nexus 5を手に入れてオバちゃん脱出なるか妻スマ子の新スマホ入手劇

nexus 5を手に入れてオバちゃん脱出なるか妻スマ子の新スマホ入手劇

新しいスマホに望むことはこの三つだけ!!

 

格安スマホのフリーテルを使って数か月、050番の電話番号によって仲間はずれを経験し、つながらない女のレッテルを張られ、傷ついた心をかかえていました。

 

 

つながらない女のレッテルについてはこちらで語っています。→「IP電話050番の弊害!050番で仲間はずれになった妻スマ子の悲しいお話し


 

「もう通信費を節約するだけでは、満足感は得られない!」

 

「私の心は折れっぱなしよぉ!」

 

と嘆いていたのを見かねて、夫シム・セツヤが立ち上がってくれました。

 

動きの悪い格安スマホのフリーテルから、別の機種への変更を決めてくれました。

 

私は飛び上がるほどうれしくて、どんな機種に変更するのかをいろいろ考えました。

 

(スマ子の使っていたフリーテルの格安スマホです。
 かわいいけど、これダメです。)
スマ子の使っていたフリーテルの格安スマホ

 

オバちゃんである私シム・スマ子の望むスマホは・・・

 

第一に、サクサク動いてくれること。

 

せっかちな私は、画面がすぐに変わってくれないと、続けてスイッチを何度も押してしまう癖があります。

 

すぐ画面が変わらないと、「このスイッチ反応遅いタイプなんじゃない?」と手元の機器のせいにしてしまうのです。

 

決して自分が悪いのではなく、機器が悪いと思ってしまうのです。

 

だって何度もスイッチを押すと反応してくれる、それが今までのテレビやオーディオ機器だったのですから、何度も押すことは悪くないですよね。

 

そんな私ですが、新たに手にするスマホに求めるのは、「何度もスイッチを押してしまわないように一度ですぐさま反応してくれること!」です。

 

 

第二に新スマホに望むことは・・・

 

電話がどこでも切れずにかかること、もちろんきれいな音声でタイムラグ(話が被ったり、聞こえるまでにわずかなズレの時間があること)もないこと。

 

要は、固定電話のように、さっと聞き取れて話ができることなんです。

 

ガラ携のときも感じていたのですが、どうして家の電話(固定電話)のようにスムーズに話しができないのか?が疑問で、ちょっとしたタイムラグがあることで話しずらいと思っていました。

 

このタイムラグのことも、夫(シムセツヤ)に聞くと、

 

「デジタルである限りは何らかの遅れはしかたない。基地局仕様に絡む状況の差が出ているのでしかたがない・・・・・・・」とかで、

 

せっかく聞いていもよけいに(・・?は続きます。

 

疑問は疑問しか呼ばないって感じで、それ以上細かく聞いたら余計わからなくなるので、追求しようがなくなります。

 

結局とにかく理由はどうでもいいので、音声がわかりやすくタイムラグがないスマホを望みます。

 

(できれば今よりきれいな声で相手に聞こえてほしいですが(^-^))

 

 

そして第三にスマホに望むこと・・・・

 

それは頻繁に充電しなくて済むこと、普通に使って一週間くらいは充電不要なものがいい。

 

だって充電時間って案外長いんですよね。

 

バッテリーがなくなりかけたのを見計らって充電しようと思うと、昼頃だったり早朝だったり時間はマチマチです。

 

バッテリーがなくなりかけてから(残量10%とか20%とか)充電する方がバッテリーが長持ちするからという理由で、そうしようとしていましたが、なんだか充電するタイミングをいつも意識していないといけないですよね。

 

いくら家にいる時間がながいオバちゃんとしても、買い物や急な外出だってあるわけです。

 

充電中の電源を切って持ち出すのも、なんとなくバッテリーが悪くなりやすいかな?と気になるわけで、充電のタイミングに振り回されているイヤな気分になってしまうのです。

 

使い方がぞんざいだと、バッテリーも悪くなりやすいと聞いていたので、主婦としては大切に扱って長持ちさせなければ!という気持ちが大きいのです。

 

充電を意識しなければならないことは、けっこう毎日面倒だと感じるのです。

 

そこで夜寝る時だけ、残量がどれだけあっても充電するようになりました。

 

沢山バッテリーが残っているときも、なくなりつつあるときも、同じように寝るときに充電を開始することにしてからは、あまに面倒な思いはなくなりましたが、

 

それでもスマホ(以前のSIMカードを入れたフリーテル)で何かを調べたりしていると、昼間でもバッテリーが不足してきます。

 

たった一日さえ持ちこたえないバッテリーの量って少なすぎです!!

