大学入学時のパソコン選び体験記 生協のパソコンは高すぎる!

大学入学時のパソコン選び体験記 生協のパソコンは高すぎる!

スポンサーリンク


大学入学時のパソコン選び体験記 生協のパソコンは高すぎる!

大学入学時のパソコン選び体験記 生協のパソコンは高すぎる!

こんにちは、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの息子のシム・ヒカリです。

 

今回はボクの体験談とともに、今パソコンを購入するならどうすると一番いいのかを解説していきます。

 

生協のパソコンは高い!

 

大学進学の時期には親元を離れ一人暮らしをする新入生が多くいると思います。

 

ボクも5年前はその一人でした。

 

大学に受かって、意気揚々と新生活に向けて必要な物を購入していました。幸い生活に必要不可欠な家電は姉のお下がりでまかなうことができました。

 

しかし、パソコンだけはそれ以外の電化製品とは違い個人で一台所有するのが普通です。お下がりはありません。

 

なので、進学を機に入学祝いとして新しいパソコンを親に買ってもらうことになりました。

 

そこで、パソコンを選ぶ際にまず見たのが生協が斡旋しているパソコン、いわゆる「生協パソコン」です。

 

生協パソコンのスペック(性能)を見て、「へーけっこういい性能のやつだな〜」と思ってみていました。保証やなんやらいろいろサポートもあってなかなかいいと思っていました。

 

…値段を見るまでは。

 

 

15万!たかっ

 

 

つい口をついてでてしまいました。

 

 

なんと生協パソコンは15万円もしたのです。さすがに買ってもらう身としても、15万円のものを買ってとは簡単には言えません。

 

親もそんな値段は出せないと言いました。

 

生協パソコンの宣伝は大体購入した学生の体験記みたいなのが書いてあって、すごくオススメな感じに書いてありますが、中身をよーく見ると特にどこにでも売っているパソコンと違いがありません

 

スペックはその当時ではなかなかのものを備えていましたが、それも他のところでもう少し安く購入することができるレベルでした。

 

一つ違うとことを上げるとすれば、それは生協のカウンターに修理の申し込みに行くことができて便利というところでしょうか。

 

しかし、パソコンというものは一番壊れやすい部分がデータを保存しておく部分(ハードディスク)なので、ここが壊れたからといって修理に出してもデータが返ってくるわけではありません。

 

修理の保証が大学4年間分あったとしても実際に修理に出す人はごく少数の人だけです。殆どは全く壊れないか、データ保存部分が壊れてしてしまって買い替えを余儀なくされる人たちです。

 

なので4年間の保証というのはほとんど意味が無いのです。

 

それよりもデータのバックアップを外付けのハードディスクなんかにとっておくことのほうがよっぽど大事です。

 

したがって、保証が長いことや大学生協での修理受付ができるというメリットだけで15万円以上(大体の生協のパソコンはそれくらいの値段)するパソコンを購入するのはやめたほうがいいです。

 

ハッキリ言って生協パソコンは高い!です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

生協パソコンより安くパソコンを購入するには

 

ボクはそんなわけで生協パソコンは断念し、ネットでいろいろ探していたところ大手家電店のネットショップで新古品があり、ちょうどMicrosoft Office付きで10万円ジャストだったので購入しました。当時は2010年でしたのでちょうど今(2015年1月)から5年前になります。

 

CPUの性能は当時では主流だったCore 2 Duoでした。

 

メモリは2GBで、HDD(ハードディスクドライブ)は500GBでした。

 

今もこのパソコンを使っており、今ではかなり性能の低いパソコンになってしまいましたが、ネットをしたり動画を見たり、文章書いたり処理の重いゲーム以外はなんでもこなせます。

 

今では、こんなしょぼいパソコンなんか売ってません。もっといいものがこの値段より安く売ってます

 

同じぐらいの値段を出せば有り余るレベルの性能のパソコンを手にすることができます。

 

ボクが購入した大手の家電店のネットショップなどは、時々掘り出し物を販売しているので狙い目です。

 

エディオンネットショップヤマダ電機なんかがあります。

 

その他では、いわゆるメーカー品ではないBTOパソコンだと安く購入することができます。

 

BTOパソコンの代表的なネットショップは、DELLやLenovoといった海外の会社のものが有名です。

 

国内でも、ドスパラパソコン工房マウスコンピューターなどがあります。

 

新古品や中古でもいいのならイオシスというお店が1年ぐらいの保証がついていてなおかつ安いです。

 

値段のこともいいけど、そもそもパソコンの選び方がよくわからんという人は「パソコンを選ぶときに注意するべき7つのポイント選び方買い方・長文保存版」で解説していますので参考にしてください。

 

安くしようとして、へっぽこなパソコンを買ってしまってもダメですからね。最低限どれくらいのスペック(性能)があればいいのかも書いてあります。BTOパソコンについてもどういうものか解説しています。

 

 

Officeソフトは必要か?

