料金の節約が出来ます。

時期によってキャンペーン内容は変わってるかもしれませんが比べて下さい。

最近はNTTフレッツを直接契約するよりもプロバイダー経由のNTTとの光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。プロバイダー独自のサービスがあったりします。回線はNTTそのものですから品質は同じです。

今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。

長くNTTを使っている人は、割引が大きくなっているので、そままの方が安い場合があります。回線料金を比較してみて下さい。

光コラボレーション一覧
  1. 【So-net 光 コラボレーション】30ヶ月割引で戸建て4400円マンション3300円。更にauスマホ携帯利用ならauセット割あり。NTTフレッツ光を利用中の人が安くなるパターン。WEB申し込み工事不要。

  2. GMOとくとくBBのドコモ光ドコモのスマホ携帯を持っている人限定。戸建て5200円マンション3800円ですが、ドコモスマホ携帯とのセット割引で安くなってます。IPv6で夜も回線速度早いです。他社はIPv4で回線満杯状態で夜の回線速度が遅いんです。ドコモの携帯スマホを持っている人は絶対これがいいでしょう。

  3. SoftBank光キャンペーン戸建て5200円マンション4000円でここからソフトバンクのスマホ持っている人は割引あり。キャッシュバックあり。

  4. 今なら工事費用が無料!DMM光戸建て4820円マンション3780円からDMMモバイルやDMMコンテンツ、電子書籍との同時契約だと安くなる。

  5. 【OCN光】最初の1年間だけ戸建て3650円マンション2800円その後は5100円と3600円。無線ルータプレゼント、5000円キャッシュバック。OCNの格安SIMとの組み合わせでスマホが安くなる。

  6. ビッグローブ光なら【ビッグローブ光.net】3年縛りで戸建て4980円マンション3980円、2年縛りで戸建て5180円マンション4080円。事務手数料、工事費かかるね。でもキャッシュバックあり。
私の光ファイバー体験談はこちら→「我が家のネット回線と電話回線+格安SIMスマホで5人家族月1万円で維持

光コラボレーションについて詳しくはこちらで解説→「光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線サービスが一体に
NTTフレッツ光本家の光回線申し込みならこちら

SOHO・法人ならネットだけの申込みで40,000円のキャッシュバック。ひかり電話A追加で最大50,000円のキャッシュバック。使わないオプションの加入は一切不要。

フレッツ光なら【フレッツ光申込みサイト】
auスマホ持ちにはauひかりの組み合わせでメチャ節約

auスマートバリューでスマホと光回線をauに統一するとめちゃ安くなります。場合によっては光回線代金分が環引きされたりします。

auひかりも特典、キャッシュバックとかいろいろあります。時期によって変わっていると思いますが比べて下さい。

auひかりは代理店が乱立気味でオプションがないとキャッシュバックがだめだったり、何ヶ月もあとに自分で申請しないとダメだったり面倒すぎるので、そういうところは除きました。

auスマホとauひかりの組み合わせでネット回線安くなる一覧

auスマホ、auスマートバリュー、auひかり関連記事はこちら

光回線比較・NTTフレッツ、auひかり、CATV
auスマー、トバリューauひかりをauスマホ持ちで安くする★au離脱困難派向け
東海地方で光電話セットで格安料金(auスマートバリュー対応)

So-net コミュファ光

愛知、三重、岐阜、静岡の中部地方のCMでやってるコミュファ光。

So-netプロバイダー料込、ギガのスピード、光電話も300円でNTTより安くコミファ光電話同士無料通話、光テレビもあり。

auスマホを持っている人はスマートバリューで1スマホごと1410円割引も適用できる。
関西地方はeo光、テレビ、光電話セットで格安料金、auスマートバリュー対応

価格もリーズナブルで1年間2953円〜で、工事費無料で、商品券最大15,000円もついてくる!

大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域でいろいろキャンペーンやっている光回線です。

スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかあり、au携帯ユーザーならスマートバリューでセット割もあり。
四国地方は、【ピカラ光】

愛媛、香川、高知、徳島4県の四国地方の光ファイバー回線です。四国電力系の光回線。工事費無料やキャンペーンをやってます。

インターネット申込みなら【ピカラ光.com】
最安値プロバイダーはここです。

高いプロバイダー乗り換えましょう。プロバイダ料金が500円。BB.exciteです。

NTTのフレッツ光とフレッツ・ADSLに月500円で対応しています。

プロバイダー乗換えをすると6ヶ月割引で月300円になるキャンペーンもあったりします。

最安プロバイダ BB.excite!月額500円(税抜)!

