Softbank Airは工事不要で単身赴任にいいか?モバイルwifi、WiMAXとの違いは?

Softbank Air

Softbank Airは工事不要だから安くていいかも、でもね、モバイルwifi、WiMAXとの違いは?

Softbank Airは固定の光回線ではありません。

無線でつながっているインターネット回線の一種です。

モバイルwifi、WiMAXのような感じ、少し違うSoftbank Air

高速無線通信のモバイルwifiやWiMAXのようなものですが、Softbank Airの場合は、自宅でしかインターネットにつなぐことができません。

モバイルwifi、WiMAXの場合は、小型のモバイル・ルーターを持ち運べば、どこでも高速インターネットにつなぐことができます。

その点が、Softbank Airとモバイルwifi、WiMAXの違いです。

Softbank Airは無線インターネットなので工事が要らない

Softbank Airの最大の利点は、モバイルwifi、WiMAXと同じですが工事がいらないということです。

それでは、Softbank Airのサービス内容を詳しく見ていきたいと思います。

工事不要、高速無線ネット回線のSoftbank Air

Softbank Airは工事不要、高速無線ネット

Softbank Airに申し込むと、自宅に設置するWi-Fiルーターが届きます。

それを家庭用電源につなげれば、すぐにインターネットにアクセスすることができます。

設置したルーターの周りでは、Wi-Fi通信が利用できます。

容量制限無い固定光回線みたいなインターネット回線

Softbank Airは届いたルーターを電源に入れるだけ

容量制限は、無いので、固定のインターネット光回線と同じような扱いです。

固定の光回線の場合は、回線契約を結んでから、工事の日程の調整やら、立会いやら、いろいろな手続きをしなければいけません。

工事不要ですぐインターネットが便利

Softbank Airは届いたルーターを電源に入れるだけですぐにインターネット

固定のインターネット光回線は工事がいるので時間がかかる

固定の光回線の場合は、工事の都合によっては、インターネット契約をしてから、実際にインターネットにつながるまでに、1か月から2か月くらいかかったりすることがあります。

進学や就職でネット回線を申し込んで、ネットにつながるのが、2か月先とかになると非常に不便です。

Softbank Airはすぐ

Softbank Airの場合は、申し込んで、無線のルーターが届けば、それを自宅の電源コンセントにつなぐだけで、すぐにインターネットを利用することができます。

引っ越しシーズンなどで、光回線の工事が混み合ってる時期にも、Softbank Airであれば、すぐにインターネットを利用することができるので非常に便利です。

工事費も必要なしということですな

また、工事が要らないということは、初期費用の工事費が要らないということです。

通常、固定の光回線の場合は、15000円から30000円の工事費がかかります。

これが要らないということです。

ネット回線を開設するときの初期費用が圧倒的に少なくて済みます。

Softbank Airの回線速度は?

気になるのが、Softbank Airの回線速度です。

Softbank Airには、無線ルーターにあたる機器をAirターミナルと呼んでいます。

このAirターミナルは3種類あって、それぞれの機器によって最高速度が違って下記のようになっています。

  • Airターミナル・・・・下り最大110Mbps
  • Airターミナル2・・・下り最大261Mbps
  • Airターミナル3・・・下り最大350Mbps

下り最大110Mbpsからです。NTTフレッツ光のインターネットでも、100Gbpsの契約回線がありますが、通常のインターネットを利用するのには、十分な速度です。

ベストエフォートでの表示ですから、この速度はそのまま出ることはないです。

100Gbpsの10分の1だったとしても10Mbpsです。通常5Mbpsとか6Mbps出れば、YouTubeの動画などはスムーズに見れます。

しかし、時間帯によっては、速度制限がかかるという口コミが多いですね。

夜間のゴールデンタイムには、1Mbpsを切ってしまうというTwitterもあります。

1Mbpsを切ると、通常のネットサーフィンは可能ですが、YouTube動画は、途切れることがありますね。

これは、NTTフレッツ光でも、光コラボレーションのインターネット光回線でも、同じことが起きています。

その辺をどう判断するかですね。

解約金がかかるのでとりあえず契約は慎重に

とりあえずSoftbank Airを使ってみて判断したい場合には、解約金を見込んでおかなければいけません。

毎月の割引金額とairターミナルの機器代金の分割支払いとその割引額で、途中解約には、多い場合で5万円くらいかかったりします。

airターミナルのレンタルも考慮

短期で解約することがありそうなら、毎月に支払いは若干高くなりますが、airターミナルをレンタルにすることも考慮した方がいいでしょう。

引っ越し先では住所変更でOKだが

また、引っ越しの場合は、住所変更をすれば、そのま利用できますが、たまたま、引っ越し先がエリア外で、電波につながらない場合は、解約ということで、そこでも解約金が発生してしまいます。

モバイルwifi、WiMAXも選択肢に

外出で、高速無線インターネット回線を望んでいるのなら、モバイルwifi、むしろWiMAXの方がいいと思います。

モバイルwifi、WiMAXについてはこちらで記事をまとめています。

Softbank Airの料金

Softbank Airの料金

Softbank Airの月額基本料金は5368円(税込)です。

設置する無線ルーターについては、airターミナルの販売価格は58320円です。

しかし、この料金を分割払いで支払う形を取ります。その金額を月額料金から割引というシステムになっているので実質無料となります。

また、最初の24ヶ月の間の割引が1188円あります。

最初の24か月は、月額4180円(税込)で利用することができます。それ以降は基本料金の5369円(税込)となります。

airターミナルのレンタルもある

airターミナルのレンタルもある

また、月額の料金体系では、エアターミナルをレンタルして利用するパターもあります。

その場合はエアターミナルのレンタル料として月額539円(税込)がかかります。

月額の基本料金とレンタル料を含めて5907円(税込)になります。

Softbank Air+おうち割光セット

Softbank Air+おうち割光セット

Softbank Air+おうち割光セットという割引システムがあります。

これは利用しているスマホをソフトバンクのスマホにすると毎月1100円を割り引くというものです。

SoftBankのスマホでデータ定額の5GB以上の場合は毎月1100円の割引になります。

データ定額ミニの2GB、1GBの場合は、毎月500円の割引です。

また家族でソフトバンクのスマホを利用していれば、その人数ぶんの割引が受けることができます。

他社からの乗り換えの解約金を還元

Softbank Air、他社からの乗り換えの解約金を還元

また、他社のスマホや携帯の解約をして、ソフトバンクに切り替える場合は、その解約違約金相当額を通信料から割り引いて還元するという制度も代理店によってはあります。

インターネットの自宅の回線とスマートフォン、携帯を全てソフトバンクで固めると得するというシステムです。

インターネットの固定回線についても他社からソフトバンクエアーに乗り換えた場合は、その他社の解約にあたっての違約金や解約金についても全額キャッシュバックをすると言う太っ腹な制度も今おこなっています。

Softbank Airの申し込み先

Softbank Airについても、ソフトバンクの本家の申し込み先と代理店経由の申し込み先といろいろあります。

同じSoftbank Airですが、販売代理店が独自に料金を安くした「モバレコAir」というのもあります。

Softbank Airは、ソフトバンクのLTE回線を利用していますが、WiMAX回線を利用したホームルーターもあります。

それぞれにいいところがあるので、比較表として掲載しておきます。

ホームルーター比較表

回線・販売会社 料金 3年間合計とキャッシュバック
モバレコAir 1~2ヶ月2,167円、3~24ヶ月3,679円、25ヶ月~5,368円 キャッシュバック17,000円
3年間支払総額136,367円最安一番おススメ
WiMAX2+GMOとくとくBB 1~2ヶ月2,079円、3~36ヶ月4,389円、37ヶ月~4,444円 キャッシュバック13,000円、3年間支払総額145,763円
WiMAX2+・BroadWiMAX 1~3ヶ月2,090円、4~36ヶ月3,894円、37ヶ月~4,708円 キャッシュバック無し、3年間支払総額141,966円

まとめ

Softbank Airは工事不要だから安くていいかも、でもね、モバイルwifi、WiMAXとの違いはということでまとめてきました。

Softbank Airは工事不要で単身赴任にいいかもしれませんが、一人暮らしならモバイルwifi、WiMAXの小型ルーターの方がいいと思います。

Softbank Airについては、無線Wi-Fi自宅の中で利用することができるairターミナルの電源を家庭用コンセントに差し込むだけでインターネットを利用することができます。

工事をしたくない集合住宅アパートやマンションなど需要には、しっかりと答えてくれます。

また、固定の光回線の場合は、申し込んでから工事が完了するまで長い時間がかかります。

進学や就職などでインターネット回線を設置したい場合、すぐにインターネットを利用したい場合には、便利なシステムではないかと思います。

Softbank Airは、料金的には光回線並みの料金です。最大の特長は、やはりその利用開始までの手軽さであり、工事が要らないという初期費用の安さです。

そのため、引越しの多い世帯などでは、非常にありがたいインターネット回線になると思います。

モバイルwifi、WiMAXとの違い

同じような高速無線通信では、モバイルwifi、WiMAXがあります。

モバイルwifi、WiMAXとSoftbank Airとの違いは、設置する場所が、Softbank Airでは、一か所に限られます。

登録した住所以外では、ネットをつなげることを禁止しています。

モバイルwifi、WiMAXは、エリア内であれば、どこでも同じようにインターネット回線を利用できます。

外回りの多い人で、一人暮らしにはモバイルwifi、WiMAXの方が便利かもしれません。

モバイルwifi、WiMAXについてはこちらで記事をまとめています。

つながる機器の数に制限がある

また、モバイルwifi、WiMAXは、同時につなげる機器が10機器くらいでパンクしますが、Softbank Airのairターミナルの場合は、最大接続数が、airターミナル2と3の場合は、最大で64となっています。

airターミナルでも最大32機器が接続できます。これだけつながれば、通常の家庭では十分です。

しかし、今後のIotの時代に進んでいくと、家電製品全部がインターネット回線を必要しだしたときには、どうなるかわわかりません。

現状では十分だと思ます。

ソフトバンクスマホのユーザーには手厚い割引

ソフトバンクスマホのユーザーには、手厚い割引があるので、工事をしたくない、すぐにネット回線が欲しいという場合には、Softbank Airは選択肢に入るかと思います。

通信費の節約では

我が家の場合は、格安SIMでスマホが一人頭1000円前後、家族4人で光回線、スマホすべて含めて1万円以内に収まっています。

その辺のことはこちらでこってりと記事にしています。

光回線のタイプ別に分類した記事はこちらにあります。

光回線のおすすめ比較まとめはこちらにあります。
光回線おすすめ比較
ホームルーターについては、こちらでも詳しく記事にしています。

ネット回線工事不要!無制限、安さ比較でおすすめはこうなります!

ご参考までにどうぞ。

Softbank Airもソフバンスマホとの組み合わせで、同様に通信費節約ができるでしょう。

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

コメント

タイトルとURLをコピーしました