 

必要です大学生は課題でやたらとレポートを書きます。そんな時自分の持っているパソコンでWord(ワープロソフト)が使えなかったり、発表のときにPowerPoint(スライド作成ソフト)がなかったりするとすごく不便です。

 

なのでオフィスソフトは必ず入れましょう。

 

しかし、このOfficeソフトが曲者で、すごく値段が高いんです。

 

Word、Excel、PowerPointの3つのソフトが入っているものが普通なのですが、これが2万円もするのです。

 

アカデミック用に安く買うこともできるようですがそれでも1万何千円かします。

 

大体の市販のパソコンにはOfficeソフトがはいっており、それもあって多くのものは15万円近くします。それでも市販のものでは安いほうだと思います。

 

しかしOfficeソフトは大学生活では欠かせないものなのであったほうがいいのは間違いありません。

 

Officeソフトを安くしたい人はKingsoft Officeというものがオススメです。4000円程度でMicrosoft Officeとほとんど同じ操作性、機能、保存形式を備えているソフトです。これは違法な海賊版とかではなく、れっきとした市販のソフトです。頑張ってMicrosoft Officeに似せて作っています。

 

Microsoft Officeとの互換性があるので、WordやPowerPointで作成しただいたいのものはKingsoft Officeで開いて編集することが可能です。逆もまた然りです。

 

でも、ほとんど大丈夫ですが、ネットを見てみますとKingsoft Officeと最新のMicrosoft Officeでは互換性がうまく取れていないところもあるようです。

 

大学生活で使うということを踏まえると、素直にMicrosoft Officeを使ったほうが大学から配られる資料(大学はMicrosoft Officeを使っている)が開けなかったといった自体に陥ることがないので安心ですそのため値段は高いですが、ボクはKingsoft OfficeよりはMicrosoft Officeを使うことをおすすめします。

 

実際Microsoft Officeは大学を卒業した後企業に就職しても使うものなので大学時代から使い慣れておいて損はないと思います。

 

ちなみにOpen Office(今はもうlibera Officeという名前になっているかもしれない)という完全無料のOfficeソフトもありますが、あれはMicrosoft Officeとの互換性が一部しかないので経験上すごく使いづらいです。なのであまりおすすめはしません。

 

 

BTOパソコン+Microsoft Officeが総合的に見て一番オススメ

 

ボクは大手家電店のネットショップで購入しましたが、今思えばDELLなどでBTOパソコンを購入するのも選択肢の一つだったと思います。

 

ボクはたまたま新古品の良い物が手頃な値段で見つかったのですが、そう何時でも都合よく見つかるわけではありません。

 

なのでこれから購入する人はBTOパソコンがオススメです。

 

大手家電メーカー製ではないので<b>無駄な機能が搭載されておらず安く仕上がっています

 

Microsoft Officeなしだと6万円〜からボクの持っているものより性能がいいパソコンが買えます。

 

Microsoft Officeありだと8万円ほどで、大学生活にとっては十分なスペック(性能)のパソコンが購入できます。

 

最安値のものを買ったとしても、ボクの今使っているパソコン(これでも基本的にはなんでもできてしまう)なんかよりよっぽどいいものが手に入るのでいい時代になったものです。

 

今の大学新入生が羨ましいですね。

 

 

まとめ

 

大学生活ではとにかくレポート提出が多いので、Officeソフトは無いと困りますす。

 

意外とMicrosoft Officeのソフトは重めなので、スペックのいいパソコンを購入するのに越したことはないと思います。

 

最後に文中で紹介していたお店を再度掲載しておきます。パソコンを探す際に役立ててください。

 

 

大手家電メーカー製パソコンなら

 

中古でもOKなら(新古品もありますが・・・)

 

また、パソコンの選び方がよくわからんという人にはコチラで解説していますので参考にしてください。→「パソコンを選ぶときに注意するべき7つのポイント選び方買い方・長文保存版

 

執筆:シム・ヒカリ


スポンサーリンク
   

 
Yahoo!ブックマークに登録する このエントリーをはてなブックマークに追加 livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


通信料金節約ワザ.COM管理人シム・セツヤ的にこれでヨシの節約パターンまとめ

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  • 第1戦略★まず高性能のSIMフリースマホを安く手に入れる
  • 第2戦略★次に自宅でスマホ、パソコンをつなげる環境を作る。光回線快適ネット
  • 第3戦略★そして、外でのスマホの通信費を安くする
  • 第4戦略★WiMAXでどこでもネットの通信費節約(独り暮らし向き)
通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的最強パターンです。こんな感じで家の固定電話、スマホ含めて4人家族月10000円の通信費です。このサイトをサラッと読めば、その方法が分かります。