 

朝満タンだったのに、夕方また充電って、私でさえそんな使い方の時があるのですから、もっとよく利用する若い人たちは、一日何度も充電してるのでしょうか?

 

そんなわけで新しいスマホに私スマ子が望むのは、一週間くらい充電不要のスマホです。

 

 

この三つを息子(シム・ヒカリ)に伝えたとき、怪訝な顔をされました。

 

「そんなもの、あるわけないでしょ!」という顔です。「そんなんあったらオレが欲しいよ」みたいな。

 

まあ、親子ですし、言いたいことを言っていいということだったので、はっきり望みを言ったのですが。

 

サクサク動いてくれて、音声がわかりやすくタイムラグがない、そして一週間くらい充電不要のスマホが欲しい!

 

たったこれだけの望みなのですが、オカシイですか?

 

たいていのオバちゃんはそう望んでいるはずです。

 

もちろん高くていはいけません、安いのが前提です。

 

オバちゃんの素直な気持ちで言ったまでですが、息子シム・ヒカリ的には、

 

 

「かなり難問題をぶつけてくるやつだな、」

 

「ここで蹴散らすこともできるけど、」

 

「オバちゃんたちはこんなこと考えてんのか。」

 

「頭ん中こんなだったのかぁ」


 

とでも思ったのでしょうね。

 

言葉には出しませんでしたが、息子が「しゃーねーな、一番近いの探したるで」と了解してくれました。

 

そんなに難問題をつきつけた覚えはなかったのですが、息子は頭をかかえて悩み始めました。

 

  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速450Mbps無線ルーター
  • ウイルスソフト付
  • 別途プロバイダーも必要なし
  • 全部コミコミで月々4,743円
もっと快適なインターネット環境はNURO光

 

 

スマ子用スマホ決定、そして到着

 

上記のような三つの望みを息子に伝えてしばらくのち、2週間ほどたったでしょうか。

 

随分検討してくれていましたが、とうとうスマ子におあつらえ向きのものを見つけてくれました。

 

何でも日本で新発売されるものだっていうではありませんか。

 

「そんな新発売のものなんて高いんじゃないの?」

 

「主婦である私に新発売の新製品を買ってもらえるなんて!!嬉しい!!」

 

と胸がドキドキしてきたのを思い出します。

 

いつもいつも家族の一番最後に、おこぼれ程度のものを手にしていた私スマ子です、このときはものすごくドッキドキしていました。

 

いよいよ私の望がすべてかなったのかな?と思ったのですが・・・そうではありませんでした。

 

 

第一の望みである、「サクサク動いてくれる」については、内臓されている器械が高性能でなければなりません。(この言葉があっているかどうかもわかりませんが)

 

息子曰く、「高スペックであること」なのだそうですが、素早い動きをするために必要な要素を兼ね備えているかどうかは、判断指標がいくつかあるそうです。

 

そのうちこれなら「サクサク動くだろう」という予想がたてられるものの一つが「これ」だったわけです。

 

息子は判断指標を並べて説明してくれましたが、全くチンプンカンプンです。

 

息子には申し訳ないですが、サクサク動いてくれれば私はそれでOKです。

 

 

二番目の「音声がわかりやすくてタイムラグがない」ですが、明瞭に聞こえるようになっているのは、通信網が全国にいきわたっていてそれも周波数いくつといくつといくつで・・・・

 

と長くなる息子の説明がありましたが、これもほとんどわかりません。

 

息子よ、申し訳ないです、音量が変化なく濁った音声にならず、聞き取りやすければそれで私はOKです。

 

そして「タイムラグ」については、絶対ゼロにはならないそうです。

 

随分改善されてきているそうで、ガラ携のときよりよくなっているそうですが、ここでもなんちゃらかんちゃらと説明がありましたが、よくわかりません。

 

息子様、申し訳ないです、タイムラグが最少であればそれでOKです。

 

 

三番目の望みの「一週間くらい充電不要」については、現段階ではどんなに高性能のスマホでも不可能ということでした。

 

私の望みが高すぎたのか、無知なために、要求が高すぎたってことでしょうか。

 

8万円代の最高級のスマホでも、だいたい一日〜2日程度で充電しなくてはならないようです。

 

いろいろ調べてくれた息子殿、どうもありがとう。

 

(大学を卒業したあたりから、母には優しくなってくれた息子です、嬉しい)

 

 

一応現在入手できる範囲で、最高というか最良のものを母スマ子用に見つけてくれました。

 

お値段的にも、3万円代の機種ということで、もう一声!っの4万円代の機種と比べに比べて、結果3万円代の「これ」に落ち着きました。

 

息子が選んでくれた3万円代のスマホは「nexus5(ネクサスファイブ)」といいます。

 

日本以外の国(台湾?)では販売されていて評判上々だったそうですが、このたび日本製ができての発売です。

 

ちょうど発売の時期でグッドタイミング、購入決定、発売日に申込みしました!

