サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。

ネット回線 工事不要のおすすめ、ホームルーター無制限、安さ比較はこれです。

ネット回線工事、絶対!イヤ!

 

「ネット回線工事、絶対!イヤ!」

 

そういう、ワガママなあなたへ・・・・

 

ネット回線どれにする?というとき、

 

光回線は工事が要るし!

 

工事日まで待たされるし、すぐにネット使いたいし!

 

引っ越し、女性の一人暮らし、ネット回線乗り換えの時に悩みます。

 

ネット回線工事不要のインターネットがあります。

 

ホームルーターです。

 

無線の高速インターネット回線を利用したホームルーター

 

工事不要で、据え置き型のホームルーターが届いたその日にネットにつながり、家族で利用できる高速無線インターネット回線です。

 

高速無線だからネット回線工事不要!

 

LTE回線やWiMAX回線を利用しているので普通にネットを使うには十分です。

 

このページでは、ホームルーターの速度や料金などを比較してまとめています。

 

LTE回線、WiMAX回線の違いも簡単解説。

 

ネット工事不要で無制限、安さを比較したおすすめはこれです!

 

 

ホームルーターとは、工事不要の高速無線ネット

 

ホームルーターとは、工事不要のホームルーター

 

高速無線インターネット回線を利用するホームルーターは、工事不要です。

 

インターネットをつなげるときに、光回線を選べば、容量制限もないし、接続端末の制限もなく便利です。

 

しかし、光回線の場合は、光ファイバーを家の中に引き込む工事が必要で工事費もかかります。

 

ホームルーターは、数万円の工事費が必要なし!!。

 

無線の高速インターネット回線を利用したホームルーター

 

持ち運びのできるモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi、WiMAXと言われるものは以前からありました。

 

ホームルーターは、固定回線の代わりになる据え置き型の高速無線Wi-Fiルーターです。

 

コンセントにさして置くだけで使えるインターネット回線

 

無線の高速インターネット回線を利用したホームルーター

 

 

据え置き型ですので、電源は家庭の電源コンセントに挿すだけで、後は通常のWi-Fiに繋げる方法で、スマホやパソコンなどをインターネットにつなげることができます。

 

Wi-Fiホームルーターは工事が要らないのでホームルーターが届けば、その日から使えるインターネット回線ですので1人暮らしや新生活引っ越しの時期には大変助かります

 

2月3月の引っ越しシーズンには光回線の工事の契約しても1ヵ月先2ヶ月待ちと言うのはザラにあることです。

 

その、ホームルーターのWi-Fiでは、ルーターが届けばその日から利用ができます1ヶ月も2ヶ月も待つ必要はありません。

 

持ち運びのできるポケットWi-Fiなどの小型ルーターとは違い、据え置き型のホームルーターですので、電波の届きが非常に強く、固定の光回線で利用するWi-Fiルーターと同じような扱いで利用することができます。

 

wifi電波の届く範囲

 

wifi電波の届く範囲

 

小型の持ち運びのできるモバイルルーターと違い、据え置き型ですので、Wi-Fiの電波が届く範囲が、50メートルから60メートル位の範囲で、強力な電波が届く仕組みになっています。

 

ですから家族でインターネットを利用できるようになっています。

 

2階建ての家などにも充分利用のできるようになっています。

 

一方、小型のモバイルWi-Fiルーターの場合は、電波の届く範囲が、10メートルから20メートル程度ですので2階建ての家や家庭用向きには少し難があります。

 

 

ホームルーターが発信するWi-Fiの電波の周波数

 

ホームルーターが発信するWi-Fiの電波の周波数

 

ホームルーターが発信するWi-Fiの電波の周波数は、5ギガヘルツ帯、2.4ギガヘルツ帯とあります。

 

これは、光回線の最終端末で利用する最近のWi-Fiルーターでも同じです。

 

ホームルーター自体が発信するWi-Fiの電波は、システム的には、光回線と同じ仕組みになっています。

 

5ギガヘルツ帯の方が高速ですが、建物の壁などの障害物に弱くあまり遠くまで電波が届きません。

 

一方、2.4ギガヘルツ帯は、5ギガヘルツ帯よりは速度が遅くなりますが、障害物に強く、家の隅々まで電波が届く性質を持っています。

 

最近のスマホやパソコンは、5ギガヘルツ帯、2.4ギガヘルツ帯ともに受信のできる機器になってきています。

 

その時々の1番強い電波を捕まえて、最適なインターネット回線を利用することができるようになっています。

 

 

ホームルーターとモバイルルータの違い

 

ホームルーターはね、ここが違うのよ!

 

LTEやWiMAXを利用したルーターには、ホームルーターとモバイルルータがあります。

 

ホームルーターは据置形ですので家族でインターネットを利用する場合に適しています。

 

小型のモバイルルーターは、持ち運びもできますし、自宅にいるときには、そのままインターネット繋がています。

 

ホームルーターは、自宅での家族向き、モバイルWi-Fiルータは持ち運びのできる一人暮らし向きのインターネット無線回線といえます。

 

 

ホームルーターは電池の減りを気にしなくていい

 

ホームルーターは、電源を家庭のコンセントから供給するようになっています。

 

ですから、持ち運び型のモバイルルーターのように、電池の減りを気にする必要はありません。

 

 

ホームルーターの仕組み・LTE回線・WiMAX回線を利用している

 

ホームルーターはWiMAXやLTE回線を受信してインターネットにつなげるモバイルwifiの1種です。

 

ホームルーターの周りでは、Wi-Fiの無線インターネット環境を作り、パソコンやスマホ、タブレットなどをインターネットにつなげることができます。

 

 

WiMAX回線とソフトバンク系のLTE回線を利用したホームルーターの2種類

 

WiMAX回線とソフトバンク系のLTE回線を利用したホームルーターの2種類

 

ホームルーターを利用することのできる無線インターネット回線は、WiMAX回線とソフトバンク系のLTE回線を利用したホームルーターの2種類に分けられます。

 

サービスとしては、WiMAXのプロバイダが、販売しているWiMAXホームルーターと、LTE回線でにつなげるソフトバンク系で販売されているSoftbank Airになります。

 

WiMAXは、KDDIのUQ-WiMAXが構築した高速な無線インターネット回線で、現在では、WiMAX2+という回線になっています。

 

WiMAXは高速だが、3日10GB制限がある

 

最高速度1.2GBを誇る光回線並みの高速無線インターネット回線です。

 

弱点そしては、鉄筋のビルの中など電波の届きは弱い点がります。

 

そして、3日間で10GB以上の利用があると、次の日の夜間帯に1MBの速度に制限がかかる所です。

 

WiMAXのホームルーターは、WiMAX回線を代理販売しているプロバイダが多数あります。

 

WiMAX回線、LTE回線も実測値ではあまり変わらない

 

どっちでもいいから、工事無しでネットつけて!

 

ソフトバンクのLTE回線を利用したSoftbank Airは、WiMAX回線よりは、データ速度が遅いですが、実測値で10~50Mbps程度は、速度が出ます。

 

通常に音楽を聴いたり、動画を通常の範囲で楽しむ分には、支障のない速度です。

 

WiMAXについても、実測値は似たようなものですので、速度的なところで比較する必要はありません。

 

高速回線を必要とするネットゲームをしたい場合や、仕事で動画編集をしているなど高速で大容量のデータを利用したい場合は、どうしても固定回線の光回線を選ぶことになります。

 

ホームルーターの場合は、家庭向けで音楽や動画を楽しむといった一般利用ということになります

 

 

ホームルーターの接続台数

 

ネットみんなで使えないと困るわ~~

 

ホームルーターの利点は、モバイルWi-Fiルーターより接続台数が多い点が挙げられます。

 

モバイルwifiの持ち運びのできる小型ルーターの場合は、スマホやパソコンなど、同時接続できる台数が5~10台程度になります。

 

一人暮らしでは、十分な台数ですが、家族で利用する場合は、少し足りなくなります。

 

ホームルーターの場合は、接続台数は、50台程度になりますので、家族利用でも十分です。

 

wifi電波の届く範囲も広く、より高速接続のできる有線LANケーブルでの接続端子もあります。

 

 

ホームルーターのデメリット・外出先には持っていけない

 

ホームルーターのデメリットは、外出先に持っていく事はできない点です。

 

契約時に届け出た住所以外では、利用できないことになっています。

 

引越した場合は、当然、住所変更をすれば、そのまま利用することはできます。

 

外でも利用したい場合は、持ち運びのできるモバイルwifiを選ぶ必要があります。

 

しかし、モバイルwifiを持ち出してしまうと、自宅にいる家族は、ネットを利用できなくなりますので、一人暮らし向きということになります。

 

 

ホームルーター選び方

 

ホームルーターには、WiMAXのホームルーターとLTE回線を利用したsoftbank airの2種類になります。

 

WiMAXの場合は、3日間で10GBの速度制限がありますが、softbank airの場合は、速度制限がありません。

 

WiMAXの3日間10GBの制限も許容範囲に入る人は、選択肢に入れてください。

 

WiMAXの場合は、UQ-WiMAXを代理販売をしているプロバイダが多数存在しています。

 

扱っている回線は、WiMAXでどこのプロバイダで契約しても同じです。

 

ホームルーターの機械も同じものです。

 

ここでは、料金的に安い代表的なプロバイダをご紹介します。

 

LTE回線を利用したsoftbank airも、販売代理店から申し込んだ方が、安くてお得です。

 

Softbank本家よりも料金を安くして代理販売をしている所は、同じSoftbank AirをモバレコAirという名称で販売しているところとあります。

 

Softbank AirとWiMAXホームルーター比較

 

Softbank AirとWiMAXホームルーター比較して、絞り込んだところだけ表にまとめました。

 

回線・販売会社 開通月と24ヶ月目料金 2年間合計とキャッシュバック
モバレコAir・株式会社グッドラック
開通月1970円
24ヶ月目3344円
2年49508円
キャッシュバック
28000円
最安一番おススメ
Softbank Air・ポケットモバイル株式会社
開通月3800円
24ヶ月目4800円
2年84160円
キャッシュバック
20000円
WiMAX2+GMOとくとくBB
開通月2170円
24ヶ月目3480円
2年80900円
キャッシュバック無し
WiMAX2+・BroadWiMAX
開通月2726円
24ヶ月目3411円
2年81179円
キャッシュバック無し

 

一人暮らしにはホームルーターよりモバイルWi-FiやWiMAXが向いている。

 

ホームルーターと一人暮らしの相性は、工事いらないし、引っ越しにもルーターを持っていくだけですから十分です。

 

しかし、一人で据え置き型にお無線ネット回線を持つなら、小型ルーターを持ち運べるモバイルWi-FiやWiMAXが向いています。

 

外出先でも同じネット環境を使え高度範囲が広がります。

 

スマホのパケット節約にもなります。

 

 

小型モバイルWi-Fi、WiMAXのおすすめ表です。

モバイル回線おすすめ表【2021年3月調査】
プロバイダのリンク 開始月料金・37カ月~料金・3年間支払い総額 契約期間、速度制限など
楽天モバイル
Rakuten UN-LIMIT回線人口密集地エリア展開、エリア外はauの4G回線利用可
1年無料以後月2980円
2年以降の3年総額107280円最安
解約金縛り無し楽天エリア内無制限、3日制限無し、エリア外au回線月5GBまでそれ以上は1Mbpsで動画などOK
携帯電話とルーター代わりになるので最安詳細記事こちら
最安値保証WiFi
softbank4G回線
月額3280円
3年総額118080円wifiのみでは最安
解約金縛り無し月間容量無制限、3日制限も無し、
クラウドWi-Fi
softbank、au、DoCoMo4G回線を自動切換えエリア広い
月額3380円
3年総額129040円
解約金縛り無し月間容量無制限、3日制限も無し、海外利用もOK。
BroadWiMAX
2年以上利用で安い、乗り換え補助ありWiMAXならおススメ
初月2726円
37ケ月~4011円
3年総額131352円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
SAKURAWiFi
softbank4G回線
月額3680円
3年総額139160円
解約金縛り無し月間容量100GBを目安、3日制限は無し、SIMのみあり
DTI WiMAX2+
3年目から安い長期契約で安い
初月0円
37ケ月~3760円
3年総額130430円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
カシモWIMAX
初月1380円
37ケ月~4079円
3年総額137048円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
So-net モバイル WiMAX 2+
若干高めだがサポート充実UQ mobile併用で割引あり
初月0円
1年間3380円13ケ月~4379円
3年総額148656円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事はこちら
GMOとくとくBB WiMAX2+
31500円キャッシュバックあるがキャッシュバック
初月3609円
37ケ月~4263円
3年総額131269円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
GMOとくとくBB
とくとくBBのキャッシュバック無しコース、3年までは安い4年から高くなる
初月0円
2,3月目2590円~24ヶ月目まで3344円~以降4263円
3年総額132904円
WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
BIGLOBE WiMAX 2+
15000円キャッシュバック
初月0円
以後3980円
3年総額131280円
WiMAX、1年契約ハイスピードプラスエリアモード1005円必要、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事こちら
UQ WiMAX
WiMAX本家で料金高め
初月3880円日割り
2ケ月~3880円
3年総額146560円
WiMAX、2年契約、月間容量無制限、3日10GB制限
詳細記事はこちら

 

まとめ

 

工事いたないので、同じならやすいのでいいわ!

 

Softbank AirとWiMAXホームルーター比較した場合に、おすすめは、3日10GBといった速度制限のないSoftbank Air系になります。

 

Softbank Air系では、モバレコAirが一番お得で販売をしています。

 

モバレコAirは、同じSoftbank Airの回線とホームルーターですので、通信品質やホームルーターのスペックも同じものです。

 

同じものであれば、安い方がいいでしょう。

 

モバレコAir

 

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

 

モバイルwifi・WiMAXの無線ネットをまとめています。一人暮らしのネット回線におすすめ
一人暮らしのインターネット通信費節約3パターン!WiMAX、wifii、光回線、WiMAX一人暮らし体験談も

このエントリーをはてなブックマークに追加        
TOPへ