光ファイバー回線の仕組み

光ファイバー回線の仕組み

インターネットを利用していても、その仕組みがどのようになっているかを知らない人も多いのではないでしょうか。

 

ここでは光ファイバー回線を利用したインターネットの仕組みを紹介しましょう。

 

光ファイバー回線とADSLを比較してみましょう。

 

一般的には光ファイバー回線の方がスピードは速いと言われています。

 

それは光ファイバーと呼ばれる細いガラスの管の中を光が通ることによってデータ通信を行うからです。

 

電気のスピードよりも光が早いのです。

 

あなたの家の中には電柱から伸びてきた光ファイバーがつながれています。

 

光とLANケーブルを変換する装置が置いてあるはずです。

 

光ケーブルはNTTの建物の中まで続いていて、そこからはプロバイダーの装置に接続されます。

 

そして、プロバイダーの装置からインターネットへつながっているのです。

 

それに比較すると、ADSLは電線を使用していますから、変換装置が不要となります。

 

しかし、電磁誘導などの影響を受けやすいために、いつも高速でデータ伝送できるとは限らないのです。

 


 

光であればノイズに対してほとんど影響されません。

 

光ファイバー回線が高速であることを利用して、動画配信など盛んに行われるようになってきました。

 

また、光の部分は高速であっても、プロバイダーの装置から先や、家の中のLANケーブル、パソコンなどのスピードが遅ければ意味がありません。

 

一番遅い装置のスピードに足を引っ張られるのです。

 

最近建てられたホテルやマンションなどでは最初からLANの設備が備えられています。

 

インターネットは当たり前の環境となっているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事




こちらの記事もどうぞ