光ファイバーとは?光回線とは?おすすめの契約先は?

光ファイバーとは何でしょうか

光ファイバーとは?光回線とは?

光ファイバーって何に応えます。

  1. 光ファイバーとは?
      1. 光回線とは?光ファイバーでインターネット通信が可能にしたネット回線
  2. 光回線の特徴は安定、超高速、大容量
  3. 初心者向けにインターネット契約回線(光ファイバー回線)の比較の仕方
  4. 光ファイバー回線だけが速くても、実際に体感できるスピードは速くならないケースもあり
  5. インターネット契約回線一覧
  6. NTTフレッツ光とauひかり
  7. 光コラボレーション
      1. 光コラボレーション・NTTフレッツ光とのコラボの選定方法
        1. 光コラボの中でauスマホとのセット割引が適用できるところ
        2. ソフトバンクスマホと光コラボのセット割引のあるところ
        3. ドコモのスマホと光コラボのセット割引があるところ
    1. 速い!安い!うまい!的な光回線はNURO光でしょ!
      1. NURO光の特徴
      2. NURO光のサービスエリア
      3. NURO光の申し込みはこちら
        1. auスマホ持ちにはauひかりの組み合わせでメチャ節約
      4. 光コラボレーション・NTTフレッツ光とのコラボの選定方法
        1. 光コラボの中でauスマホとのセット割引が適用できるところ
        2. ソフトバンクスマホと光コラボのセット割引のあるところ
        3. ドコモのスマホと光コラボのセット割引があるところ
      5. 東海地方で光電話セットで格安料金(auスマートバリュー対応)
      6. 関西地方はeo光、テレビ、光電話セットで格安料金、auスマートバリュー対応
      7. 四国地方は、【ピカラ光】
      8. NTTフレッツ光・NTT東日本、NTT西日本
      9. NTTフレッツ光で速度が出ないで悩んでいる人は、プロバイダーを変更しよう
      10. Softbank Airは工事不要で無線高速ネット容量無制限

光ファイバーとは?

光ファイバーとは、光を利用した通信信号を伝達手段に利用するものです。

材質は、ガラスやプラスチック製の繊維線になります。

光はまっすぐに進みますので、それを曲がった光ファイバーの中をスムーズに通過させる技術があります。

光ファイバーの中では、複雑に屈折したり反射したりして、ほぼ光速で光信号が進んでいくようにしてあります。

光の波長と光信号の高速の力で、大量でしかも高速なデータ転送が実現する技術です。

光回線とは?光ファイバーでインターネット通信が可能にしたネット回線

インターネットはデジタル信号の双方向通信を利用した技術です。

デジタル信号は、信号としては、0と1の信号です。

つまり、光っているか、光っていないかの違いで、信号化することが可能です。

光を光ファイバーに送れば、光速で信号を送ることができるという仕組みです。

デジタル信号を高速で送ることができるインターネット回線が光回線です。

インターネット回線の世界を高速なものにしています。

光回線の特徴は安定、超高速、大容量

従来の銅線を使ったアナログ回線などと違い、「通信が安定している」「高速通信が出来る」「大容量データ通信ができる」これが光ファイバーによる光通信の特徴となります。

光ファイバー回線が誕生する以前、主流の通信方法であったADSLは電話局から自宅までの距離に対して、通信速度に差が出てしまい、データ通信が、不安定といった状況がありました。

