このサイトには広告が含まれます。

無線LANルーター速度が遅い!の対策

自宅の無線LANルーターNEC AtermWG1800HP2 PA-WG1800HP2

無線Wi-Fiルーターの通信が、なんとなく遅く感じる時があります。

そんな時にチェックするところをまとめます。

NURO光や地域限定のケーブルテレビ系の光回線などは専用のルーターが設置されますが、

NTTフレッツ光や光コラボなどは、自分で無線ルーターを設置することが多いと思います。

高速の光回線に替えても無線ルーターからの通信速度の設定を間違えると、思ったような速度が出ないという悩みを時々聞きます。

家の中でも有線ケーブルをつなげることなくパソコンやスマホをネット回線につなげることのできる無線ルーターは、非常に便利です。

しかし、それ相当の期待したような速度が出ないとストレスが溜まってい人も見えでしょう。

その場合にチェックしておかなければならないところを検証したいと思います

無線lanルーター速度が遅いの対策

無線LANルーターの速度が遅いのは、いくつかの原因が考えられます。

  • ルーターと端末との距離が遠い、または壁や家具などの障害物がある
  • ルーターの電波周波数帯が混雑している
  • ルーターに接続する端末数が多すぎる
  • ルーターの機種が古い
  • IPv6やIPoE接続に対応していない

原因に対する対策

これらの原因に対する対策は、以下のようになります。

  • ルーターの設置場所を見直し、端末との距離を近づける、または障害物を減らす
  • ルーターの設定画面から、電波周波数帯を変更する
  • 接続する端末数を減らす、または必要な端末だけに接続させる
  • ルーターの機種を新しいものに変更する
  • IPv6やIPoE接続に対応したプロバイダやルーターを利用する

これらの対策を試してみてください。無線LANルーターの速度が改善されるかもしれません。

無線LANルーターの通信帯域のチェック

まずはじめに行いたいのが、無線通信の帯域をチェックすることです。

ルーターの機種によっては、2.4GHz帯と5GHz帯の電波を利用することができる機種があります。

5GHz帯の方が無線通信速度は速くなっています。

最近の無線LANルーターは、ほとんどこの5GHz帯域に対応しています。

5GHz帯の無線LANルーターと5GHz帯に対応したパソコン、スマホであれば、つなげる側の機器の設定を5GHz帯を選ぶ必要があります。

せっかくの高速無線ルーターも2.5GHz帯に、つなげる側の機種の方で設定を間違えていると、当然その速度しか出ません。

早速パソコンやスマホのセッティングを見直してください

自宅の無線LANルーターの速度が遅いの対策

無線LANルーターによって表示のされ方は、全然違いますが、この場合は末尾がアルファベットのaの場合が5GHz帯です。

設定をこちらに変えることで高速通信が可能となりす。

機種によっては、このヘルツ帯に対応しているものとしていないものがありますので、なんとなく無線接続が遅いのでは?とかんじているのなら、無線LANルーターの接続帯域をチェックしてください。

2.4GHz帯と5GHz帯の違い

2.4GHz帯は、電波の帯域が狭いため隣近所の無線ルーターとの電波干渉が起ったり、無線コードレス電話や電子レンジの電波などとも電波干渉を起こして速度が落ちます。

bluetoothなどのキーボードマウスその他の機器との電波の干渉もあります。

その点、5GHz帯は帯域が広いために電波の干渉が起こりにくい特性があります。

こちらを選択できるのであれば、5GHz帯の高速通信に接続したほうが高速になりやすいということです。

無線ルーターの機種が高速通信に対応していない場合

元々無線ルーターの機種が高速通信に対応していない場合は、買い替えを検討したほうがいいでしょう。

現状の無線LANルーターの速度でストレスを抱えているのであればその方がいいでしょう。

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの自宅兼仕事場で使っている無線LANルーターは、数年前に買ったやつです。

自宅の無線LANルーターNEC AtermWG1800HP2 PA-WG1800HP2

自宅の無線LANルーターNEC AtermWG1800HP2 PA-WG1800HP2の箱

アマゾンで14000円しました。

created by Rinker
NEC
¥7,000 (2024/07/15 14:10:13時点 Amazon調べ-詳細)

わりと高性能ですよ。

性能的には、11acと表記されているのが、高速無線に対応しているものになります。

これを使っていますが、最近では、もっと高性能なものもあります。値段的にもだいぶこなれてきたと思います。

通信速度でストレスを溜めてる人はこういった高速の無線ルーターに買い替えるのも一つの手です。

もっと高性能な奴だとこんなのもあります。

これくらいのを買っとけば、安心ですね。

ルーターのファームウエアのバージョンをアップデートする

さらにチェックする必要のあるものに、無線LANルーター本体にインストールされているフアームウェアをアップデートすることです。

購入直後でも、ルーターのソフト的なところのバージョンが古いと何かと不都合を起こすことがあります。

時々ルーターの設定画面にアクセスしてチェックする必要もあります。

ファームウエアーのアップデートで速度が改善されることもあります。

ファームウエアーのアップデートは、パソコンなどからルーターの設定IPアドレスにブラウザーからアクセスして設定します。

内部の設定を見るとたいがいファームウェアのアップデートというところがありますのでチェックする必要があります。

この辺の方法については機種によって千差万別です。

ルーターについている解説書を見れば分かるようになっていると思います。

IPv6やIPoE接続とは?