通信費節約4つの戦略★節約パターンをもう少し詳しく。


第1戦略★まず高性能のスマホを安く手に入れる

SIMフリースマホ本体はここが安いイオシス
格安SIMカードが使えるSIMフリースマホはここで安く買えます。中古パソコンもいっぱい。中古でも保証があり安心。新品未使用品もたくさんあり、ほとんどの機種を探すことができる。保証があるぶんAmazonよりこちらを選んでいます。管理人おすすめ機種は2〜3万円の中上級機スマホ。

管理人おすすめスマホランキング。機能値段でSIMフリーで使える格安スマホ選定しました。

1位Zenfone 2 Laser 2位iPhone 6、 3位Zenfon 5、 4位ZenFone 2、 5位XPERIA Z3 Compact、 6位Nexus 5、 7位freetel XM
SIMフリースマートフォン本体端末まとめ
SIMフリー スマートフォン特集

第2戦略★次に自宅でスマホ、パソコンをつなげる環境を作る。光回線快適ネット

関東圏の光ファイバーは「NURO 光」でしょ!NURO(ニューロといいます。)
超高速の2Gbpsの光ファイバー回線、超高速の450Mbps無線ルーター付、有料ウイルスソフトも料金内、プロバイダーも料金内、全部コミコミで月4,743円ということはこれに決まりといった内容です。光電話もあり。いかんせんエリアが関東圏だけ!うらやまし〜〜!通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが、関東に住んでいたら、「NURO 光」 に即乗り換えます。
詳しい記事はこちら→「NURO光 世界最速2Gbps
NURO 光の申し込みはこちら→「世界最速インターネットNURO 光」30000円もキャッシュバックあります。

NTTの光回線と光コラボレーションをやっているところです。

NTTフレッツ光とプロバイダーなどとの光コラボ商品は、プロバイダーとのセットで特典、キャッシュバックとかいろいろあります。

時期によってキャンペーン内容は変わってるかもしれませんが比べて下さい。

最近はNTTフレッツを直接契約するよりもプロバイダー経由のNTTとの光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。回線はNTTそのものですから品質は同じです。NTT光よりも安くて、プロバイダー独自のサービスがあったりします。

今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。長くNTTを使っている人は、割引が大きくなっているので、そままの方が安い場合があります。回線料金を比較してみて下さい。
  1. 【So-net 光 コラボレーション】30ヶ月割引で戸建て4400円マンション3300円。更にauスマホ携帯利用ならauセット割あり。NTTフレッツ光を利用中の人が安くなるパターン。WEB申し込み工事不要。

  2. SoftBank光キャンペーン戸建て5200円マンション4000円でここからソフトバンクのスマホ持っている人は割引あり。キャッシュバックあり。

  3. 今なら工事費用が無料!DMM光戸建て4820円マンション3780円からDMMモバイルやDMMコンテンツ、電子書籍との同時契約だと安くなる。

  4. 【OCN光】最初の1年間だけ戸建て3650円マンション2800円その後は5100円と3600円。無線ルータプレゼント、5000円キャッシュバック。OCNの格安SIMとの組み合わせでスマホが安くなる。