光ファイバーによる光通信は、導入する家から通信局までの距離による影響を受けない為に安定した通信が可能となりました。

大容量の情報なのに常に安定した状態をキープし、更に高速で通信できるというのは光ファイバーならではということになります。

そして、インターネット、電話、テレビ動画と言った、様々なサービスが、一本の光ファイバーを通して行うことができます。

この光通信回線は、今現在のものでは、通信回線の中で、最も優れているデータ通信のインフラと言えるでしょう。

初心者向けにインターネット契約回線(光ファイバー回線)の比較の仕方

初心者の方のために、インターネット契約回線を選ぶうえで、光ファイバー回線の比較の仕方を紹介しましょう。

インターネットに接続する時には、まず、スピードが重要なポイントになります。

インターネット契約回線の種類では、まず、電話回線を介したインターネット回線と光ファイバー回線に分かれます。

これは、インターネット回線の回線自体の材料の違いです。

まず、従来の電話回線は銅線でできていて、これをメタル回線と言います。この中に電気信号としてデータの送受信が行われます。

光回線は、グラスファイバーなどの素材でできたファイバー回線でできています。この中にレーザー光線の光でデータの送受信が行われます。

メタル回線と光ファイバー回線の比較ですが、単純にスピードだけを見ると光ファイバー回線の方が速いと思われるでしょう。

光ファイバー回線だけが速くても、実際に体感できるスピードは速くならないケースもあり

しかし、光ファイバー回線だけが速くても、実際に体感できるスピードは速くならないケースもあります。

それはパソコンから外の光ファイバーにつながってインターネットに至るまでの間に様々な装置が介在しているからです。

それらすべてのスピードが速くなければ、全体としてのスピードアップにはつながらないのです。

プロバイダー、光ファイバー回線業者、CNU、ルーター、パソコンです。

パソコンから機器まで全部を新しく購入したり、契約したりするのであれば、ほとんど問題ないですが、今まで使っていたものを流用する場合は、そのスペックに注意が必要なのです。

