光ファイバー回線の将来

光ファイバー回線の将来

光ファイバー回線の将来はどのようになっていくのでしょうか。

 

現在はADSLを利用している人と光ファイバー回線を利用している人がいます。

 

両者を比較するとスピードでは光ファイバー回線ですが、利用料ではADSLに軍配が上がります。

 

それぞれにメリットがあると言うことです。

 

しかし、NTTなどでは設備を考えた時には光ファイバー回線のみにしていくことが効率的であると考えられます。

 

つまり、NTTは光ファイバー回線を進めているのです。

 

もちろん、すべてが光に変わったころには光ファイバー回線の利用料は今よりも下がっているはずです。

 

インターネットを利用する側としても、メリットが出てくると考えていいのです。

 


 

しかし、大容量に見合うだけのコンテンツがあるかというと、それは疑問が残るところです。

 

比較サイトではメリットとして動画配信サービスなどを挙げています。

 

有料でも見たいサービスがある人は別ですが、多くの人にとっては有料の動画配信サービスは無用なのです。

 

技術の将来が光に向かうのは必然です。

 

いつまでもメタル回線を利用していてはいけないのです。

 

ADSLはNTTと家との距離によってスピードが変わってきます。

 

つまり、ADSLで満足できる人は限られているのです。

 

インターネットの光ファイバー回線の契約数は当初の予定よりも大きく下方修正されています。

 

思ったように伸びなかったのです。

 

現在の光ファイバー回線を提供している企業はNTTだけではありません。

 

これからも増えていくと考えられます。

 

しかし、NTTが西日本と東日本に分かれたとは言え、最大の企業であることには変わりありません。

 

光ファイバー回線を利用したインターネットサービスはNTTを中心として展開されていく状況はしばらく変わらないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事




こちらの記事もどうぞ