「mineo」au端末でも格安SIMしたいならこれがベストMVNOですな

「mineo」au端末でも格安SIMしたいならこれがベストMVNOですな

スポンサーリンク


【mineo(マイネオ)】au端末でも格安SIMしたいならこれがベストMVNOですな

mineo

 

mineo(マイネオ)

 

どうも 通信料金節約ワザ.com管理人のシム・セツヤです。

 

格安SIMというのはほぼすべての提供会社がドコモ系なんです。

 

どういうことかというと、ドコモの回線を借りて「独自の安いスマホ通信サービス」を展開しているのです。

 

ドコモから回線を借りてというところがミソで、今、格安SIMが成り立っているのはドコモが自分の施設した回線を売り出しているからなんです。

 

ドコモ系の格安SIMなら回線がドコモなので、ドコモの端末が使えます。

 

で「mineo(マイネオ)」はどうかというと、タイトルに書いてある通りなんですが、au端末で使えます。

 

つまり、「mineo」は格安SIMにしては珍しく、auの回線が使えるという特徴があるのです。

 

auの回線を使える格安SIMは、KDDI系の「mineo」と「UQmobile」の2つしかありません。

 

「格安SIMにしたいけど、もともとauだからドコモ系ばかりの格安SIMを利用できない」と嘆いている方もmineoなら今使っているそのau端末のSIMカードをmineoで契約したものと入れ替えればすぐに格安SIMを始められます。

 

注意

 

mineoはドコモ系の格安SIMと一部仕様が異なるところがあります。

 

auの端末を使う場合、SIMロック解除を行ってからでないとmineoのSIMカードを入れてもauのLTE回線を利用できません。

 

この先「au端末が使える」や「SIMカードを入れ替えるだけで」というフレーズが何度か出てきますが、その端末のSIMロックを解除する前提で話をしています。

 

ドコモ系の格安SIM同様、SIMフリーのスマートフォンでau回線の周波数に対応していればmineoでも使えます。

 

今au契約中で格安SIMに乗り換えたいという人は、無理にドコモの端末を買ったりSIMフリースマホを買ったりせず、「mineo」で今使っているau端末を利用するのが一番通信料金の節約になります。

 

と、ここまで言っておいて、肝心の「mineo」の料金等なにも述べてないので、「実際どーなんだ?」とまだまだはてなマークな人も多いでしょう。

 

ここからは具体的な「mineo」のサービスについて見ていきましょう。

 

mineo(マイネオ)

 

 

スポンサーリンク

 

 

mineoの料金プラン

 

mineoって実はau回線だけじゃなくて、他のドコモ系格安SIMと同じでドコモの回線も使えるんですよね。

 

料金はau、ドコモどちらも同じなんですけど、auプランのほうが音声通話SIMにした時の料金が「90円」安いんです。

 

具体的に料金を見ていきましょう。

 

データ通信専用SIM

 

auとドコモどちらかの回線を使うことができます。データ通信のみのSIMはmineoでの名称は「シングルタイプ」というものになっています。

 

料金は以下の表の通りで、auでもドコモでもどちらも同じ料金プランとなっています。

 

データ容量

料金

500MB

700円

1GB

800円

3GB

900円

5GB

1580円

10GB

2520円

 

500MBのプランがあるのが他の格安SIM業者にはないmineoの強みかもしれません。

 

ただ、料金的にはあまり安いとは言えず、これだったら業界最安の「DMM mobile(ドコモ系)」の1GB月480円の方が良いですね。DMM mobileの記事はこちら→「DMM mobile・SIM480円格安SIM業界最安値に挑戦してるけど

 

しかしmineoはau回線で使えるので差別化はできています。

 

1GBの料金も安くないです。

 

3GBの料金になると他の格安SIM同様、業界標準の料金である900円になるので、mineoで選ぶならこのプランが一番良いでしょう。普通の人なら大体3GB弱使う人が一番多いという統計データもありますしね。

 

5GB、10GBの料金も標準的で、3,5,10GBがmineoではいい感じのプランとなっています。

 

この料金を見るに、「au回線で格安SIMを利用する」という観点で言えばどのプランでも自分に合う容量を選ぶと良いと思います。

 

500MB、1GBのプランに関しては少々割高ですが、あまりデータ通信を利用しない人にとっては少しでも安くなるため、3GB以上のプランを無理して選ぶ事にならならなくて良いですね。

 

ドコモ回線で利用する格安SIMとしては料金的にどうしてもDMM mobile楽天モバイルIIJmioなどに軍配が上がってしまいます。

 

mineoはドコモ回線も利用できるようになっていますが、実質au回線のみということですね。

 