  5. GMOとくとくBBのドコモ光ドコモのスマホ携帯を持っている人限定。戸建て5200円マンション3800円ですが、ドコモスマホ携帯とのセット割引で安くなってます。

  6. ビッグローブ光なら【ビッグローブ光.net】3年縛りで戸建て4980円マンション3980円、2年縛りで戸建て5180円マンション4080円。事務手数料、工事費かかるね。でもキャッシュバックあり。
私の光ファイバー体験談はこちら→「我が家のネット回線と電話回線+格安SIMスマホで5人家族月1万円で維持
光コラボレーションについて詳しくはこちらで解説→「光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線サービスが一体に
auスマホ持ちにはauスマートバリューとauひかりの組み合わせでメチャ節約 auひかりも特典、キャッシュバックとかいろいろあります。時期によって変わっていると思いますが比べて下さい。auひかりは代理店が乱立気味でオプションがないとキャッシュバックがだめだったり、何ヶ月もあとに自分で申請しないとダメだったり面倒すぎるので、そういうところは除きました。
auスマホ、auスマートバリュー、auひかり関連記事はこちら→「光回線比較・NTTフレッツ、auひかり、CATV」、「auスマー、トバリューauひかりをauスマホ持ちで安くする★au離脱困難派向け
東海地方で光電話セットで格安料金(auスマートバリュー対応)
So-net コミュファ光
愛知、三重、岐阜、静岡の中部地方のCMでやってるコミュファ光。So-netプロバイダー料込、ギガのスピード、光電話も300円でNTTより安くコミファ光電話同士無料通話、光テレビもあり、auスマホを持っている人はスマートバリューで1スマホごと1410円割引も適用できる。
関西地方はeo光、テレビ、光電話セットで格安料金、auスマートバリュー対応
価格もリーズナブルで1年間2953円〜で、工事費無料で、商品券最大15,000円もついてくる!
大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域でいろいろキャンペーンやっている光回線です。スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかあり、au携帯ユーザーならスマートバリューでセット割もあり。
最安値プロバイダーはここです。
高いプロバイダー乗り換えましょう。プロバイダ料金が500円。BB.exciteです。NTTのフレッツ光とフレッツ・ADSLに月500円で対応しています。プロバイダー乗換えをすると6ヶ月割引で月300円になるキャンペーンもあったりします。
最安プロバイダ BB.excite!月額500円(税抜)!
でもね、今はプロバイダーが光コラボやってて、そっちの方が安いね。NTTフレッツ光契約して別にプロバイダー契約するより、プロバイダーのやってる光コラボの方が安くなっちゃったね。
プロバイダーと光回線がセットになってるヤツです。一番は、これやね→【So-net 光 コラボレーション】毎月最大 9 0 0 円 割引。auスマホ携帯利用なら毎月最大1700円割引auセット割。2万円キャッシュバック。So-netは好きやね。安心や。

第3戦略★そして、外でのスマホの通信費を安くする

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤがいいと思うコース一覧でまとめると

  1. とにかく安くしたいというライトユーザー向け
  2. 携帯電話番号を捨ててもいい、データ通信専用とIP電話でOKのミドルユーザー向け
  3. 今までの携帯電話番号は捨てたくない、でも通信料金を安くしたいMNP派ミドルユーザー向け(新規で携帯電話番号付きのスマホを持ちたい人もこれ。かけ放題オプション追加でキャリアからの乗り換えに。)
  4. 外でばりばりネットも電話もするヘビーユーザー向け
スマホの通信料金節約でどこのMVNOと格安SIMを選んだらいいのかわからない場合は、この記事をどうぞ。長文保存版です。→具体的にどこがいい?・MVNOと格安SIM講座第6回

格安SIMのそもそもからの解説はこちら→「スマホ通信料金を格安にする方法・MVNOと格安SIM講座」「スマホ通信料金を格安にした実践記録

第4戦略★最強の通信費節約は、もしかしてこれかもね。

どこでもネットのWiMAX
一人暮らしのネット環境はコレ一つにする。月額約4000円で光回線並みの速度を自宅でも外でもOK。常にWiMAXとスマホを持ち歩けばSIMカードすらいらない。最強の節約術。auスマホ、携帯の人は、「UQ Flat ツープラスauスマホ割」で最大934円割引あり。

WiMAXのキャンペーンを比較してみて下さい。時期によってキャッシュバックとかいろいろあります。管理人シム・セツヤ的に好きな順です。

  1. Broad WiMAX←WiMAX業界最安値2,856円。キャッシュバック無しの代わりに月額が安い。すっきり価格が好きやね。一番いいねこういうのが。
  2. 【So-net モバイル WiMAX 2+】24ヶ月割引とか27000円キャッシュバック。So-netは回線的にしっかりしていていいね。
  3. GMOとくとくBB WiMAX2+値下げして最安値を競争してますね。時期によってはBroad WiMAXより安いかもです。
  4. @niftyWImax20100円キャッシュバックあり
  5. DTI WiMAX2+27000円キャッシュバック、ここもまずまずかな。
  6. BIGLOBE WiMAX 2+26000円キャッシュバック、ここもまずまずで、申込みがちょっとめんどうそう。
  7. PEPABO WiMAX(ペパボワイマックス)24ヶ月割引とかあり。ここもまあまあ。
  8. UQ WiMAXUQ-WiMAX本家。商品券3,000円プレゼント、回線はどこの会社でもこれと同じ、本家はキャッシュバックや特典がなくて手続き面倒で他社から申し込んだ方が安くていいと思う。

いろいろあるけど、どこでもWAINAXの回線は同じです。1番目のキャッシュバックなしの代わりに月額料金が安いのか、2番目のキャッシュバックがあってSo-netという回線安心感で比べればいいと思います。まあ、安い方がいいでしょうけど・・・
関連記事こちら→「WiMAXを比較。一人暮らしにWiMAX。どれもUQ-WiMAX結局どこがいいのか。」「UQ WiMAXまとめ



ホーム RSS購読 サイトマップ
格安SIM講座 スマホ格安実践編 ネット回線と電話 管理人はこんな人