でもね、今はプロバイダーが光コラボやってて、そっちの方が安いね。

NTTフレッツ光契約して別にプロバイダー契約するより、プロバイダーのやってる光コラボの方が安くなっちゃったね。

プロバイダーと光回線がセットになってるヤツです。一番は、これやね→【So-net 光 コラボレーション】毎月最大 9 0 0 円 割引。auスマホ携帯利用なら毎月最大1700円割引auセット割。2万円キャッシュバック。So-netは好きやね。安心や。
NTTフレッツ光で速度が出ないで悩んでいる人は、プロバイダーを変更しよう

通信料金の節約には、いろいろなキャンペーン情報をうまく利用することです。

いろんなキャンペーン情報

第3戦略★そして、外でのスマホの通信費を安くする

格安SIMのMVNO比較一覧

  1. とにかく安くしたいというライトユーザー向け
  2. 携帯電話番号を捨ててもいい、データ通信専用とIP電話でOKのミドルユーザー向け
  3. 今までの携帯電話番号は捨てたくない、でも通信料金を安くしたいMNP派ミドルユーザー向け(新規で携帯電話番号付きのスマホを持ちたい人もこれ。かけ放題オプション追加でキャリアからの乗り換えに。)
  4. 外でばりばりネットも電話もするヘビーユーザー向け
スマホの通信料金節約でどこのMVNOと格安SIMを選んだらいいのかわからない場合は、この記事をどうぞ。長文保存版です。

具体的にどこがいい?・MVNOと格安SIM講座第6回

格安SIMのそもそもからの解説はこちら
スマホ通信料金を格安にする方法・MVNOと格安SIM講座
スマホ通信料金を格安にした実践記録

第4戦略★最強の通信費節約は、もしかしてこれかもね。

どこでもネットのWiMAX

  • 一人暮らしのネット環境はコレ一つにする。
  • 月額約4000円で光回線並みの速度を自宅でも外でもOK。
  • 常にWiMAXとスマホを持ち歩けばSIMカードすらいらない。
  • 通信料金最強の節約術。

WiMAXのキャンペーンを比較してみて下さい。時期によってキャッシュバックとかいろいろあります。


  1. Broad WiMAX←WiMAX業界最安値2,726円。キャッシュバック無しの代わりに月額が安い。こういうのがダントツで人気ですね。2年以上利用ならトータルで最安値です。

  2. 【So-net モバイル WiMAX 2+】24ヶ月割引とか27000円キャッシュバック。

  3. GMOとくとくBB WiMAX2+最初の2、3ヶ月だけ最安値でだんだん高くなって2年後はBroad WiMAXの方が安いですね。

  4. DTI WiMAX2+27000円キャッシュバック、ここもまずまずかな。

  5. BIGLOBE WiMAX 2+26000円キャッシュバック、ここもまずまずで、申込みがちょっとめんどうそう。

  6. UQ WiMAXUQ-WiMAX本家。商品券3,000円プレゼント、回線はどこの会社でもこれと同じ、本家はキャッシュバックや特典がなくて手続き面倒で他社から申し込んだ方が安くていいと思う。

1番目のキャッシュバックなしの代わりに月額料金が安いのか、2番目のキャッシュバックがあってSo-netという回線安心感で比べればいいと思います。まあ、安い方がいいでしょうけど・・・

WiMAXの関連記事こちら

WiMAXを比較。一人暮らしにWiMAX。どれもUQ-WiMAX、結局どこがいいのか。
WiMAXまとめ

NURO mobileで1日5時間LTE使い放題

それから、WiMAXではないんですが、高速LTE回線が1日5時間限定で使い放題というnuro mobile(ニューロ モバイル)というのが出来ました。格安SIMのMVNO(仮想移動体通信事業者)です。案外一人暮らし用のネット回線に使えます。とにかく通信料金の節約をしたい人は挑戦してみたください。

公式サイトはこちらで。→nuro mobile

詳しくはこちらの記事にまとめました。→nuro mobileほぼパケ放題一人暮らし2500円スマホ、ネット!格安SIMでネット回線いいかも
通信料金の節約には、いろいろなキャンペーン情報をうまく利用することです。

いろんなキャンペーン情報

ホーム RSS購読 サイトマップ
格安SIM講座 スマホ格安実践編 ネット回線と電話 管理人はこんな人