いまでは10Gbpsとかの超高速な光ファイバー回線も登場しています。

しかし、それほどのスピードを要求するようなシーンはあまりありませんね。

個人で必要となるとすれば、テレビや映画の配信サービスなどを利用している時でしょうか。

地デジのアンテナ障害などで光ファイバー網をテレビに利用したい場合は、高速の契約をした方が良いと思います。

YouTubeなどの通常の動画を利用する場合いや、メールとネット閲覧程度なら、通常の光ファイバー回線で十分です。

高速な光ファイバー回線を引くこともいいのですが、無意味なスピードアップは費用の無駄遣いになってしまいます。

自分の生活スタイルに合わせた光ファイバー回線を選びましょう。

インターネット契約回線一覧

インターネットを始めるのにインターネット契約回線をどれにするかと聞かれれば、光ファイバー回線でしょう。

従来の電話の銅線を利用したメタル回線でのインターネット契約回線と比較するとスピード的に圧倒的な差が出ます。

メタル回線での技術のADSLなどでもせいぜい数百Kbpsのデータ転送速度です。現在の光ファイバー回線では、最低でもMbps単位のデータ転送速度が出ます。

現在では常識になった光ファイバー回線は、どこのものを契約するとよいでしょうか、契約する時にはどこの光ファイバー回線がよいか比較してみることが重要です。

このサイトでもいろいろとインターネット契約回線については、節約の観点から記事をまとめています。

光回線とスマホなどのインターネット契約の料金的な節約の話をまとめています。

NTTフレッツ光とauひかり

一番、普及していてポピュラーな光ファイバー回線はNTTのフレッツ光です。

日本中のすべての地域ではありませんが、カバーエリアの広さは一番でしょう。

光ファイバー回線を提供しているのはインターネット接続サービス業者です。

これは自宅からNTTまでの接続工事を行っていると考えていいでしょう。

工事が済んで、インターネットに実際に接続する時には、ネット接続業者のプロバイダーとの契約が必要になります。

プロバイダーは沢山あり、プロバイダーは自由に選ぶことができます。

光ファイバー回線にすること今までのADSLよりもスピードは上がるのですが、プロバイダーの設置する機器の状況によってスピードの差があります。

つまり、プロバイダー選びも重要ということです。

NTTのフレッツ光の場合は、光ファイバー回線の月額利用料は、プロバイダーとは別で関係ありません。

auひかりの場合は、提携しているプロバイダーであれば光ファイバー回線の月額料に含まれています。

また、ネットに実際に接続した時のスピードはパソコンの性能なども影響しますから、単純に数値だけ見てもわからないことが多いのです。

実際に光ファイバー回線を選ぶ時には、月額料金や時期的なキャンペーンでの割引などを比較するのがいいでしょう。

料金は毎月のことですから、その差は大きなものになります。

また、割引キャンペーンは最初の数か月だけの場合がほとんどで、キャンペーン後の月額料金についても考えておくことが大事です。

インターネットが光ファイバー回線になってしまうと、もう遅いメタル回線には戻れないと思ってください。

光コラボレーション

NTTの光ファイバー網は、最近では、「光コラボレーション」と言って、NTTの光回線のインフラを他の通信事業者に貸し出すシステムができています。

光コラボレーションは、プロバイダーなどの通信事業者が、NTTに光回線インフラをかりて、借り受けた事業者の商品名でサービスをします。

インターネット契約のサービスの中身は、NTTフレッツ光よりも有利な条件になっています。インターネットの回線としては、同じNTTの光回線を利用しますが、サービスの実際の提供と窓口が、借り受けたプロバイダーなどが行います。

直接NTTの回線を契約するようりも、安く、特典がついたり、サービスが充実したものを契約できます。

消費者にとっては非常にいいサービスになっています。

光コラボレーションについては、次のような会社がサービスを提供しています。

光コラボレーション・NTTフレッツ光とのコラボの選定方法

  • 光コラボレーションの方がプロバイダー料金コミで安い
  • 回線はNTTフレッツ光なので同じ
  • プロバイダー独自の特典サービスあり
  • 現在NTTフレッツ光の人は転用で光コラボへ
  • スマホとのセット割引で安くなるところを選ぶ
  • 高速ネットならIPv6に対応を選ぶ

NTTフレッツ光の光回線を直接契約するよりもプロバイダー経由の光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。プロバイダー独自のサービスがあったりします。回線はNTTそのものですから品質は同じです。

今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。

光コラボレーションを選ぶ判断は、スマホとのセット割引があるか、高速ネット回線が欲しい場合は、IPv6が使えるかです。

光回線の月額料金が多少高めでも、同系列のスマホ契約で割引があるかで、契約の判断をすると通信料金の節約が出来ます。

光コラボの中でauスマホとのセット割引が適用できるところ

So-net光コラボ、割引が多い。月額基本料金高そうだが、各種の割引が多いので安い。auスマホ持ちには光コラボなのにメチャ安くなる。

  • 戸建て6270円(税込)
  • マンション5060円(税込)
  • auスマートバリュー最大2000円10回線まで
  • 長割り30ヶ月契約約束で500円割引、さらに戸建て400円・マンション600円割引
  • IPv6に無料対応なので夜間も高速ネット

So-net光コラボの詳しい記事So-net光コラボの申し込みページ

ビッグローブ光・auスマートバリュー、au セット割、格安SIMとの割引

  • 戸建て・5478円(税込)
  • マンション・4378円(税込)
  • auスマートバリューOK、最大2000円の10回線まで割引
  • ビッグローブ光×au セット割1200円1回線のみ
  • BIGLOBEモバイル同時契約で300円割引
  • IPv6対応

ビッグローブ光の詳しい記事ビッグローブ光の申し込みページ

@nifty光・auスマホ割・ニフモ割引

  • 戸建て・5720円(税込)
  • マンション・4378円(税込)
  • auスマホセット割・1200円割引1回線分のみ(auスマートバリューではない)

@nifty光の詳しい記事@nifty光の申し込みページ

ソフトバンクスマホと光コラボのセット割引のあるところ

ソフトバンク光・ソフトバンクおうち割

  • 戸建て5720円(税込)
  • マンション4180円(税込)
  • キャッシュバックあり28000円など代理店多いので詳細ページを
  • ソフバンスマホおうち割1000円最大10回線までOK

ソフトバンク光の詳しい記事ソフトバンク光の申し込みページ

ドコモのスマホと光コラボのセット割引があるところ

ドコモ光・ドコモスマホとセット割引

  • 戸建て5720円(税込)Aタイプ、5940円(税込)Bタイプ
  • マンション4400円(税込)Aタイプ、4620円(税込)Bタイプ
  • ドコモセット割主回線のみでスマホ回線により金額まちまち
  • IPv6対応のプロバイダーを選ぶべし

下記申し込み先はIPv6対応。

ドコモ光の詳しい記事ドコモ光の申し込みページ

インターネット契約回線を提供しているとことは、NTTフレッツ光や光コラボレーション、意外にも、

KDDIのauひかり、各地方の電力会社がやっている光回線、ケーブルテレビが提供しているものなどや、

最近の人気では、NURO光という世界最速2Gbpsのデータ回線速度を持つものなどいろいろとあります。

インターネット契約回線の一覧は、下記にもまとめてお行きます。

速い!安い!うまい!的な光回線はNURO光でしょ!

