サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。

TONE mobile音声通話付き容量無制限で初心者向け格安スマホ格安SIMといえるな。

TONE mobileは初めてのスマホにいい感じ

 

TONE mobileという格安スマホ。

 

格安SIMをセットで、しかも初心者むけにシンプルでわかりやすい。

 

サポートもばっちりあって、月1100円(税込)でパケット使い放題の容量無制限というMVNO(仮想移動体通信事業者)をまとめてみます。

 

料金コースは何しろ1100円(税込)コースのみで、これにオプションを積み上げていくといった分かりやすさを第一に掲げている様子です。

 

月額1000円からの、はじめてのスマホ。【TONE】

 

 

 

 

分かりにくいスマホ通信事情を分かりやすく

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの料金コースは複雑で分かりにくいうえに馬鹿高い通信料金です。

 

格安SIMを提供してるMVNO(仮想移動体通信事業者)も、たくさんありすぎて、ある程度の通信事情がわかってないと、なかなか選ぶことができなくなっています。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤも、そんな格安SIM、格安スマホ事情をなるべくわかりやすくまとめてこのサイトに記事を書きまくってますが、なかなかまとまりきらないくらいの情報量です。

 

そこで、トーンモバイル株式会社さんは、そこんとこの分かりにくさを逆手にとって、シンプルコースでスマホを初めて持つ人向けっぽいサービスを始めたというわけです。

 

月額1000円からの、はじめてのスマホ。【TONE】

 

TONE mobileサービスはどんな人向けか

TONE mobile音声通話付き容量無制限で初心者向け格安スマホ格安SIMといえるな。

 

TONE mobileがどういった人向けなのかというのは、ぱっとみてもわかります。

 

はじめてスマホを持つ人向けですね。

 

小学生くらいの子どもさんを持つママ層にもわかりやすくなってます。

 

そして、いままで大手キャリアのスマホは、馬鹿高いのでやめていた人たちですね。

 

シニア世代でスマホを初めて使う人にもわかりやすい感じです。

 

格安SIMを提供している他社MVNO(仮想移動体通信事業者)は、1GBコース、3GBコース、5GBコース・・・・・と、いろいろなコースを設けて、

 

だいたい3GBコースで900円、SMSをつけてプラス150円、いまでの携帯電話番号を引き継ぐ音声通話付きにするとプラス700円といった相場になっています。

 

他社の格安SIMは、あまり電話をしない人向けで、携帯電話番号を持つ場合はだいたい1500円程度の基本料金がかかります。

 

携帯電話網と違ってネットのデータ通信のみの回線を使って音声通話をする050番で始まる電話番号が持てるIP電話のみの場合は、月500円~1000円といったところです。

 

TONE mobileの場合は、音声通話付きで容量無制限で1100円(税込)です。

 

通話料金は、別途、話した分だけ通話料金がかかります。

 

格安SIMのだいたいの相場の話をしていますが、はじめての人には、これでも意味不明の言葉がいろいと、既に出てきていると思います。

 

とにかく安くスマホが持てて、面倒な設定とかしないで、スマホ本体についても、スマホの機能とか全然わからないのでちょうどいいのをオススメしてくれればそれでいいよ。

 

といった人向けにシンプルにしているのがTONE mobileのコースです。

 

月額1000円からの、はじめてのスマホ。【TONE】

 

TONE mobileのパケット使い放題、容量無制限は本当か?500~600Kbpsでした!

 

まず一番最初、他社と違うところは、月額基本料金は1100円(税込)という一つのコースのみです。

 

データ通信の容量別にいろいろとコースを設けている他社と差別化しています。

 

月1100円(税込)でデータ通信容量無制限、パケット使いたい放題となっています。

 

容量無制限、パケット使いたい放題というのは気になりますな。

 

注意書きで「短期間における大量通信や長時間通信は制限させていただく場合があります。」と書いてありますが、はっきりと他社のように「3日間で1GB超えたら速度制限をする」とかいう基準は設けていないようです。

 

他社の容量無制限なら、格安SIMでの使い放題コースは、あるにはありますが、それなりの月額料金が必要です。

 