 

これにすることで、私スマ子の通信費は毎月たった1500円程度で、サクサク動いて電話のしやすいスマホが手にはいりました!

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤからの注釈です。

 

Nexus 5は、もっと前から販売されていてGoogleスマホでお値段手頃で高スペックの機種です。

 

妻スマ子は、同じ時期に買った私の「ZenFone5 LTE ASUS国内正規品」と間違えているようです。

 

ZenFone5 は、台湾製の海外版が評判で格安で高スペックとうことで人気の機種です。

 

2014年11月に日本版が新発売になり、妻スマ子用に買ったNexus 5と同時期に買ったので、私と息子のヒカリ君でいろいろと騒いでいた話の内容を混同しているようです。

 

適当に読み流して下さい。

 

 

 

気にいった色がないからカバーでカバー!

 

スマホの本体の色は、希望としてはワインレッドかライトグリーン、それかゴールド色がよかったのですが、選んだ「nexus5(ネクサスファイブ)」にはそういう色はなく、ホワイトとブラックのみ。

 

それを知ったときかなりショック、ざーんねん!!

 

ですが、二種類しかないのでどちらかにしなくてはなりません。

 

ホワイトかブラックかどちらにするか決めかねていたのですが、カバーをすれば好みの色のカバーでカバーできる、ってダジャレですけど、息子が言うので、「そうか!」と。

 

迷いに迷うということは、どっちの色でもいいわけで、結局ホワイトにして、好みのカバーをさっそく探すことにしました。

 

スマ子用のネクサス5白、これです。手は息子の手です。↓↓↓
ネクサス5白

 

「nexus5(ネクサスファイブ)」のカバーは、家電量販店を3軒探しましたがありません。

 

「nexus5(ネクサスファイブ)」にしたのは間違っていたか!人気ないのか!と不安になりましたが、ネットで探してみると、相当数出てきました。

 

私スマ子が持つのに相応しいスマホカバー・・・ということで探し当てたのが「ゴールド」の柔らかめの感触のもの。

 

「nexus5(ネクサスファイブ)」のホワイトを注文し、急いでカバーを探し、ゴールドのカバーを注文しました。

 

ゴールドにしたのは、密かな憧れがあったのです、高級感のあるセレブっぽさ。ウフフ^^

 

ってほくそえんでいたのですが、届いたものは「ほとんど真っ黄色」のカバーでした。('Д')

 

ネクサス5白に黄色のカバー

 

実は注文後、気が変わって、やっぱりカワユイ赤にしようとして、キャンセルをかけたのです。

 

そうしたら・・・まだ注文後一時間しかたっていなかったのに、「キャンセルできません」ってお店からメールがきたんですよね。

 

ここですでにショック('Д')だったのですが、現物を見て再度('Д')。

 

同じくらいに届いた「nexus5(ネクサスファイブ)」ちゃんにつける気になれず、しばし呆然としていましたよ、トホホ。

 

でも1時間くらいして、ハっと気がついたんです。

 

この真っ黄色が、バッグの中で主張してくれたりするかも?と。

 

ガラ携のとき黒を使っていたのですが、バッグの中で一定の場所に入れているにも関わらず、見つかりにくかったのです。

 

枕元に置いても寝ぼけ眼では見つけにくかったですし、置き忘れしても見つけにくい、そんな三重苦(?)にあえいでいたので、スマホはわかりやすい色を!と内心では思っていたんです。

 

そこにこの真っ黄色のカバーです。

 

ゴールドのセレブ系とは程遠い感もしますが、画像をかってに自分の好みのゴールドに思い描いた私がいけないのでしょうか・・でも、不幸中の幸いとでも申しましょうか・・・

 

とにかくホワイトのスマホ本体にこのカバーを掛けてみると、表側でも縁取りが黄色なので、こげ茶色のテーブルの上に置き忘れても、暗いバッグの中をのぞいても、一目瞭然でスマホが見つかります。

 

なんだか得した気分にさえなってきました。

 

すぐに見つかるスマホって、いいですよ。

 

おかげで「どこに行った〜?」とスマホを探すことなく、さっと手にできる快適さも手にいれました!

