サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。

SIMフリースマホってなに?SIMフリーとは?どこで買うんですか?おススメは?

SIMフリースマホってなに?どこで買うんですか?

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアのスマホ携帯に使うSIMカードにはその通信会社しか使えないようにロックがかかっています。

 

その反対に、どこの通信回線でも使えるようにロックがかかっていないスマホのことをSIMフリースマホと言います。

 

SIMフリースマホは、スマホ単体で通販などで販売されています。

SIMフリースマホとは、そもそもSIMフリーってなに?の理解にはSIMロックから知る必要がありますので、もう少し詳しくみていきましょう。中古品やキャリア―からの新古品など販売されているところはいっぱいあります。紹介します。

 

 

 

SIMフリースマホとはなに?SIMフリーというのはそもそも何のこと?

 

SIMフリースマホのニュースがテレビでもやってますね。

 

SIMフリースマホのことを理解するには、SIMフリーの反対の意味であるSIMロックを理解する必要がります。

 

SIMロックとは?

 

SIMロックのことはこちらにも書きました「SIMロックってなんのこと?そもそもSIMって何?SIMロックがなぜダメなの?

 

大手の携帯会社で携帯やスマホ回線を申し込むと、携帯やスマホ機器も一緒に買うことになってます。

 

その会社で使う電話やネット回線は、そこの会社で販売している携帯やスマホだけでしか使えないようになってました。

 

携帯やスマホの端末本体にその会社でしか使えないようにする鍵(ロック)を電子的にかけて、その会社の回線でしか使えないようにして、他社で使えないようにしていました。

 

その鍵のことをSIMロックと言います。

 

SIMフリーとは

 

それで、質問のSIMフリーですが、端末本体にSIMロックがかかっていないものをSIMフリーと言います。

 

つまり、SIMフリーの端末は、SIMカードを入れ替えれて、どこの会社の電話やネット回線でも使えるということです。

 

SIMフリースマホでも通信規格が合わないと使えない

 

電話やネットの回線の仕組みや周波数などいろいろありますから、使う端末の規格と回線の規格が使えるものであることは前提条件でありますが、SIMフリーというのは、電話会社の縛りがない端末のことです。

 

最近では、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの馬鹿高い通信費から逃れようとしてSIMフリーの格安スマホ、格安SIMというものがはやりだしています。

 

格安SIMで大幅な通信費節約ができる!

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、4人家族でスマホ料金と自宅の光回線料金、固定電話料金ぜ~~んぶ含めて月額1万円に納めることに成功しています。

 

それもSIMフリーの格安スマホ、格安SIMのおかげです。その方法は、このサイト全体をさらりと読んでもらえばわかると思います。

 

何も悪いことはしていません。まっとうな方法です。

 

その辺の方法は、こちらに詳しくまとめてあります。

 

SIMフリーにして欲しい!SIMロックで携帯会社を変更出来ない!

 

スマホなどは、高機能なものは、本体価格の値段が高いのでながく使いたいですよね。

 

しかし、携帯会社を変わると使えなくなるので、仕方なく同じ携帯キャリアで使い続けます。そこが、消費者の不満も大きかったのです。

 

外国では、SIMフリーがあたりまえです。

 

SIMロックで顧客を抱えこんでバカ高い通信料金を巻き上げようとする大手携帯キャリアのやり方に私達の不満は爆発しそうです。

 

格安SIMとSIMフリースマホで驚異的に通信費節約

 

SIMフリーのスマホなら電波規格が一致すればどんな通信会社の回線でも使えるのです。

 

ですから、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアにこだわらず、最近出てきた格安SIMを扱う通信会社にすれば格安でスマホが持てます。5000円以上かかっていたスマホ通信費が半額以下になります。

 

上手に運用すれば1000円以下でもスマホが持てます。

 

通信料金節約ワザ.COM管理人のシム・セツヤ的には、スマホは、格安SIMを扱っているMVNOのSIMカードで運用することを強くおすすめします。

 

MVNOとは

 

MVNOとは、このサイトでじっくりと解説している通信事業者です。

 

自前のネットや携帯電話のインフラを持たないでNTTなどの設備を借りて通信事業を行っている事業者のことです。

 

NTTとかの回線に比べて若干の制限がかかっているので格安料金で提供出来ています。

 

このサイトの「スマホ通信料金を格安にする方法・MVNOと格安SIM講座」でも説明してますが、MVNO業者は、たくさんあります。最近の格安スマホ人気で、いろいろな事業者が参入してきました。

 

格安SIMカードを手に入れたら、それをSIMフリーのスマホにいれて運用します。

 

 

SIMフリーのスマホを販売しているところ

 

SIMフリーのスマホは、いっぱい売ってます。

 

イオシス中古や新品を安く販売している

 

こちらは、私がいつもスマホ買換えやパソコンを買い替えているイオシスというお店です。

 

中古品から未使用新品まで、安く売ってます。

 

SIMフリースマホを価格別、メーカー別、ランキングでも比較できます。

 

SIMフリースマホ特集ページです。だいたい底値で売ってます。

 

イオシスのSIMフリー特集ページ

 

イオシスのSIMフリー特集

 

アマゾンのSIMフリースマホ一覧

 

アマゾンのSIMフリースマホ一覧

 