3000円~5000円といった料金は必要です。

 

そこで、TONE mobileの場合は、どんな「使い放題」なんでしょうか。

 

TONE mobileのこちらの「月額1000円からの、はじめてのスマホ。【TONE】」の販売ページでは、過去に小さく書いてありました。

 

TONE mobileの通信速度が「500~600Kbps」となっていました。

 

現在では、この記載がどこを探してもなくなっています。

 

ハッキリとデータ速度を記載していませんね。

 

実測では、1Mbps~2Mbpsほど出ているようです。

 

これだけの速度があれば、普通にスマホを使うには、使えますけどね・・・・・

 

な~~んだ!TONE mobileのパケット使いたい放題、容量無制限というのは、1Mbpsくらいの使い放題なのか~~~!

 

と、少しがっかりしました。

 

LTEの高速通信じゃないんですね。

 

まあ、そうでしょうね。

 

月1100円(税込)で、高速LTEが使い放題なら、通信革命が起きてしまいますからね。

 

1100円(税込)で使い放題なら1Mbps程度というのは、妥当なところでしょうか。

 

他社の格安SIMは高速通信を使い切ってしまった場合は、だいたい200Kbpsの低速通信になり、200Kbpsでは使い放題ということになっています。

 

200KbpsでもメールやLINEのチャット、地図を見るくらいなら普通にできます。

 

LINEの無料音声通話は、200Kbpsで場所や時間帯では、時々途切れ途切れになったりします。

 

でも何とか使えます。

 

ですから、TONE mobileの提供する1Mbps程度というのは、音声通話程度なら十分、普通に使える速度です。

 

YouTube動画なども普通に観ることができます。

 

高速なネットゲームや、大容量の動画などをみなければ、メールやチャット、IP電話の音声通話も含めて普通に使える速度ではないかと思います。

 

大容量のデータは自宅のWi-Fi環境下で行えばことが済みます。

 

外で、1Mbps程度で使い放題というのはいいかもしれません。

 

一応、使える範囲のデータ通信の部類に入る速度で使い放題ということになります。

 

月額1000円からの、はじめてのスマホ。【TONE】

 

TONE mobileのサービス概要

 

データ通信使い放題以外のところを見てみましょう。

 

電話は、050番で始まるIP電話と090、080、070番で始まる音声通話網の番号の2番号が料金内についています。

 

キャリアメールみたいにTONE mobileのメールもあるようです。

 

090番があれば、SMSのショートメールの送受信ができます。

 

SMS番号はLINEなどでの本人認証に使われます。

 

他社の格安SIMではSMSオプションで150円くらいの料金が別途かかります。

 

それから、他社のMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMと違うところは、サポートがあるという点です。

 

格安SIMの欠点は、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアのような窓口で、お姉さんやお兄さんの手厚いサポートがないというところがあるんです。

 

そこのところを、TONE mobileの場合は、電話や遠隔操作でのお助けサポートシステムをやっているのです。

 

スマホを初めて使い出す人には助かりますね。

 

  • 500~600Kbpsでデータ通信使い放題
  • 050番と090、080、070番で始まる音声通話網の2番号が料金内
  • TONE mobileのメールがある
  • SMSのショートメールの送受信番号あり
  • 電話や遠隔操作でのお助けサポートシステムあり

 

月額1000円からの、はじめてのスマホ。【TONE】

 

スマホ本体のセットコースのみ

 

月1100円(税込)というのは、基本料金のことです。

 

TONE mobileのコースは、これにTONE mobileオリジナルのスマホ端末本体がついてくるコースのみになっています。

 

TONE mobileオリジナルのスマホ端末本体の金額が30000円程度します。

 

オリジナルスマホとのセット販売なので、申し込むとSIMカードとの設定などは予めやってくれるようなので、届いたらすぐに通信ができるようになっています。

 

TONE mobileのスマホ本体は、スペック的には中上級機普通のスマホと言えます。

 

初めて持つスマホには十分な機能です。

 

スマホで高度なことをするのではなく、基本のメールやLINEなどネットでの調べ物といいったところの入門機としては十分すぎるスペックです。

 