 

 

スマホに説明書が入っていない!どうしよう!!

 

ところが、肝心のスマホをどうやって使い始めていいのか?

 

それが全くわかりません。

 

みなさんどうしてるんでしょう?

 

スマ子は「おーいヒカリ君、設定お願いね」で頼めるのでいいのですが、充電コードとかイヤホンとかはセットされているものの、箱の中に説明書がありません。

 

これはスマホ特有の現象か?

 

スマホにカバーをかけて喜んでいる場合ではないと気づき、いつも迷惑ばかりかけている私でも、最新のものなら今までのものより初期設定は楽にできるはずとばかり、自分でやってみようと思ったのです。

 

ところがどっこい、スマホに取り扱い説明書がないのを知りませんでした!

 

ガラ携のときって、すっごく分厚い説明書がはいってましたよね。

 

そのつもりで、もっと高性能なんだからもっともっと分厚い説明書が入っているはずと思いこんでいた私は、拍子抜けというより、だまされたような気になってしまいました。

 

息子ヒカリ君に言わせると、

 

 

「さわっていれば分かるからはいってないんだよ」


と。

 

さわっていて壊してしまったらどうしよう!という気持ちが先にたって、なかなか手がでません。

 

それにスマホ経験はまだ数か月と、以前のフリーテルのイライラしながら使った、電話、検索、動画を観る、ラインくらいしか経験がありません。

 

これまでも初期設定はすべて夫シム・セツヤまかせで、ノータッチだったのです。

 

使い方は簡単になってきている機器でも、初期設定が簡単になったというわけではなさそうなので、やっぱり今回も息子を頼ることにしました。

 

説明書がないのにどうやって設定するのかな?

 

たいていの人はできるみたいですが、いったいどうするのかな?

 

じきに息子が「使っていいよ」と持ってきてくれました。

 

アイロンや扇風機にだって、いまだ取り扱い説明書がついているのに、なぜ高性能のスマホにないんでしょうね?

 

「どうやって使うの?」と思わず息子に聞きましたが「使えば分かるよ」です。

 

しかたないので、恐る恐るタッチ(タップ)してみました。

 

パソコンはよくバグることがあるので、慎重になってしまうのですが、スマホはそうでもなさそうです。

 

みなさんいろんなソフトを入れて使っているし、息子も娘も、使いすぎて壊れたなんて話は聞かないですから、たぶん慎重に扱う私が使う分には大丈夫でしょう。

 

(スイッチを何度も繰り返しタッチしてしまうことも、このスマホならしなくていいみたいですし)

 

取り扱い説明書がないことで、あちこちのボタン(アイコン)をさわってみては「ほほーこんなことができるんだ」「このスイッチの意味はこうなんだ」とひとり言をいいつつ触っています。

 

「サクサク動いて」「快適に電話ができる」ので、「nexus5(ネクサスファイブ)」はもうそれはそれは快適です。

 

音声で入力できるので、ラインも検索もナビも、楽勝です。

 

音声入力できるっていいですよ、文字入れなくていいんですから、最高!

 

スマホに説明書がないので、わからないことは息子や夫に聞けば私の場合解決でき、恵まれた通信環境にあるなあと感じます。

 

かといってこのままのオバちゃん体質(なんでも聞けばいいや体質)で行くと、自分で考える力がなくなり、もっと新しいものが出てきたときに、お手上げ状態になってしまうかもしれません。

 

まだまだ世の中進歩するみたいですから、恐れていてはいけません。

 

どんどん新しいスマホにも慣れていかなくっちゃ。

 

そう自分に言い聞かせているこの頃です。

 

スマホ画面の光がすぐに消えてしまうのに不満をもっていた私セツ子も、ようやく自力で「設定」⇒「ディスプレイ」⇒「スリープ」で画面の光がもっと継続できるよう、15秒から1分へと設定を変えることができるようになりました。

 

「最高30分までできるんだぁ〜」なんてことが分かって、説明書がないことによって、妙に自信がつくこともあります。

 

って、こんなことしかできてませんけど。^^

 

Nexus 5の詳しい説明はこちらだそうです。、→「nexus5のSIMフリー買いました。スペックとか口コミとかまとめました。

 

スマ子のNexus 5に入っているSIMカードというのはコレだそうです。→「OCN モバイル ONE

 

執筆:通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの妻シム・スマ子

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事




こちらの記事もどうぞ