アマゾンのSIMフリースマホ一覧

 

SIMフリースマホのおススメからSIMフリー海外スマホ、人気のXperia、iPhoneなど価格別にも比較検討できます。
アマゾンのSIMフリースマホ一覧

 

 

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的にいいと思うSIMフリースマホはこちらで紹介しています。

 

→「SIMフリースマートフォン特集

 

SIMフリースマホに格安SIMカードを入れて出来ること

 

格安SIMの一番安いところでは、月額500円程度で格安SIMを販売してるところもあります。

 

ワンコインです。低速回線ですが、パケ放題の使い放題です。回線速度は最高で200kbps程度で動画とかをバンバン見ることはできないでしょう。

 

でも、家族同士で時々電話したりネットを使うくらいなら、なんとかOKという範囲です。

 

普通の電話会社の3G回線では、回線速度は、いい時で1M前後です。高速回線のLTEでは、だいたい30Mくらいでしょうか?

 

低速の150Kbpsというのは、比べ物にならないくらいの低速ですが、とりあえずネット、とりあえず音声通話ができればいいんだ!という程度ならこれで十分です。

 

高速回線は、自宅や会社のWi-Fi環境で行い、外ではちょっとネットにつながっていればいいんですよ!という方には、格安のスマホになります。

 

電話は、Lineやスカイプ、050番のIP電話とかでできます。

 

格安SIMは、ドコモの回線を利用しているものがほとんどですので、電波のエリアは、NTTドコモのエリアになります。

 

ほとんど日本中をカバーしています。

 

高速回線のデータ容量はこれくらいあれば十分

 

200Kbpsの速度では、ちょっと危ないな〜〜〜という人向けにも、月に1000円も出せば、高速回線が、3Gとか付いているものもあります。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、このタイプを使ってます。

 

しかし、Wi-Fi環境の中にいることの多い私は、ほとんど高速回線の容量を使いません。

 

毎月繰越して、高速回線の容量が5Gとか貯まってます。

 

それで月1000円です。以前にauのスマホを使っていた時は、毎月7000円〜10000円くらい払ってました。

 

バカ高い通信料金で使ってもいないパケット料金を払ってました。

 

大手の携帯会社の高速回線は、パケット上限料金とか決めてバカ高いパケ放題料金を設定していますが、上限で使える量を7GBとかに設定しています。

 

高速通信を全部使いきっている人は案外少ない

 

でもね、この7GBという量は、ほとんど使い切っている人、いないと思いますよ。

 

毎日、外でユーチューブとかの動画をバンバン見る人は該当すると思いますが、そんな人いますかね。

 

それに、動画サイトを外でバンバンみるとすぐに7GBなんて終わってしまします。そうなると大手の携帯会社のパケ放題も、7GBを使い切ったあとは、低速の200Kbpsになってしまいます。

 

MVNOの格安SIMと同じです。

 

だいたい、動画を見るときは、自宅のWi-Fiのなかで観ている人が多いと思います。

 

だから、ほとんどは携帯会社の回線を使ってないんです。通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤはそうでした。

 

使ってないのに、バカ高いパケット料金を払ってました。そこで、格安SIMの話を聞きつけてからは、そちらにのめり込み、こんなサイトをつくるまでになりました。

 

いまや、格安SIMと格安スマホの伝道師になってます。

 

まとめ

 

SIMフリーとはということで、まとめてみました。携帯電話の通信費が馬鹿高いということで、政府も何度か勧告をだしています。

 

全体的に通信費が安くなる方向にはなってきましたが、まだまだ高いです。大手キャリアの場合は、安くても5000円はかかります。

 

SIMフリーのスマホに格安SIMを入れて運用すれば、月額1000円程度でスマホを持つことだ可能です。今まで使っていた携帯電話の電話番号もMNPで格安SIMに移動することも出来ます。

 

その場合は、携帯電話番号を維持するのに700円程度余分にかかりますが、それでも2000円程度です。高速通信をたくさん使いたい場合は、それに見合った料金がかかりますが、適切に料金設定を選ぶことが可能です。

 

格安SIMについては用途別に各社を比較してまとめました。

 

格安SIMのMVNO比較一覧

公式ページ

詳しい記事

楽天モバイル

Rakutenキャンペーン!5GB0円~データ使い放題!かけ放題!申し込んでみよう!

nuro mobile

nuro mobileは0.2GB330円から音声通話付きで792円安い!使い放題もあり!

Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)ってどうよ?ほんとに安いか?通信品質は?格安SIMとの違いは?

UQ mobile

UQ mobileのプラン解説、家族割引や節約モード、SR月変更、違約金無し、かけ放題

mineo

mineo(マイネオ)はauのスマホ端末で格安SIMが使えるぞ!

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録

IIJmio

IIJmioギガプラン格安SIM、相互シェアも可能

月額1000円からの、はじめてのスマホ。【TONE】

TONE mobile1000円で容量無制限、音声通話

BIGLOBE 格安SIM

BIGLOBE モバイルの格安SIM

DTI SIM

DTI SIM LTE1G600円から。ネット放題、電話放題もあるけど

b-mobile

b-mobile3キャリア対抗プラン!合理的スマホ料金日本通信SIM!

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

このエントリーをはてなブックマークに追加        
TOPへ