ドコモ回線の格安SIMとして契約する理由は残念ながらmineoにはないです。

 

mineo(マイネオ)

 

音声通話SIM

 

mineoでの名称は「デュアルタイプ」と言います。

 

音声通話SIMについてもデータ通信SIM同様です。

 

音声通話SIMになると、データ通信の料金に、auプランでは「+610円」、ドコモプランでは「+700円」とります。

 

表にするとこんな感じです。

 

auプランの場合

 

データ容量

料金

500MB

1310円

1GB

1410円

3GB

1510円

5GB

2190円

10GB

3130円

 

ドコモプランの場合

 

データ容量

料金

500MB

1400円

1GB

1500円

3GB

1600円

5GB

2280円

10GB

3220円

 

ドコモプランのほうが高いんですよね。

 

でも、これは他のドコモ系格安SIMでも同じで、どこも音声通話SIMにするときはデータ通信SIMの料金に「+700円」となるのでいたって標準的です。

 

auプランだとそれが「+610円」と安くなりますね。この点がau回線を使うメリットになるでしょう。

 

もし音声通話SIMにしたい人でau端末を利用中の人はドコモ系格安SIMにせずmineoで契約したほうが月額料金が安く済みますね。

 

mineo(マイネオ)

 

さて料金の特徴も分かった所で次にmineoのサービス内容をもっと詳しく見ていきましょう。

 

mineoにはなかなか優秀な割引制度があるみたいですよ。

 

定額通話オプション

 

MVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMの欠点は、無料通話分が無いというところだったんですが、2016年から、これを補うサービスが各社から出ています。

 

mineoも定額通話のオプションを作りました。

 

840円のオプション料金で30分までの通話が出来るというコースと、1680円のオプション料金で60分通話出来るというものです。

 

他社の場合は、800円程度のオプション料金で5分〜10分の通話が「かけ放題」というパターンが多いのですが、mineoの場合は、オプション料金での通話時間の割引といった感じになっています。

 

 

mineoの家族割と複数回線割について

 

mineoには他の格安SIMにはない割引があります。それが家族割と複数回線割です。

 

それぞれどのようなものなのか見ていきましょう。

 

家族割りについて

 

mineo家族割りについて

 

家族割りはその名の通りで、「家族でmineoを契約するとそれぞれの月額料金が50円割引になる」というものです。

 

最大5回線まで割引対象で、家族の姓が違ってもOKなのだとか。

 

離れて暮らしていてもOKで、家族であるということが分かれば特に縛りはないみたいですね。

 

姓が異なる場合は離れて暮らしている場合は、家族を証明するものとして、運転免許証などが必要になるみたいです。

 

割引額は各回線50円と微々たるものですが、塵も積もればなんとやらです。

 

50円割引になると、3GBのプランなら月850円となり、業界最安値のDMM mobileと同じ料金になります。

 

au回線で少しでもスマホの通信費を安くしたいならなかなかいい割引制度だと思います。

 

mineo(マイネオ)

 

複数回線割について

 

mineo複数回線割について

 

複数回線割は家族割の1人バージョンだと思ってもらえれば分かりやすいです。

 

一人の契約者が複数回線申し込むと、こちらは自動的に割引が適用されて各回線ごとに50円割り引かれるみたいです。

 

これも5回線までが対象です。

 

一人で複数台スマホを持つ人も今では少なくないので、なるべく安く複数持ちをするなら良いかもしれませんね。

 

mineo(マイネオ)

 

パケットを分け合えるのも面白い試み

 

mineoは余ったパケットを誰とでも分け合える

 

mineo独自のサービスとして、このパケットを分け合える仕組みもなかなか有用かもしれません。

 

これは先程の割り引ことは違い、誰とでもパケットを分け合えます。

 

親しい友人や家族とシェアできるのです。

 

自分はあまり通信していなくてデータ通信容量(パケット)が余っているときは、足りなくて困っている人に分け与えることができます。

 

困っている人にパケットを分けてあげれば喜ばれることまちがいなしですね。

 

でも、もらう方は毎月のようにもらっていたら関係も悪くなってしまうので、きちんと限度をわきまえて、感謝を忘れないようにしましょうね。

 

mineo(マイネオ)

 

mineoで選べる端末はどうか

 

mineoはセット販売のスマホがそれほど多くないです。選べる数で言えば楽天モバイルとかDMM mobileの方が圧倒的です。

 

