光回線、固定電話、スマホ5人家族月1万円体験談

光回線、固定電話、スマホ5人家族月1万円体験談

光回線と固定電話、格安SIMスマホで家族5人月1万円でOK

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ自宅兼仕事場のNTT光回線最終端末とルーター群
通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ自宅兼仕事場のNTT光回線最終端末とルーター群

 

NTT光回線での光電話に3つの電話番号を割り振っています。
通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの自宅はNTTの光回線と光電話を引いています。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ一家は、光回線と固定電話、格安SIMスマホを上手に組み合わせて、家族5人で月1万円の通信費です。しかも快適なネット環境と通信環境を手に入れてます。

 

その辺のいきさつを語ります。ちょっと長いでが、お気に入りに入れたりしてじっくり読んで下さい。あなたも通信費がバカみたいに安くできますよ。

 

私は、自宅でネット関連、プログラム関連の仕事をしている自営業ですからネット環境は高速でないと困ります。といっても今では、光回線が主流になり、どのお宅でも光ファイバーを引くところが増えています。

 

光回線が普及する前は、電話回線によるアナログモデムによるダイヤルアップ接続から始まり、ISDN、ADSLと進化していきました。地方ごとのケーブルテレビもテレビを配信する同軸ケーブルを利用したネット回線を始めたり、高速回線へ向けて時代は変わっていきました。

 

現在では、光ファイバーの光通信が一番データ通信の速度が速いものとなり、これからは光回線を選ぶ人が増えています。

 

他の選択肢としては、無線によるWiMAXや低速でのADSL回線などもあります。

 

さて、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの自宅兼仕事場での回線ですが、最初に申し上げたとおり、NTTの光回線と光電話のセットです。

 

光回線が価格競争の時代に

 

光回線についてもNTT以外にも提供する会社が増えて価格競争の時代に入っています。au光回線とか、ケーブルテレビ会社も光ファイバーに切り替えてきたりと光通信に参入してきています。

 

NTTにしてもこの競争にさらされて、既存のユーザーにも割引攻勢を仕掛けて、他社への流出を防いでいます。

 

また、最近では、NTTの光回線を他社のプロバイダーとかに開放して光コラボとかも始めています。NTTの光回線卸販売ですね。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは名古屋に住んでいますので、NTT西日本の管轄です。

 

我が家でも、以前の携帯やスマホがauだったので、auの代理店からバンバンau光への乗り換え勧誘が来ます。

 

実は、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの回線はNTTの光電話とのセットで、さらに、業務用の追加の電話番号とファクス番号を利用しているので乗り換えを断っています。

 

NTTの割引が無かった時には、はっきりいって他社に乗り換えた方が安くなったのですが、この追加番号のおかげでNTTのままにしていました。

 

NTTからの乗り換え勧誘の人にその点を話して、「もし同じ条件で自宅の電話番号と会社の電話番号、そして会社用のファクス番号の3つの電話番号を移行できるのなら話に乗りますよ」と申し上げるとセールスする人には意味が分からないようで、退散していきます。

 

条件さえ合えば乗り換えしたんですが、どうも他社では3つも電話番号を維持することができないようです。

 

そんなワケで、auの携帯を家族で持っていたにもかかわらず、NTTの回線を使っていました。そんなこんなしていて、この光回線での激戦時代にはいり、NTTも他社との比較で高い回線料から割り引きを始めました。

 

我が家のNTT光回線の1ヶ月の通信料金の内訳

 

NTT西日本からは、光回線の割引で「光もっともっと割」というのがあるのでどうですかと電話があり、割引をしてもらっています。

 

ず〜〜っとNTTを使うなら割引しますよ、というやつです。携帯の2年縛りで、途中解約は違約金が取られる「何とか割り」みたいなものですね。

 

我が家では、そんなこんなで、NTTから離れられないので、まあいいですよとOKしました。

 

我が家のNTT光回線の1ヶ月の通信料金の内訳は下記のようになります。

 

  • フレッツ光プレミアム・・・・5400円
  • 光もっともっと割・・・・・・・-1390円
  • ひかり電話(基本料)・・500円
  • 追加番号使用料・・・・200円(2番号分)
  • ユニバーサルサービス料・・・・9円
  • NTTとは別にプロバイダー料金・・・500円

 

合計で・・・5219円

 

インターネットの光回線と光電話、プロバイダー料金で毎月の維持費が5219円でこれにプラスして電話をした分の料金が加わります。

 

ネットにつなげるプロバイダーは、BBエキサイトにしています。月額500円で一番安いと思います。

 

すでにNTTフレッツ光を契約していて高いプロバイダーを使っているという人は、BBエキサイトの方が安く済みます。

 

NTTフレッツ光ユーザー向けに割引キャンペーンとかあります。今やってるか分かりませんがご参考までにこちらをどうぞ。

 

 

NTTとの光コラボの方が安い

 

でもね、最近では、NTTの光回線をNTT自身が卸し販売をしてプロバイダーなんかに提供してるヤツで光コラボレーションという商品があるんです。

 

光回線を契約するのにNTTフレッツとか直接NTTと契約するより条件が良いんですね、これが。

 

だから、NTTフレッツとプロバイダー最安値のBB.exciteの組み合わせを選らぶより光コラボを選んだ方が、最近ではトクするようになってます。プロバイダー料金コミコミのところが多いです。

 

NTTフレッツとプロバイダーの組み合わせで、プロバイダー料金が1000円とか払っている人は、光コラボに乗り換えた方が安くなりますね。

 

手続きもWEB上で出来ます。

 

NTTの光回線と光コラボレーションをやっているところです。

NTTフレッツ光とプロバイダーなどとの光コラボ商品は、プロバイダーとのセットで特典、キャッシュバックとかいろいろあります。

時期によってキャンペーン内容は変わってるかもしれませんが比べて下さい。

最近はNTTフレッツを直接契約するよりもプロバイダー経由のNTTとの光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。回線はNTTそのものですから品質は同じです。NTT光よりも安くて、プロバイダー独自のサービスがあったりします。

今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。長くNTTを使っている人は、割引が大きくなっているので、そままの方が安い場合があります。回線料金を比較してみて下さい。
  1. 【So-net 光 コラボレーション】30ヶ月割引で戸建て4400円マンション3300円。更にauスマホ携帯利用ならauセット割あり。NTTフレッツ光を利用中の人が安くなるパターン。WEB申し込み工事不要。

  2. SoftBank光キャンペーン戸建て5200円マンション4000円でここからソフトバンクのスマホ持っている人は割引あり。キャッシュバックあり。

  3. 今なら工事費用が無料!DMM光戸建て4820円マンション3780円からDMMモバイルやDMMコンテンツ、電子書籍との同時契約だと安くなる。

  4. 【OCN光】最初の1年間だけ戸建て3650円マンション2800円その後は5100円と3600円。無線ルータプレゼント、5000円キャッシュバック。OCNの格安SIMとの組み合わせでスマホが安くなる。

  5. GMOとくとくBBのドコモ光ドコモのスマホ携帯を持っている人限定。戸建て5200円マンション3800円ですが、ドコモスマホ携帯とのセット割引で安くなってます。

  6. ビッグローブ光なら【ビッグローブ光.net】3年縛りで戸建て4980円マンション3980円、2年縛りで戸建て5180円マンション4080円。事務手数料、工事費かかるね。でもキャッシュバックあり。
私の光ファイバー体験談はこちら→「我が家のネット回線と電話回線+格安SIMスマホで5人家族月1万円で維持
光コラボレーションについて詳しくはこちらで解説→「光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線サービスが一体に

 

コミュファ光・NURO光

 

中部地方でプロバイダー料金もこみこみで光回線も安くて、スピードも速いというのが、「So-net コミュファ光」ですね。関東圏なら「世界最速インターネットNURO 光」です。

 

電話番号の件がなければ乗り換えてます。普通にNTTの光回線を使うのはもったいないです。

 

フレッツ光の光電話は、FAXお知らせメール、着信お知らせメー、キャッチホン、ボイスワープ、迷惑電話おことわりサービス、ナンバー・リクエスト、ナンバー・ディスプレイなどいろいろな有料オプションがありますが必要無いので全部無しで基本の基本だけの料金にしています。

 

固定電話はほとんど無用

 

業務用でも、連絡をとる時はパソコンが多いのでほとんどメールかSkypeです。会社用の電話番号やファックス番号も追加でありますが、これも勧誘電話や勧誘ファックスばかりで困っています。

 

私用の家族用の電話番号も似たようなもので毎日、「●●証券」とか「●●なんとかという金」を買いなさいとかいう電話ばかりでもう固定電話は必要ありません。

 

会社用はとりあえず名刺にも刷ってありますし、固定電話のない会社というのも信用性に響きますので、とりあえず維持するにしても家族用の家電番号は必要無いので、近々廃止しようと思っています。

 

家族みんな携帯やスマホを持っているので自宅の電話は使いません。全く必要無しです。番号を1個削っても100円の節約にしかなりませんがね。

 

ということで、インターネットの高速回線でNTTの光回線フレッツ光プレミアムと光電話3ナンバーとプロバイダー料金で、合計5000円程度ということです。

 

悔しいかな!「So-net コミュファ光」とか、関東圏限定の「世界最速インターネットNURO 光」ならもっと安くなります。しかも高速です。クソ〜〜!

 

 

通信料金節約ワザに欠かせない自宅のWi-Fi環境

 

自宅の光回線は、携帯やスマートフォンを安くする上でも必要経費です。それは、自宅でのWi−Fi環境が必要だからです。

 

Wi-Fi環境とは、自宅に引いた有線のネット回線に無線ルーターという機械をつなげて無線でネットに繋げるためのシステムのことです。

 

家電量販店でも無線ルーターは数千円で販売されています。光ファイバーを引いたら、無線ルーターを設置して、自宅内を無線でインターネットに繋げることが出来るようにします。

 

パソコンはもちろん、タブレットやスマホもWi-Fiでネットに繋げることができます。そうすれば、スマホを光回線で高速通信ができます。

 

その時は、SIMカードでの通信をしないで、スマホのWi-Fi機能を使って通信をするので携帯会社やMVNO(仮想移動体通信事業者)のパケットを使う事はありません。

 

パケットの節約になります。そのため、スマホ料金の節約には、自宅のWi-Fi環境は欠かせません。

 

Wi-Fiについては、こちらの記事で技術的なところをわかりやすく解説しています。→「Wi-Fiとは?特徴を知ってインターネットを快適に!

 

 

格安SIMの導入で通信料金節約ワザ

 

スマホ通信料金を格安にする方法・MVNOと格安SIM講座でも詳しくお話していますが、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの家族は、節約ワザをする前は、auの携帯とスマホを持っていました。

 

5人家族で夫婦二人、長女、長男、次男という構成です。

 

私がスマホで月7000円、妻がガラケーで3000円、娘がスマホで10000円、長男がガラケーで5000円、次男がスマホで10000円です。

 

合計で3万5千円です。これに自宅のネット回線と電話の5000円をプラスして4万円前後を毎月払っていました。

 

年間では50万円近い出費です。大きな買い物です。

 

これを私と妻の携帯とスマホを格安SIMに変更して2枚のSIMでパケ合えるコースで約月額3000円にしました。

 

子どもたちはauの電話番号が変更されることがイヤみたいで、なかなか格安SIMに進みません。とりあえず長男はガラケーからスマホにしてやるぞということで、格安SIMに移行予定です。

 

そうなると以下のように月額通信料金が変わります。

 

  • 自宅ネット回線と光電話・・・・5000円
  • シム・セツヤ、妻、長男の格安スマホ3台分・・・・3000円
  • 娘のスマホ・・・・・10000円
  • 次男のスマホ・・・10000円

 

合計・・・28000円

 

これで長女と次男も格安SIMに移行できればあと2万円近く節約できます。

 

で、その後、上の計算はだいぶ前のもので、2015年の料金は以下のようになりました。

 

家族全員のスマホを格安SIMスマホにした場合

  • 自宅ネット回線と光電話・・・・5000円
  • シム・セツヤ、妻の2枚のSIMでパケ合えるコース・・・・2000円
  • 長女のスマホ格安SIM・・・・・1000円
  • 長男のスマホ格安SIM・・・・・1000円
  • 次男のスマホ格安SIM・・・1000円

合計・・・約10000円ポッキリ

 

光回線と格安SIMスマホの組み合わせで、家族5人の通信費を家のネットと電話も含めて1万円程度に収まります。

 

年間では12万円です。今までは50万円近い出費でしたから、十分な節約効果です。

 

格安SIMのスマホを維持するためには、自宅でのWi−Fi環境が力を発揮します。Wi−Fi環境下でのスマホの通信は自動で勝手にWi−Fiを優先して使うようにできます。

 

つまり携帯スマホの通信会社の回線を使わないのです。使っていないのにパケットを使い過ぎると通信費が高額になるので怖いと思いこみ、今までパケット定額料金を5000円くらい払っていました。

 

大量のデータをダウンロードするような動画や音楽を移動中に見たり聞いたりしなければほとんどパケットを使いません。

 

通勤途中にメールやちょっとネットをつなげて調べ物をしたり、ツイッターやフェースブックをやる程度なら数メガバイトで済みます。パケット定額の上限3GBや7GBを使い切ることがありません。

 

この辺のデータ使用状況のレポートも「スマホ通信料金を格安にした実践記録」の終わりの方でまとめておきました。

 

格安SIMのMVNO通信事業者のデータ通信で移動中は十分まかなえます。そうすればスマホを一人あたり月1000円前後で維持できます。

 

人によっては、飲み会などの料理やレジャーでの写真をいっぱいブログやFacebookにバンバン投稿したいのでパケット定額が必要なんだという人もいるでしょう。

 

でも画像だけなら月に1GBから2GBもあればいいでしょう。それなら格安SIMのコースでも高くても月額1500円前後で適当なコースがあります。使い方を心得ていればこれくらいの金額で十分まかなえます。

 

光回線と自宅のWi-Fi環境に組み合わせて外でのスマホ環境を格安にするために格安SIMカードの導入をして家族の通信費を節約しています。

 

SIMカードの節約については、こちらで詳しく解説しています。

 

「光回線、固定電話、スマホ5人家族月1万円体験談」まとめ

 

話を自宅のネット回線に戻します。

 

格安にスマホ環境を実現するために自宅で大量のデータ通信ができるように光回線でのWi−Fi環境を持てばいいわけです。そうすれば、動画や音楽などは自宅のWi-Fi環境で済ませて、移動中には保存したものを楽しむなどの工夫ができます。

 

というよりも、今までも知らず知らずのうちに大手携帯会社の通信網を使わないで同じことをしていた人が多いと思います。通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、そうでした。

 

パケット通信が高額になるといけないと思い込み、毎月スマホに7000円払っていました。しっかりと調査したら私の場合は、ほとんどauの回線を使っていませんでした。

 

ですから、格安でしかも快適な通信料金環境を手に入れるためには、自宅の光回線でのWi−Fiを整えるということが必要です。

 

光回線を引くと光電話が使えます。従来のNTT加入電話の基本料金は1700円ですから、ひかり電話にするとそれが500円です。通話料も距離に関係なくどこに電話をしても3分間8円で一律料金です。通信料金節約ワザにはいい感じです。

 

大学進学とか就職などで家族の中に一人暮らしを始める人なんかにもいいと思います。我が家の長男も遠方の大学にいっています。

 

長男には光ファイバーだけ引いてひかり電話はつけていません。電話は携帯で十分です。固定電話なしです。今時の若い人は携帯かスマホで固定電話は必要ないですね。

 

次回は、自宅のネット回線と電話回線についてもいろいろとありますので、その辺を通信料金節約ワザ.COM管理人シム・セツヤとは違うパターンも含めて調べたことをまとめたいと思います。

 

光回線の分類と販売サイトをまとめたものを載せておきます。

関東圏の光ファイバーは「NURO 光」でしょ!NURO(ニューロといいます。)
超高速の2Gbpsの光ファイバー回線、超高速の450Mbps無線ルーター付、有料ウイルスソフトも料金内、プロバイダーも料金内、全部コミコミで月4,743円ということはこれに決まりといった内容です。光電話もあり。いかんせんエリアが関東圏だけ!うらやまし〜〜!通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが、関東に住んでいたら、「NURO 光」 に即乗り換えます。
詳しい記事はこちら→「NURO光 世界最速2Gbps
NURO 光の申し込みはこちら→「世界最速インターネットNURO 光」30000円もキャッシュバックあります。

NTTの光回線と光コラボレーションをやっているところです。

NTTフレッツ光とプロバイダーなどとの光コラボ商品は、プロバイダーとのセットで特典、キャッシュバックとかいろいろあります。

時期によってキャンペーン内容は変わってるかもしれませんが比べて下さい。

最近はNTTフレッツを直接契約するよりもプロバイダー経由のNTTとの光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。回線はNTTそのものですから品質は同じです。NTT光よりも安くて、プロバイダー独自のサービスがあったりします。

今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。長くNTTを使っている人は、割引が大きくなっているので、そままの方が安い場合があります。回線料金を比較してみて下さい。
  1. 【So-net 光 コラボレーション】30ヶ月割引で戸建て4400円マンション3300円。更にauスマホ携帯利用ならauセット割あり。NTTフレッツ光を利用中の人が安くなるパターン。WEB申し込み工事不要。

  2. SoftBank光キャンペーン戸建て5200円マンション4000円でここからソフトバンクのスマホ持っている人は割引あり。キャッシュバックあり。

  3. 今なら工事費用が無料!DMM光戸建て4820円マンション3780円からDMMモバイルやDMMコンテンツ、電子書籍との同時契約だと安くなる。

  4. 【OCN光】最初の1年間だけ戸建て3650円マンション2800円その後は5100円と3600円。無線ルータプレゼント、5000円キャッシュバック。OCNの格安SIMとの組み合わせでスマホが安くなる。

  5. GMOとくとくBBのドコモ光ドコモのスマホ携帯を持っている人限定。戸建て5200円マンション3800円ですが、ドコモスマホ携帯とのセット割引で安くなってます。

  6. ビッグローブ光なら【ビッグローブ光.net】3年縛りで戸建て4980円マンション3980円、2年縛りで戸建て5180円マンション4080円。事務手数料、工事費かかるね。でもキャッシュバックあり。
私の光ファイバー体験談はこちら→「我が家のネット回線と電話回線+格安SIMスマホで5人家族月1万円で維持
光コラボレーションについて詳しくはこちらで解説→「光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線サービスが一体に
auスマホ持ちにはauスマートバリューとauひかりの組み合わせでメチャ節約 auひかりも特典、キャッシュバックとかいろいろあります。時期によって変わっていると思いますが比べて下さい。auひかりは代理店が乱立気味でオプションがないとキャッシュバックがだめだったり、何ヶ月もあとに自分で申請しないとダメだったり面倒すぎるので、そういうところは除きました。
auスマホ、auスマートバリュー、auひかり関連記事はこちら→「光回線比較・NTTフレッツ、auひかり、CATV」、「auスマー、トバリューauひかりをauスマホ持ちで安くする★au離脱困難派向け
東海地方で光電話セットで格安料金(auスマートバリュー対応)
So-net コミュファ光
愛知、三重、岐阜、静岡の中部地方のCMでやってるコミュファ光。So-netプロバイダー料込、ギガのスピード、光電話も300円でNTTより安くコミファ光電話同士無料通話、光テレビもあり、auスマホを持っている人はスマートバリューで1スマホごと1410円割引も適用できる。
関西地方はeo光、テレビ、光電話セットで格安料金、auスマートバリュー対応
価格もリーズナブルで1年間2953円〜で、工事費無料で、商品券最大15,000円もついてくる!
大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域でいろいろキャンペーンやっている光回線です。スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかあり、au携帯ユーザーならスマートバリューでセット割もあり。
最安値プロバイダーはここです。
高いプロバイダー乗り換えましょう。プロバイダ料金が500円。BB.exciteです。NTTのフレッツ光とフレッツ・ADSLに月500円で対応しています。プロバイダー乗換えをすると6ヶ月割引で月300円になるキャンペーンもあったりします。
最安プロバイダ BB.excite!月額500円(税抜)!
でもね、今はプロバイダーが光コラボやってて、そっちの方が安いね。NTTフレッツ光契約して別にプロバイダー契約するより、プロバイダーのやってる光コラボの方が安くなっちゃったね。
プロバイダーと光回線がセットになってるヤツです。一番は、これやね→【So-net 光 コラボレーション】毎月最大 9 0 0 円 割引。auスマホ携帯利用なら毎月最大1700円割引auセット割。2万円キャッシュバック。So-netは好きやね。安心や。

 

執筆:通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

 

 

 
Yahoo!ブックマークに登録する このエントリーをはてなブックマークに追加 livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する


通信料金節約ワザ.COM管理人シム・セツヤ的にこれでヨシの節約パターンまとめ

通信費節約4つの戦略★節約パターン

  • 第1戦略★まず高性能のSIMフリースマホを安く手に入れる
  • 第2戦略★次に自宅でスマホ、パソコンをつなげる環境を作る。光回線快適ネット
  • 第3戦略★そして、外でのスマホの通信費を安くする
  • 第4戦略★WiMAXでどこでもネットの通信費節約(独り暮らし向き)
通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的最強パターンです。こんな感じで家の固定電話、スマホ含めて4人家族月10000円の通信費です。このサイトをサラッと読めば、その方法が分かります。

通信費節約4つの戦略★節約パターンをもう少し詳しく。


第1戦略★まず高性能のスマホを安く手に入れる

SIMフリースマホ本体はここが安いイオシス
格安SIMカードが使えるSIMフリースマホはここで安く買えます。中古パソコンもいっぱい。中古でも保証があり安心。新品未使用品もたくさんあり、ほとんどの機種を探すことができる。保証があるぶんAmazonよりこちらを選んでいます。管理人おすすめ機種は2〜3万円の中上級機スマホ。

管理人おすすめスマホランキング。機能値段でSIMフリーで使える格安スマホ選定しました。

1位Zenfone 2 Laser 2位iPhone 6、 3位Zenfon 5、 4位ZenFone 2、 5位XPERIA Z3 Compact、 6位Nexus 5、 7位freetel XM
SIMフリースマートフォン本体端末まとめ
SIMフリー スマートフォン特集

第2戦略★次に自宅でスマホ、パソコンをつなげる環境を作る。光回線快適ネット

関東圏の光ファイバーは「NURO 光」でしょ!NURO(ニューロといいます。)
超高速の2Gbpsの光ファイバー回線、超高速の450Mbps無線ルーター付、有料ウイルスソフトも料金内、プロバイダーも料金内、全部コミコミで月4,743円ということはこれに決まりといった内容です。光電話もあり。いかんせんエリアが関東圏だけ!うらやまし〜〜!通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが、関東に住んでいたら、「NURO 光」 に即乗り換えます。
詳しい記事はこちら→「NURO光 世界最速2Gbps
NURO 光の申し込みはこちら→「世界最速インターネットNURO 光」30000円もキャッシュバックあります。

NTTの光回線と光コラボレーションをやっているところです。

NTTフレッツ光とプロバイダーなどとの光コラボ商品は、プロバイダーとのセットで特典、キャッシュバックとかいろいろあります。

時期によってキャンペーン内容は変わってるかもしれませんが比べて下さい。

最近はNTTフレッツを直接契約するよりもプロバイダー経由のNTTとの光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。回線はNTTそのものですから品質は同じです。NTT光よりも安くて、プロバイダー独自のサービスがあったりします。

今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。長くNTTを使っている人は、割引が大きくなっているので、そままの方が安い場合があります。回線料金を比較してみて下さい。
  1. 【So-net 光 コラボレーション】30ヶ月割引で戸建て4400円マンション3300円。更にauスマホ携帯利用ならauセット割あり。NTTフレッツ光を利用中の人が安くなるパターン。WEB申し込み工事不要。

  2. SoftBank光キャンペーン戸建て5200円マンション4000円でここからソフトバンクのスマホ持っている人は割引あり。キャッシュバックあり。

  3. 今なら工事費用が無料!DMM光戸建て4820円マンション3780円からDMMモバイルやDMMコンテンツ、電子書籍との同時契約だと安くなる。

  4. 【OCN光】最初の1年間だけ戸建て3650円マンション2800円その後は5100円と3600円。無線ルータプレゼント、5000円キャッシュバック。OCNの格安SIMとの組み合わせでスマホが安くなる。

  5. GMOとくとくBBのドコモ光ドコモのスマホ携帯を持っている人限定。戸建て5200円マンション3800円ですが、ドコモスマホ携帯とのセット割引で安くなってます。

  6. ビッグローブ光なら【ビッグローブ光.net】3年縛りで戸建て4980円マンション3980円、2年縛りで戸建て5180円マンション4080円。事務手数料、工事費かかるね。でもキャッシュバックあり。
私の光ファイバー体験談はこちら→「我が家のネット回線と電話回線+格安SIMスマホで5人家族月1万円で維持
光コラボレーションについて詳しくはこちらで解説→「光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線サービスが一体に
auスマホ持ちにはauスマートバリューとauひかりの組み合わせでメチャ節約 auひかりも特典、キャッシュバックとかいろいろあります。時期によって変わっていると思いますが比べて下さい。auひかりは代理店が乱立気味でオプションがないとキャッシュバックがだめだったり、何ヶ月もあとに自分で申請しないとダメだったり面倒すぎるので、そういうところは除きました。
auスマホ、auスマートバリュー、auひかり関連記事はこちら→「光回線比較・NTTフレッツ、auひかり、CATV」、「auスマー、トバリューauひかりをauスマホ持ちで安くする★au離脱困難派向け
東海地方で光電話セットで格安料金(auスマートバリュー対応)
So-net コミュファ光
愛知、三重、岐阜、静岡の中部地方のCMでやってるコミュファ光。So-netプロバイダー料込、ギガのスピード、光電話も300円でNTTより安くコミファ光電話同士無料通話、光テレビもあり、auスマホを持っている人はスマートバリューで1スマホごと1410円割引も適用できる。
関西地方はeo光、テレビ、光電話セットで格安料金、auスマートバリュー対応
価格もリーズナブルで1年間2953円〜で、工事費無料で、商品券最大15,000円もついてくる!
大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域でいろいろキャンペーンやっている光回線です。スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかあり、au携帯ユーザーならスマートバリューでセット割もあり。
最安値プロバイダーはここです。
高いプロバイダー乗り換えましょう。プロバイダ料金が500円。BB.exciteです。NTTのフレッツ光とフレッツ・ADSLに月500円で対応しています。プロバイダー乗換えをすると6ヶ月割引で月300円になるキャンペーンもあったりします。
最安プロバイダ BB.excite!月額500円(税抜)!
でもね、今はプロバイダーが光コラボやってて、そっちの方が安いね。NTTフレッツ光契約して別にプロバイダー契約するより、プロバイダーのやってる光コラボの方が安くなっちゃったね。
プロバイダーと光回線がセットになってるヤツです。一番は、これやね→【So-net 光 コラボレーション】毎月最大 9 0 0 円 割引。auスマホ携帯利用なら毎月最大1700円割引auセット割。2万円キャッシュバック。So-netは好きやね。安心や。

第3戦略★そして、外でのスマホの通信費を安くする

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤがいいと思うコース一覧でまとめると

  1. とにかく安くしたいというライトユーザー向け
  2. 携帯電話番号を捨ててもいい、データ通信専用とIP電話でOKのミドルユーザー向け
  3. 今までの携帯電話番号は捨てたくない、でも通信料金を安くしたいMNP派ミドルユーザー向け(新規で携帯電話番号付きのスマホを持ちたい人もこれ。かけ放題オプション追加でキャリアからの乗り換えに。)
  4. 外でばりばりネットも電話もするヘビーユーザー向け
スマホの通信料金節約でどこのMVNOと格安SIMを選んだらいいのかわからない場合は、この記事をどうぞ。長文保存版です。→具体的にどこがいい?・MVNOと格安SIM講座第6回

格安SIMのそもそもからの解説はこちら→「スマホ通信料金を格安にする方法・MVNOと格安SIM講座」「スマホ通信料金を格安にした実践記録

第4戦略★最強の通信費節約は、もしかしてこれかもね。

どこでもネットのWiMAX
一人暮らしのネット環境はコレ一つにする。月3696円で光回線並みの速度を自宅でも外でもOK。常にWiMAXとスマホを持ち歩けばSIMカードすらいらない。最強の節約術。auスマホ、携帯の人は、「UQ Flat ツープラスauスマホ割」で最大934円割引あり。

WiMAXのキャンペーンを比較してみて下さい。時期によってキャッシュバックとかいろいろあります。管理人シム・セツヤ的に好きな順です。

  1. Broad WiMAX←WiMAX業界最安値2,856円。キャッシュバック無しの代わりに月額が安い。すっきり価格が好きやね。一番いいねこういうのが。
  2. 【So-net モバイル WiMAX 2+】24ヶ月割引とか27000円キャッシュバック。So-netは回線的にしっかりしていていいね。
  3. GMOとくとくBB WiMAX2+値下げして最安値を競争してますね。時期によってはBroad WiMAXより安いかもです。
  4. @niftyWImax20100円キャッシュバックあり
  5. DTI WiMAX2+27000円キャッシュバック、ここもまずまずかな。
  6. BIGLOBE WiMAX 2+26000円キャッシュバック、ここもまずまずで、申込みがちょっとめんどうそう。
  7. PEPABO WiMAX(ペパボワイマックス)24ヶ月割引とかあり。ここもまあまあ。
  8. UQ WiMAXUQ-WiMAX本家。商品券3,000円プレゼント、回線はどこの会社でもこれと同じ、本家はキャッシュバックや特典がなくて手続き面倒で他社から申し込んだ方が安くていいと思う。

いろいろあるけど、どこでもWAINAXの回線は同じです。1番目のキャッシュバックなしの代わりに月額料金が安いのか、2番目のキャッシュバックがあってSo-netという回線安心感で比べればいいと思います。まあ、安い方がいいでしょうけど・・・
関連記事こちら→「WiMAXを比較。一人暮らしにWiMAX。どれもUQ-WiMAX結局どこがいいのか。」「UQ WiMAXまとめ

ホーム RSS購読 サイトマップ
格安SIM講座 スマホ格安実践編 ネット回線と電話 管理人はこんな人