音声通話アプリで050番の電話番号取得・格安SIMスマホ実践編第7回

音声通話アプリで050番の電話番号取得・格安SIMスマホ実践編第7回

前回までで格安SIMとMVNO通信事業者との開通設定とSIMフリースマホへのSIMカード設定、データ通信の設定を完了しました。

 

今回は、電話ができるようにします。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの場合は、もともとauのスマホをもっていました。090で始まる携帯電話番号をつかっていましたが、今回、きれいさっぱり別れを告げました。

 

電話番号の移行をしませんでした。というよりも電話番号の移行のできない格安SIMを選びました。

 

きれいさっぱり大手携帯会社から離脱した通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、携帯電話をどうするか、その選択は050番で始まる電話番号の取得です。

 

  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速450Mbps無線ルーター
  • ウイルスソフト付
  • 別途プロバイダーも必要なし
  • 全部コミコミで月々4,743円
もっと快適なインターネット環境はNURO光

 

IP電話での電話番号を050番で発行するサービスに申し込みます。いくつかの会社で似たようなサービスがあります。

 

今回検討したのは、050番を取得できる代表的な電話サービスの2社です。

 

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社の「050 plus」とフュージョン・コミュニケーションズ株式会社の「IP-Phone SMART」の二つです。

 

それぞれの特徴を比較してみます。

 

 

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社の「050 plus」
  • 050番の番号が持てる。
  • 携帯電話への通話料金が1分16.4円
  • 一般固定電話への通話料金が3分8.4円
  • 「050 plus」同士は24時間通話料無料
  • 留守番電話あり
フュージョン・コミュニケーションズ株式会社の「IP-Phone SMART」
  • 050番の番号が持てる。
  • 携帯電話への通話料金が30秒8.4円
  • 一般固定電話への通話料金が30秒8.4円
  • 「IP-Phone SMART」同士は24時間通話料無料
  • 留守番電話あり

 

なんだか似たような感じですが、大きく違うところは通話料金です。

 

携帯電話への通話料金はどちらもほとんど変わらないんですが、一般固定電話への料金が大きく違います。

 

「050 plus」は、3分8.4円つまり180秒8.4円で「IP-Phone SMART」の方は30秒8.4円です。

 

同じ料金で6倍の開きがあります。「050 plus」の方が格安です。「050 plus」の方がいいですね。

 

でも、これにはウラがあります。「050 plus」の方は月額基本料が315円かかります。一方、「IP-Phone SMART」は、月額基本料金が無いんです。かけた分だけ払うシステムです。

 

さ〜〜あ!どっちがいいでしょうか!

 

安くしたい場合は、微妙な金額ですね。

 

固定電話への通話をよくする人は、断然「050 plus」がお得でしょうね。

 

10分の通話を月に3回すると「IP-Phone SMART」の場合は、30秒8.4円なので504円になります。月額基本料金はいりませんが、「050 plus」の基本料金を超えました。

 

「050 plus」の場合だと、3分8.4円なので10分の通話を3回しても84円しかかかりません。月額基本料金と合わせても399円です。

 

固定電話への通話が多い人は、「050 plus」の方がいいと言うことが分かります。

 

でも、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの場合です。仕事の関係は、ほとんど自宅の固定電話から会社の電話番号で済みます。携帯電話からは、ほとんど仕事の関係では通話しません。たまに緊急のときに電話するくらいです。

 

ですから、ほどんど固定電話へは、通話をしないという場合は、基本料金のない「IP-Phone SMART」の方に軍配があがります。

 

私は、「IP-Phone SMART」と契約してfreetel FT132Aに専用アプリをいれました。「IP-Phone SMART」から050番で始まる電話番号を取得して、家族や知人に知らせて運用しています。

 

格安電話での通話で助かっています。家族間はLineやスカイプなどを組み合わせて無料通話をしています。ですからほとんど電話料金がかかりません。

 

auでのスマホ時代には戻れません。格安SIM、格安IP電話ばんざ〜〜い!

 

それでは、「IP-Phone SMART」での設定です。

 

こちらで新規登録します。

 

フュージョン・コミュニケーションズ株式会社の「IP-Phone SMART」

 

すみません、「IP-Phone SMART」の申し込みのときに画面キャプチャーを撮り忘れたので、図解での説明は今回は無しです。

 

上のリンクをたどって説明なんかを読んでいると「新規登録」にたどりつきますので、説明どうりに登録していけば番号の取得ができます。

 

(息子のシム・ヒカリがこの記事を書いてくれました。→「格安SIMをさしたSIMフリー版iPhone 6、iPhone 6 Plusで「電話アプリ」(050〜)を使ってみる。」)

 

登録にはクレジットカードが必要です。クレジットカードごとに一つの電話番号を取得できるので、一人で複数の番号がいるときは、複数のクレジットカードが必要です。

 

私は自分用と妻用と二つの電話番号を取得して使ってます。

 

スマホ側での設定は、Googleストアから「IP-Phone SMART」専用のアプリ「SMARTalk」をインストールしてアカウントの設定をして電話がかけれるようになります。

 

以下、「SMARTalk」インストールから設定です。

 

Googleストアを開きます。
Googleストアを開きます。

 

 

Googleストアで検索します。
Googleストアで「SMARTalk」を検索します。

 

 

「SMARTalk」をインストールします。
「SMARTalk」をインストールします。

 

 

インストールが終わったら「SMARTalk」を開きます。
インストールが終わったら「SMARTalk」を開きます。

 

 

「IP-Phone SMART」の申し込み時に取得したアカウントやパスワードを入力します。
「IP-Phone SMART」の申し込み時に取得したアカウントやパスワードを入力します。

 

 

050番で始まる電話番号が設定されています。
050番で始まる電話番号が設定されています。

 

これからこの電話番号を使うことになります。電話番号の変更を友人知人に知らせましょう。これで格安電話設定完了です。

 

その他にも、音声通話アプリのLineやスカイプなどを入れておきましょう。お互いに同じアプリ同士は音声通話が無料のものばかりです。

 

家族や友人など知り合いの場合は、これらを使うようにすれば、電話料金はかかりません。大手携帯電話会社での家族間無料とか友達割りとか、誰でも割とか全然必要ありません。

 

音声通話無料アプリでバンバン電話ができます。しかも、050番の電話番号があります。固定電話からは、こちらに電話してもらいます。ほとんど050番は受け専用と、たまに固定電話に電話するくらいです。

 

「IP-Phone SMART」の場合は、要するに無料で電話番号が取得ができるということです。電話料金は電話をかけただけ支払うことになります。

 

問題は、音声通話の品質ですが、若干、聞こえる音声が聞こえにくいときもあります。回線が混雑しているときは、音声遅延がおきます。落ち着いて電話すれば普通に会話ができます。

 

営業用とかに使うのには、やや難があります。家族や友人同士ならいいでしょう。

 

まあ、格安電話ですから十分ですよ。通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは満足しています。

 

 

執筆:通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事




こちらの記事もどうぞ