IPv6とは、インターネット通信規格の新バージョンで、IPアドレスの数を大幅に増やすことができるものです。

IPoE接続とは、インターネットに接続する際に、IDやパスワードなどの認証を必要としない方式です。

IPv6やIPoE接続を利用すると、インターネットの速度が向上したり、安定したりする可能性があります。

IPv6やIPoE接続の利用方法

IPv6やIPoE接続を利用するには、以下の手順が必要です。

  • IPv6やIPoE接続に対応したプロバイダーと契約する
  • IPv6やIPoE接続に対応したルーターを用意する
  • ルーターの設定を変更する

これらの手順を行えば、IPv6やIPoE接続でインターネットにアクセスできるようになります。

通信速度が高速・安定化する理由

通信速度が高速・安定化する理由は、主に以下の2つです。

  • IPoE方式では、PPPoE方式に比べて通信のオーバーヘッドが少なくなるため、回線の混雑の影響を受けにくくなります 。
  • IPv6では、IPアドレスの枯渇問題が解決されるため、NATやプロキシなどの中継装置を経由せずに直接通信できるようになります 。

これらの理由により、IPv6やIPoE接続では、通信速度が高速・安定化すると言われています。

オーバーヘッドとは?

オーバーヘッドとは、本来の目的のために必要な処理以外に、付加的に行われる処理や手続きのことです。

例えば、通信の場合、データを送受信するためには、ヘッダやフッタなどの付加情報を付けたり、暗号化や圧縮を行ったりする必要がありますが、これらはオーバーヘッドと呼ばれます。

オーバーヘッドは、通信速度やシステム性能に影響を与える要因の一つです。

NATやプロキシとは?

NATとは、ネットワークアドレス変換という技術で、内部ネットワークとインターネットの間でIPアドレスを対応付けて自動的に変換する機能です。

プライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換することで、インターネットに接続できるようにします。

NATのメリットは、IPアドレスの節約やセキュリティの向上です。

プロキシとは、インターネットに接続する際に、内部ネットワークから外部へのアクセスを代理で行うシステムです。

プロキシサーバーとも呼ばれ、インターネット上のコンピュータへ接続する前に、キャッシュやフィルタリングなどの処理を行います。

プロキシのメリットは、高速なアクセスや安全な通信です。

無線LANルーター速度が遅い!の対策まとめ

ルーターに関する速度低下については大体この辺を見れば解決するでしょう。

その他にもよくわからない速度の低下には、パソコンやスマホの内部的なソフトの動きが、いろいろ関係してきます。

いろんなアプリやソフトが同時に動いていたり、複数のセキュリティソフトがインストールされていたいと言ったこともあります。

あなたのパソコンやスマホの動きやアプリの様子をチェックしてください。

ルーターやパソコンの機能以前に、ほんとうは、ネット回線を選ぶ必要が、ほんとうはあります。

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの場合は、今では、超高速のNURO光しています。

無線ルータからの速度で300~500MBは通常の速度です。

有線でつなげると1000GBもでます。超高速です。

ここまで高速だと体感的にわかりません。

NURO光簡単な紹介だけ最後にしておきます。

速い!安い!うまい!的な光回線はNURO光でしょ!

NURO(ニューロといいます。)

NURO光の特徴

  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速の450Mbps無線ルーター付
  • プロバイダーも料金内
  • 全部コミコミで月5200円(税込)ということはこれに決まりといった内容です。
  • ソフトバンクのスマホ料金との割引サービスもあります。
  • 光電話もあり。
  • これデメリット→エリアが、まだまだ限定されている!

NURO光のサービスエリア

NURO光の申し込みはこちら

[PR]NURO 光 今なら4万5千円キャッシュバック

[PR]

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは名古屋在住です。

NURO光にしました。日本の光回線のなかでNURO光が、一番いいんじゃないかと思います。

NURO光を引いてみて実際の速度は、調子のいい時で1Gbps超えます。夜間の混み合う時でも100Gbpsは出ます。データ速度で困ることなくなりました。

[PR]NURO 光 今なら4万5千円キャッシュバック!

NURO光2GB超高速5200円、softbankスマホおうち割引10回線までOK
[PR]

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の超高速インターネット回線のNURO 光です。

  1. データ通信速度が超高速2Gbpsの高速通信
  2. 月額料金が他社との比較で安い月額5200円(税込)で安い
  3. NURO光公式キャンペーンで45000円のキャッシュバックがある
  4. 他社違約金を最大20,000円補償
  5. プロバイダは安定の老舗So-netで基本料金内
  6. NURO光専用高速無線Wi-Fiルーターが基本料金内
  7. ソフトバンクスマホ「おうち割光セット」を組み合わせ可能
  8. 工事費44000円相当分が月額で割引され実質無料
  9. 開通までソニーのホームルーター、Wifiルーターを最大2ヶ月間0円で利用できる
  10. 開通遅延補償(開通までに4ヶ月以上かかった場合最大3ヶ月間5,200円補償)

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

コメント

タイトルとURLをコピーしました