NURO(ニューロといいます。)

NURO光の特徴

  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速の450Mbps無線ルーター付
  • 有料ウイルスソフトも料金内
  • プロバイダーも料金内
  • 全部コミコミで月5200円(税込)ということはこれに決まりといった内容です。
  • ソフトバンクのスマホ料金との割引サービスもあります。
  • 光電話もあり。
  • これデメリット→エリアが、まだまだ限定されている!

NURO光のサービスエリア

  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
  • 中国2県:広島、岡山
  • 九州2県:福岡、佐賀
  • 北海道
※一部地域は、まだサービス提供できていないことがあります。

NURO光の申し込みはこちら

NURO 光 今なら4万5千円キャッシュバック

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは名古屋在住です。

NURO光にしました。日本の光回線のなかでNURO光が、一番いいんじゃないかと思います。

NURO光を引いてみて実際の速度は、調子のいい時で1Gbps超えます。夜間の混み合う時でも100Gbpsは出ます。データ速度で困ることなくなりました。

NURO 光 今なら4万5千円キャッシュバック!

auスマホ持ちにはauひかりの組み合わせでメチャ節約

auスマートバリューでスマホと光回線をauに統一するとめちゃ安くなります。auひかりは、特典、キャッシュバックとかいろいろあります。

  • 戸建て・5100円
  • マンション・3800円
  • auスマートバリューでauスマホ持ちには最大2000円割引で家族で10回線までOK

auひかりは代理店が乱立気味でキャッシュバックとか特典とかが、入り乱れています。比較したい方は、詳細ページへ、イチ押しのauひかりは、下記の申し込み先です。

auひかりの詳しい記事auひかりの申し込みページ

auスマホ、auスマートバリュー、auひかり関連記事はこちらにもあります。


光コラボレーション・NTTフレッツ光とのコラボの選定方法

  • 光コラボレーションの方がプロバイダー料金コミで安い
  • 回線はNTTフレッツ光なので同じ
  • プロバイダー独自の特典サービスあり
  • 現在NTTフレッツ光の人は転用で光コラボへ
  • スマホとのセット割引で安くなるところを選ぶ
  • 高速ネットならIPv6に対応を選ぶ

NTTフレッツ光の光回線を直接契約するよりもプロバイダー経由の光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。プロバイダー独自のサービスがあったりします。回線はNTTそのものですから品質は同じです。

今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。

光コラボレーションを選ぶ判断は、スマホとのセット割引があるか、高速ネット回線が欲しい場合は、IPv6が使えるかです。

光回線の月額料金が多少高めでも、同系列のスマホ契約で割引があるかで、契約の判断をすると通信料金の節約が出来ます。

光コラボの中でauスマホとのセット割引が適用できるところ

So-net光コラボ、割引が多い。月額基本料金高そうだが、各種の割引が多いので安い。auスマホ持ちには光コラボなのにメチャ安くなる。

  • 戸建て6270円(税込)
  • マンション5060円(税込)
  • auスマートバリュー最大2000円10回線まで
  • 長割り30ヶ月契約約束で500円割引、さらに戸建て400円・マンション600円割引
  • IPv6に無料対応なので夜間も高速ネット

So-net光コラボの詳しい記事So-net光コラボの申し込みページ

ビッグローブ光・auスマートバリュー、au セット割、格安SIMとの割引

  • 戸建て・5478円(税込)
  • マンション・4378円(税込)
  • auスマートバリューOK、最大2000円の10回線まで割引
  • ビッグローブ光×au セット割1200円1回線のみ
  • BIGLOBEモバイル同時契約で300円割引
  • IPv6対応

ビッグローブ光の詳しい記事ビッグローブ光の申し込みページ

@nifty光・auスマホ割・ニフモ割引

  • 戸建て・5720円(税込)
  • マンション・4378円(税込)
  • auスマホセット割・1200円割引1回線分のみ(auスマートバリューではない)

