サイト管理人シム・セツヤ監修本『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』 当サイト管理人本→通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ監修書籍。詳しくは「翔泳社から節約本が出版されます。」「節約本の出版いよいよ。見本誌が届きました。

UQ WiMAX本家はチト割高だけどね。

UQ WiMAX

 

WiMAX通信網の提供元はUQ WiMAXです。

 

よく「WiMAX本家」とかいう呼ばれ方をしますね。

 

UQ WiMAX以外のWiMAX通信サービスを提供している企業はプロバイダ(MVNO)と呼ばれ、販売代理店のような役割を担っています。

 

じゃあ、UQ WiMAXの料金体系とかはどうなの?

 

という疑問はありますよね。

 

月額料金はこんな感じ↓

 

本家の料金はプロバイダよりも高い

 

UQ WiMAXのギガ放題(2年,3年)プラン

利用開始月

2〜3ヶ月目

4ヶ月目以降

3696円の日割

3696円

4380円

 

月額料金お高いですね。

 

お高いわりにキャッシュバックもありません。

 

つまり、明らかにどうあがいてもプロバイダの方が安い。

 

なぜかって、

 

プロバイダは本家とは別に、独自のキャンペーンを行っているからです。

 

だから本家よりもプロバイダの方が料金が安いんですね。

 

つまりは、

 

WiMAXの契約をする時は、プロバイダから申し込んだ方がお得、ということです。

 

よっぽどのこだわりがない限りは。

 

UQ WiMAX本家の公式ページ→「UQ WiMAX」本家サイト→UQ WiMAX

 

本家だから当然、最新端末も取り扱っている

 

UQ WiMAXは最新端末を取り扱っています。

 

まぁ、プロバイダ各社も最新端末を取り扱っているところは多いので、

 

UQ WiMAXを選ぶ理由にはなりませんね。

 

一応→UQ WiMAX本家の公式ページ→「UQ WiMAX」本家サイト→UQ WiMAX

 

UQ WiMAXはオプションも弱い

 

特に必要性のあるオプションはありません。

 

あえて言及するなら、端末補償サービスのみ。

 

プロバイダ各社と比べて、UQ WiMAXの端末補償サービスは

 

  • 月額が安くて
  • 補償対応ケースは広い

 

がしかし、

 

端末補償サービスを利用する場合は、月額とは別に「負担金」を支払わなければなりません。

 

利用開始から1年以内に自然故障した場合は無償ですが、

 

利用開始から2年目以降や自然故障以外(水濡れ、盗難、紛失など...)での故障は3,300円以上の負担金を支払わなければなりません。

 

つまり、本家UQ WiMAXはオプション内容も弱いのです。

 

一応→UQ WiMAX本家の公式ページ→「UQ WiMAX」本家サイト→UQ WiMAX

 

「UQ WiMAX本家はチト割高でんな!」まとめ

 

本家のUQ WiMAXよりも、プロバイダの方が月額料金が安くてお得なのは自明の理。

 

というよりも、

 

プロバイダを目立たせるための、料金設定だったりサービス内容だったりします。

 

販売代理店が儲かれば、提供元も儲かるという構図ですね。

 

WiMAXはプロバイダから申し込むようにしましょう。

 

一応→UQ WiMAX本家の公式ページ→「UQ WiMAX」本家サイト→UQ WiMAX

 

高速無線インターネットのWiMAX各社比較表を載せておきます。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的WiMAXランキングです。

WiMAXの比較
  • 最初の3ヶ月間2726円、4ヶ月目〜3411円、25ヶ月〜4011円
  • 全機種端末0円
  • 最短即日開通
  • 18,857円の初期費用が全額割引で0円
  • 「満足保証」サービスで契約後満足がいかなかった場合解約金を無しに
  • キャッシュバックが無い代わりに月額料金が安いのでダントツの人気ですね。
  • 2年以上利用ならトータルでキャッシュバックがなくても安い。
  • 端末の到着後8日以内であれば申込みキャンセルが可能。エリアがちゃんと繋がるか心配という場合も安心。
  • 諸条件比較して管理人シム・セツヤ的には1位。

Broad WiMAXの詳しい記事BroadWiMAX

BroadWiMAX

7507

  • 最初の3ヶ月1970円、4ヶ月目〜3495円、25ヶ月目〜3995円。4年契約条件なので2位に。
  • <