月額1000円からの、はじめてのスマホ。【TONE】

 

 

まとめ

 

TONE mobileの格安SIM、格安スマホをまとめました。

 

月額1100円(税込)のシンプルコースのみ。

 

TONE mobileオリジナルの入門スマホ本体セット販売。

 

スマホとのセット販売なので設定不要で届いたらすぐ使える。

 

データ通信は1Mbps程度で容量無制限。パケット使い放題。

 

スマホの使い方は初心者向けに使い方を簡単にして、小学生子どもさんを持つママやシニア世代、スマホを初めて使う人向けのコースとスマホになっています。

 

初心者向けに、通信やスマホのわからないことがあっても無料のサポートでしっかりお教えてもらえます。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的に一番気になったのが、1Mbps程度でパケット使い放題、容量無制限というところですね。

 

格安スマホ、格安SIMというのは、安いかわりにコース選定や購入手続きで、一定の知識がないとわからなかったり、スマホと格安SIMカードの基本設定を自分でやらないとダメだとか、いろいろと壁があります。

 

通信料金節約ワザ.comでは、その辺をわかりやすく解明して、通信料金の節約をひろめていますが、それでも情報量が多くなっていろいろな質問が、ちょくちょくやってきます。

 

そういった格安SIM、格安スマホの分かりにくさを逆手にとってわかりやすいシンプルコースにして、サポートを充実させて、初心者向けにしたところにTONE mobileのよさがありそうです。

 

TONE mobileの公式ページはこちらになります。→月額1000円からの、はじめてのスマホ。【TONE】

 

 

携帯スマホの通信費節約の詳しい記事

格安SIMのMVNO比較一覧

公式ページ

詳しい記事

楽天モバイル

Rakutenキャンペーン!5GB0円~データ使い放題!かけ放題!申し込んでみよう!

nuro mobile

nuro mobileは0.2GB330円から音声通話付きで792円安い!使い放題もあり!

Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)ってどうよ?ほんとに安いか?通信品質は?格安SIMとの違いは?

UQ mobile

UQ mobileのプラン解説、家族割引や節約モード、SR月変更、違約金無し、かけ放題

mineo

mineo(マイネオ)はauのスマホ端末で格安SIMが使えるぞ!

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録

IIJmio

IIJmioギガプラン格安SIM、相互シェアも可能

月額1000円からの、はじめてのスマホ。【TONE】

TONE mobile1000円で容量無制限、音声通話

BIGLOBE 格安SIM

BIGLOBE モバイルの格安SIM

DTI SIM

DTI SIM LTE1G600円から。ネット放題、電話放題もあるけど

b-mobile

b-mobile3キャリア対抗プラン!合理的スマホ料金日本通信SIM!

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

 

 

格安スマホのライトユーザーは楽天モバイルの方が安くなる!エリア内ならヘビーユーザーにも

格安SIMはスマホをあまり使わないライトユーザーには通信料金の節約ができました。音声通話付きで1000円以下でスマホが持てます。


しかし、楽天モバイルの登場でライトユーザーはほぼ無料でスマホを利用できます。


楽天モバイルは、1Bまでは無料、3GBまで1078円(税込)、20GBまで2178円(税込)、それ以上どんなに使っても3278円(税込)という料金コースです。

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ夫婦は楽天モバイルだとず~~っと無料になります。


自宅では、NURO光の光回線を契約しています。


外出する時にスマホSIMのデータを使いますが、今までの実績で月に1GBも使ったことがないのです。


時々旅行へ行ったときに、楽天モバイルの電波使って、料金払うだけになります。


データが多くなっても上限3278円(税込)で使い放題ですからスマホのテザリングでモバイルwifiルーターやWiMAXの代わりになります。


楽天エリア内ならヘビーユーザーにも十分使えます。


楽天モバイルは、エリアの問題がありますが、我が家はエリア内なので助かります。

エリア外でもauの電波を使えるので十分です。


楽天モバイル公式ページ→楽天モバイル


楽天モバイルの詳しいページはこちらです。→楽天モバイルの記事


このエントリーをはてなブックマークに追加        
TOPへ