しかしmineoはau回線が使えるのが強み。

 

mineoはau回線で使える端末をセット販売している唯一の格安SIMとなります。

 

mineoで現在販売されているau回線で使える機種は「arrows M02」「LUCE KCP01K」「DIGNO MKYL22」「AQUOS SERIESHL25」の4機種です。

 

「arrows M02」「LUCE KCP01K」

 

「DIGNO MKYL22」「AQUOS SERIESHL25」

 

どれもなかなかいい機種がそろっています。

 

特に「arrows M02」は富士通のスマホで「「arrows M02」カメラ以外最高の出来なSIMフリースマホがとにかくすごい!」の記事でも詳しく紹介しましたが、コスパ的にとてもよい機種です。

 

SIMフリースマホなので、au回線でもドコモ回線でもどちらでも使えます。どちらの回線でも使えるのでmineoから他のドコモ系格安SIMに移行するときもそのまま使えるので便利です。

 

防水・防塵機能に加え有機ELディスプレイで鮮やかです。そして「SUPER ATOK ULTIAS」搭載で漢字変換が優秀で、誤字入力も上手く訂正してくれるすぐれものです。

 

mineoで選べる端末の中では通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的にはイチ押しのスマホです。詳しくは上記の記事を参照してください。

 

「「mineo」au端末でも格安SIMしたいならこれがベストMVNOですな」のまとめ

 

mineoはau回線の使える格安SIMです。

 

au回線が使える格安SIMにはもう一つ「UQmobile」がありますが、あれは料金が高めでプランも少ないので、au回線ならmineo一択です。

 

mineoは料金も標準的です。それに加えて他の格安SIMにはない割引があって、それも考慮した場合の料金は格安SIMの中でも安い方です。

 

料金見積もりが「mineo(マイネオ)」でできるので一度ためしてみるのもいいでしょう。

 

現在au利用中で格安SIMに乗り換えたいなら、今使っている端末も利用できますし、mineoが一番ですね。

 

au回線が使える格安SIMでまともなのがmineoしかないからって、ぼったくっているわけでもない、非常に良心的なところですな。

 

mineo(マイネオ)

 

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

関連ページ

DMM mobile・SIM480円格安SIM業界最安値に挑戦してるけど
楽天モバイル格安SIMは楽天ポイント貯まる+電話かけ放題したい人も
DTI SIM LTE1G600円から。ネット放題、電話放題もあり。Pokemon GOの通信費も。
OCN モバイル ONE・格安SIMカード体験記録・音声通話SIM半額とか無料通話とか
Y!mobileってどうよ?ほんとに安いか?品質は?格安SIMとの違いは?iPhone 5sがワンキュッパ
BB.exciteモバイルLTE格安SIM
NifMo(ニフモ)・音声通話付SIMとスマホ端末セットはキャリアからMNP機種変向き?2016年8月キャンペーン情報も
BIGLOBE LTE・3G 音声通話格安SIM
イオンスマホは電話や店頭で細かいサポートも受けられる唯一の格安スマホ・格安SIMです
TONE mobile容量無制限で初心者向け格安スマホ格安SIM
U-mobileでLTE使い放題2480円、U-mobile SUPER10分以内300回まで無料通話
iiJmio・mio高速モバイル/D・格安SIM音声通話付SIMみおふぉん
1日360MB・So-net LTE 高性能スマホセット4980格安SIM
So-net モバイル LTE スマホセット2480格安SIM★販売終了しました。
日本通信・b-mobile X SIM・スマホ電話SIM フリーData格安SIM
格安SIM・b-mobile SIM 高速定額・日本通信が高速通信使い放題開始!
格安SIMぷららモバイルLTEのデータ通信使い放題定額はどうか
NifMo(ニフモ)1.1GB月640円業界最安値に挑戦してるけど
ServersMan SIM LTE
スポンサーリンク
   

 
Yahoo!ブックマークに登録する このエントリーをはてなブックマークに追加 livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


通信料金節約ワザ.COM管理人シム・セツヤ的にこれでヨシの節約パターンまとめ

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  • 第1戦略★まず高性能のSIMフリースマホを安く手に入れる
  • 第2戦略★次に自宅でスマホ、パソコンをつなげる環境を作る。光回線快適ネット
  • 第3戦略★そして、外でのスマホの通信費を安くする
  • 第4戦略★WiMAXでどこでもネットの通信費節約(独り暮らし向き)
通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的最強パターンです。こんな感じで家の固定電話、スマホ含めて4人家族月10000円の通信費です。このサイトをサラッと読めば、その方法が分かります。

通信費節約4つの戦略★節約パターンをもう少し詳しく。


第1戦略★まず高性能のスマホを安く手に入れる

SIMフリースマホ本体はここが安いイオシス
格安SIMカードが使えるSIMフリースマホはここで安く買えます。中古パソコンもいっぱい。中古でも保証があり安心。新品未使用品もたくさんあり、ほとんどの機種を探すことができる。保証があるぶんAmazonよりこちらを選んでいます。管理人おすすめ機種は2〜3万円の中上級機スマホ。

管理人おすすめスマホランキング。機能値段でSIMフリーで使える格安スマホ選定しました。

1位Zenfone 2 Laser 2位iPhone 6、 3位Zenfon 5、 4位ZenFone 2、 5位XPERIA Z3 Compact、 6位Nexus 5、 7位freetel XM
SIMフリースマートフォン本体端末まとめ
SIMフリー スマートフォン特集

第2戦略★次に自宅でスマホ、パソコンをつなげる環境を作る。光回線快適ネット

関東圏の光ファイバーは「NURO 光」でしょ!NURO(ニューロといいます。)
超高速の2Gbpsの光ファイバー回線、超高速の450Mbps無線ルーター付、有料ウイルスソフトも料金内、プロバイダーも料金内、全部コミコミで月4,743円ということはこれに決まりといった内容です。光電話もあり。いかんせんエリアが関東圏だけ!うらやまし〜〜!通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが、関東に住んでいたら、「NURO 光」 に即乗り換えます。
詳しい記事はこちら→「NURO光 世界最速2Gbps
NURO 光の申し込みはこちら→「世界最速インターネットNURO 光」30000円もキャッシュバックあります。

NTTの光回線と光コラボレーションをやっているところです。

NTTフレッツ光とプロバイダーなどとの光コラボ商品は、プロバイダーとのセットで特典、キャッシュバックとかいろいろあります。

時期によってキャンペーン内容は変わってるかもしれませんが比べて下さい。

最近はNTTフレッツを直接契約するよりもプロバイダー経由のNTTとの光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。回線はNTTそのものですから品質は同じです。NTT光よりも安くて、プロバイダー独自のサービスがあったりします。

今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。長くNTTを使っている人は、割引が大きくなっているので、そままの方が安い場合があります。回線料金を比較してみて下さい。
  1. 【So-net 光 コラボレーション】30ヶ月割引で戸建て4400円マンション3300円。更にauスマホ携帯利用ならauセット割あり。NTTフレッツ光を利用中の人が安くなるパターン。WEB申し込み工事不要。

  2. SoftBank光キャンペーン戸建て5200円マンション4000円でここからソフトバンクのスマホ持っている人は割引あり。キャッシュバックあり。

  3. 今なら工事費用が無料!DMM光戸建て4820円マンション3780円からDMMモバイルやDMMコンテンツ、電子書籍との同時契約だと安くなる。

  4. 【OCN光】最初の1年間だけ戸建て3650円マンション2800円その後は5100円と3600円。無線ルータプレゼント、5000円キャッシュバック。OCNの格安SIMとの組み合わせでスマホが安くなる。

  5. GMOとくとくBBのドコモ光ドコモのスマホ携帯を持っている人限定。戸建て5200円マンション3800円ですが、ドコモスマホ携帯とのセット割引で安くなってます。

  6. ビッグローブ光なら【ビッグローブ光.net】3年縛りで戸建て4980円マンション3980円、2年縛りで戸建て5180円マンション4080円。事務手数料、工事費かかるね。でもキャッシュバックあり。
私の光ファイバー体験談はこちら→「我が家のネット回線と電話回線+格安SIMスマホで5人家族月1万円で維持
光コラボレーションについて詳しくはこちらで解説→「光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線サービスが一体に
auスマホ持ちにはauスマートバリューとauひかりの組み合わせでメチャ節約 auひかりも特典、キャッシュバックとかいろいろあります。時期によって変わっていると思いますが比べて下さい。auひかりは代理店が乱立気味でオプションがないとキャッシュバックがだめだったり、何ヶ月もあとに自分で申請しないとダメだったり面倒すぎるので、そういうところは除きました。
auスマホ、auスマートバリュー、auひかり関連記事はこちら→「光回線比較・NTTフレッツ、auひかり、CATV」、「auスマー、トバリューauひかりをauスマホ持ちで安くする★au離脱困難派向け
東海地方で光電話セットで格安料金(auスマートバリュー対応)
So-net コミュファ光
愛知、三重、岐阜、静岡の中部地方のCMでやってるコミュファ光。So-netプロバイダー料込、ギガのスピード、光電話も300円でNTTより安くコミファ光電話同士無料通話、光テレビもあり、auスマホを持っている人はスマートバリューで1スマホごと1410円割引も適用できる。
関西地方はeo光、テレビ、光電話セットで格安料金、auスマートバリュー対応
価格もリーズナブルで1年間2953円〜で、工事費無料で、商品券最大15,000円もついてくる!
大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域でいろいろキャンペーンやっている光回線です。スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかあり、au携帯ユーザーならスマートバリューでセット割もあり。
最安値プロバイダーはここです。
高いプロバイダー乗り換えましょう。プロバイダ料金が500円。BB.exciteです。NTTのフレッツ光とフレッツ・ADSLに月500円で対応しています。プロバイダー乗換えをすると6ヶ月割引で月300円になるキャンペーンもあったりします。
最安プロバイダ BB.excite!月額500円(税抜)!
でもね、今はプロバイダーが光コラボやってて、そっちの方が安いね。NTTフレッツ光契約して別にプロバイダー契約するより、プロバイダーのやってる光コラボの方が安くなっちゃったね。
プロバイダーと光回線がセットになってるヤツです。一番は、これやね→【So-net 光 コラボレーション】毎月最大 9 0 0 円 割引。auスマホ携帯利用なら毎月最大1700円割引auセット割。2万円キャッシュバック。So-netは好きやね。安心や。

第3戦略★そして、外でのスマホの通信費を安くする

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤがいいと思うコース一覧でまとめると

  1. とにかく安くしたいというライトユーザー向け
  2. 携帯電話番号を捨ててもいい、データ通信専用とIP電話でOKのミドルユーザー向け
  3. 今までの携帯電話番号は捨てたくない、でも通信料金を安くしたいMNP派ミドルユーザー向け(新規で携帯電話番号付きのスマホを持ちたい人もこれ。かけ放題オプション追加でキャリアからの乗り換えに。)
  4. 外でばりばりネットも電話もするヘビーユーザー向け
スマホの通信料金節約でどこのMVNOと格安SIMを選んだらいいのかわからない場合は、この記事をどうぞ。長文保存版です。→具体的にどこがいい?・MVNOと格安SIM講座第6回

格安SIMのそもそもからの解説はこちら→「スマホ通信料金を格安にする方法・MVNOと格安SIM講座」「スマホ通信料金を格安にした実践記録

第4戦略★最強の通信費節約は、もしかしてこれかもね。

どこでもネットのWiMAX
一人暮らしのネット環境はコレ一つにする。月額約4000円で光回線並みの速度を自宅でも外でもOK。常にWiMAXとスマホを持ち歩けばSIMカードすらいらない。最強の節約術。auスマホ、携帯の人は、「UQ Flat ツープラスauスマホ割」で最大934円割引あり。

WiMAXのキャンペーンを比較してみて下さい。時期によってキャッシュバックとかいろいろあります。管理人シム・セツヤ的に好きな順です。

  1. Broad WiMAX←WiMAX業界最安値2,856円。キャッシュバック無しの代わりに月額が安い。すっきり価格が好きやね。一番いいねこういうのが。
  2. 【So-net モバイル WiMAX 2+】24ヶ月割引とか27000円キャッシュバック。So-netは回線的にしっかりしていていいね。
  3. GMOとくとくBB WiMAX2+値下げして最安値を競争してますね。時期によってはBroad WiMAXより安いかもです。
  4. @niftyWImax20100円キャッシュバックあり
  5. DTI WiMAX2+27000円キャッシュバック、ここもまずまずかな。
  6. BIGLOBE WiMAX 2+26000円キャッシュバック、ここもまずまずで、申込みがちょっとめんどうそう。
  7. PEPABO WiMAX(ペパボワイマックス)24ヶ月割引とかあり。ここもまあまあ。
  8. UQ WiMAXUQ-WiMAX本家。商品券3,000円プレゼント、回線はどこの会社でもこれと同じ、本家はキャッシュバックや特典がなくて手続き面倒で他社から申し込んだ方が安くていいと思う。

いろいろあるけど、どこでもWAINAXの回線は同じです。1番目のキャッシュバックなしの代わりに月額料金が安いのか、2番目のキャッシュバックがあってSo-netという回線安心感で比べればいいと思います。まあ、安い方がいいでしょうけど・・・
関連記事こちら→「WiMAXを比較。一人暮らしにWiMAX。どれもUQ-WiMAX結局どこがいいのか。」「UQ WiMAXまとめ



ホーム RSS購読 サイトマップ
格安SIM講座 スマホ格安実践編 ネット回線と電話 管理人はこんな人