@nifty光の詳しい記事@nifty光の申し込みページ

ソフトバンクスマホと光コラボのセット割引のあるところ

ソフトバンク光・ソフトバンクおうち割

  • 戸建て5720円(税込)
  • マンション4180円(税込)
  • キャッシュバックあり28000円など代理店多いので詳細ページを
  • ソフバンスマホおうち割1000円最大10回線までOK

ソフトバンク光の詳しい記事ソフトバンク光の申し込みページ

ドコモのスマホと光コラボのセット割引があるところ

ドコモ光・ドコモスマホとセット割引

  • 戸建て5720円(税込)Aタイプ、5940円(税込)Bタイプ
  • マンション4400円(税込)Aタイプ、4620円(税込)Bタイプ
  • ドコモセット割主回線のみでスマホ回線により金額まちまち
  • IPv6対応のプロバイダーを選ぶべし

下記申し込み先はIPv6対応。

ドコモ光の詳しい記事ドコモ光の申し込みページ

東海地方で光電話セットで格安料金(auスマートバリュー対応)

コミュファ光

愛知、三重、岐阜、静岡の中部地方のCMでやってるコミュファ光。

So-netプロバイダー料込、ギガのスピード、光電話も300円でNTTより安くコミファ光電話同士無料通話、光テレビもあり。

auスマホを持っている人はスマートバリューで1スマホごと1410円割引も適用できる。

関西地方はeo光、テレビ、光電話セットで格安料金、auスマートバリュー対応


価格もリーズナブルで1年間2953円~で、工事費無料で、商品券最大15,000円もついてくる!

大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域でいろいろキャンペーンやっている光回線です。

スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかあり、au携帯ユーザーならスマートバリューでセット割もあり。

四国地方は、【ピカラ光】


愛媛、香川、高知、徳島4県の四国地方の光ファイバー回線です。四国電力系の光回線。工事費無料やキャンペーンをやってます。

インターネット申込みなら【ピカラ光.com】

NTTフレッツ光・NTT東日本、NTT西日本

NTT光回線の本家です。今では、NTTフレッツ光回線をプロバイダーなどの通信業者にインフラを卸て、プロバイダー名で販売を強化しています。これを光コラボレーションと言います。

しかし、光回線はNTTフレッツ光を直接契約して、プロバイダーをいろいろと変更してみたい方、会社組織で電話回線などNTT独自のサービスを必要としている場合、NTTフレッツ光の直接契約が必要です。

下記が月額基本料金で、ここから2年契約の割引を利用すると1000円ほど安くなります。

  • NTT東日本・・・戸建てタイプ6270円(税込)、マンションタイプ4785円(税込)
  • NTT西日本・・・戸建てタイプ5940円(税込)、マンションタイプ4950円(税込)

NTTフレッツ光の本家直接契約については、こちらで詳しく記事にしました。申し込み先も特典の多いところです。

NTTフレッツ光の詳しい記事NTTフレッツ光の申し込みページ

NTTフレッツ光で速度が出ないで悩んでいる人は、プロバイダーを変更しよう

  • プロバイダーで月額料金が高くてもいいから帯域制限なしで速度が欲しい場合は、かもめインターネット→Kamome Internet
  • こっちの方が安くて早いね。月額991円でV6回線なので高速、V6用のルーターコミコミ料金→<% module(フレッツ光v6プラス) %>
  • もっといいのは、関東、関西、中部東海、中国地方、九州、北海道地域の人なら、超高速2GbpsのNURO光がベストです。→超高速インターネットNURO 光

Softbank Airは工事不要で無線高速ネット容量無制限

光回線ではありませんが、無線での高速インターネット回線です。Airターミナルに電源入れるだけで工事不要でネット使えます。WiMAXとの違いは、無線ですが、登録住所でしか使えません。

  • 月額4880円
  • ソフトバンクスマホとセット割で1000円割引、10回線までOK
  • 他社ネット回線や他社携帯会社からの乗り換え解約金還元制度あり
  • キャッシュバッあり

Softbank Airの詳しい記事Softbank Airの申し込みページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました