集合住宅の光回線3つの接続方法/部屋への接続方法は?

集合住宅の光回線3つの接続方法/部屋への接続方法は?

光回線を導入したいけど、うちのアパートには光コンセントがない!?

光コンセントがないアパートやマンションでインターネットを利用する方法を解説します。

光ファイバー接続のための部屋への接続方法など、3つの方法を紹介しています。

光コンセントのない集合住宅で光ファイバー接続を利用

光ファイバー接続は、光コンセントのある賃貸物件では比較的簡単に導入することができます。

光コンセントが設置されていない物件でインターネットを利用する場合は、以下のいずれかが必要です。

  • VDSLやLAN配線方式を利用する。
  • 家主の許可を得て、光ファイバー回線を敷設する。
  • 無線回線など、光ファイバー回線以外の選択肢を検討する。

集合住宅の光回線3つの接続方式

集合住宅の各部屋に光回線を接続する方法には、光配線方式、VDSL方式、LAN方式の3種類があります。

この3つは伝送速度などの違いで区別され、VDSL方式と光配線方式が一般的に使われている。

光配線方式

光配線方式は、一部の戸建住宅や集合住宅で採用されている光ファイバーによる接続方式です。

通信基地局から宅内までの接続はすべて光ファイバーケーブルで行われ、通信速度の低下はない。

光配線方式で接続された光回線の通信速度は、最大1Gbpsからと高速です。

例えばNURO光は最大2GBを誇っています。

また、最大速度が10Gbpsの回線もあり、非常に高速にインターネットを利用することが可能です。

VDSL方式

VDSL方式は、主にマンションやアパートで利用されている光ファイバーによる接続方式です。

特徴的なのは、建物の共有スペースまでは光ファイバーを使用し、共有スペースから各部屋までは電話回線を使用すること。

途中で電話回線に切り替わるため、通信速度が遅くなるのが特徴だ。

下り最大100Mbps、上り最大50Mbps〜100Mbpsとなります。

LAN方式

LAN方式は、光ファイバーとLANケーブルを用いた接続方式で、一部の集合住宅で採用されている。

主にVDSLや光配線方式と組み合わせて使用され、VDSLや光配線方式に比べると使用されている場所は少ない。

LANシステムの特徴は、終端装置(モデムやONU)が不要であることです。

VDSLや光配線方式が終端装置を使ってインターネットに接続するのに対し、LAN方式はパソコンなどの機器からLANケーブルを直接部屋の壁にあるLANコンセントに接続することでインターネットに接続する。

通信速度は、上り下りとも最大1GBです。

また、最大速度はLANケーブルの規格によって異なります。

集合住宅での光回線接続方法

光コンセントがない物件でも、物件自体に光回線がある場合があります。

物件内の共用部分と各部屋の配線の違いにより、コンセントの形状は以下のように異なります。

光コンセントが設置されている場合、光配線方式のため、通信速度は1Gbpsとなります。

LAN配線方式もLANケーブルの規格によっては最大1Gbpsの速度が出るが、VDSL方式は光回線でも最大100Mbpsと遅くなる。

下記表は、集合住宅共用部の光ファイバー接続から各戸・部屋への接続回線の種類を表にしています。

コンセントの種類 配線方式(共用部分まで光回線) 上り下り通信速度
光コンセント 光配線方式
各戸まで→光ファイバー
最大1Gbps
LANコンセント LAN配線方式
各戸まで→LANケーブル
最大1Gbps
モジュラージャック VDSL方式
各戸まで→電話回線
最大100Mbps

光回線がない場合は許可を得て開通工事を行う

賃貸物件にVDSLやLANの配線システムが設置されていない場合や、光回線事業者の光回線システムが利用できない場合は、光回線を直接室内に引き込むための工事を行うことが可能です。

ただし、この場合、管理会社や家主から工事の許可を得る必要があります。

また、退去時に物件の配線を撤去する必要があるケースも多いので、こちらも確認しておくとよいでしょう。

また、利用する光ファイバーサービスによっては、会社の回線撤去費用が必要になる場合もあります。

工事が不要なインターネット回線

光回線を導入できない場合は、WiMAXのモバイルルーターなど、回線工事が不要なインターネット回線の導入を検討するのも一案です。

光回線のほかにも、WiMAX、モバイルWi-Fiルーターやホームルーターなどがあります。

いずれも工事不要で、申し込み後、機器が届けばすぐにインターネットが利用できます。

光回線に比べると速度や安定性は劣りますが、一人暮らしやインターネットの利用頻度が低い方にとっては十分なサービスです。

集合住宅の光回線3つの接続方法/部屋への接続方法は?まとめ

集合住宅での光ファイバー接続は、各部屋をどのような回線でつなぐかによって、速度や安定性が異なります。

共用部からの回線が光ファイバーであれば、高速なインターネットを利用することができます。

共用部からの回線が光ファイバーであっても、各部屋に直接光ファイバー回線がない場合は、VDSL方式やLAN方式になります。

戸建て住宅のように各部屋に直接光ファイバー回線を敷設できればベストですが、これは各賃貸住宅や集合住宅の事情によります。

一人暮らしのインターネット回線としては、WiMAXやモバイルwi-fiを利用すると、部屋や外出先で専用のインターネット回線を利用することができます。

光回線に比べると速度は劣りますが、1人で利用する分には十分なインターネット速度が得られます。

楽天モバイルのエリア内であれば、通信容量の上限も金額で設定されているので、スマホを無線高速wi-fiルーターとして使い放題にすることができます。

工事が必要な光回線と無線高速回線を状況に応じて選択することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました