NTTフレッツ光をつなげる工事の実際

NTTフレッツ光をつなげる工事の実際

NTTフレッツ光のスピードと光回線市場

NTTフレッツ光をこれから契約しようと計画している人に、実際の工事の内容を紹介します。

 

最初に光ファイバー回線をNTTの設置局舎から家の中まで配線します。

 

光ファイバーは細いガラス管ですから、折り曲げると折れてしまいます。折れるとデータ通信はできなくなります。

 

電柱から自宅の中まで配線しますから切れたりしないように強力なフィルムで覆われて工事ができるように対策されています。

 

家の外から室内に通すための穴はどうしても必要です。

 

光ファイバーを室内に通すと、それを回線終端装置という機械に接続します。

 

回線終端装置は光ファイバーから、パソコンなどの機械に接続するためのLANケーブルに変換する装置となります。基本的にはここまでがNTTフレッツ光の工事となります。

 


 

回線終端装置の次に無線LANなどのルーターをつなげると無線でのネット接続が可能です。

 

今では、ネットをパソコンなどにつなげるまでの設定までサービスでやってくれるキャンペーンもあります。

 

光ファイバーを通した穴はきちんとふさいでくれますから、特別に何かをする必要はありません。

 

普通は電話線用の穴やクーラーなどの穴を開けている家屋が多いですから、その穴を利用して光ファイバーを通すので、別途穴を開けることは少なくなっています。

 

回線終端装置は契約者の希望する所に設置できます。しかし、光ファイバー回線が折れたりしないよう、できるだけ人が触らないところに設置することが必要です。

 

また、回線終端装置を動かす手間には、電源が必要ですので、そのためのコンセントが必要となります。壁の近くでコンセント届く場所を選んでおきましょう。

 

工事の時間は、穴を開ける作業を含めても、2,3時間あれば十分でしょう。

 

また、マンションやアパートなどでは、その建物まではすでに光ファイバーが引かれている場合もあります。その場合は、割と速く工事が済むでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事




こちらの記事もどうぞ