光回線比較・NTT光コラボ、auひかり、CATV電力会社系、NURO光、eo光、WiMAX2+比較

インターネット光回線比較・接続契約で通信費節約にはどれ?料金で速度で?

インターネット光回線比較・接続契約で通信費節約にはどれ?料金で速度で?

インターネットを比較、光回線分かりにくいので比較してみた。通信費節約で。

光回線の比較?

 

うぇ〜〜!

 

インターネット回線を契約しようと思って調べてみると、いろんな種類があって、分からん

 

ハッキリ言って!インターネットの光回線を比較?!

 

メンドクサ!

 

NTTフレッツ、NTT光回線との光コラボレーション、NURO光、auひかり、ドコモ光、ソフトバンク光、ケーブルテレビや電力会社の光回線・・・、いろいろと光回線があります。

 

最近人気の光コラボレーション略して光コラボですが、OCN光、エキサイト光、U-NEXT光、ぷらら光、@nifty光、DMM光、so-net光・・・・これもいっぱいあります。

 

どれを選べば通信料金の節約になるのか?

 

インターネット回線を申し込しみたいのに比較検討するの、ほんとうにメンドクさい!

 

ハイハイ!解説します。

 

インターネット契約を比較検討するの面倒です。

 

 

毎月の通信料金は、このページにまとめたようなことを知っているか知らないかで年間の通信料金がバカみたいに違ってきます。

 

通信業界というのは、料金体系が理解しにくくできています。

 

複雑でめんどくさいです。

 

そこのところをなるべくわかりやすく、光回線を比較検討してみたいと思います。

 

光回線を契約する時の着眼点・インターネットの比較

 

  • ドコモユーザー→DoCoMo光
  • ソフトバンクユーザー→ソフトバンク光、NURO光
  • auユーザー→au光、auスマホの割引適用光回線会社
  • 格安SIMのプロバイダー→光コラボレーション
  • 高速データ通信と安さを求めるなら、関東、関西、中部限定→NURO光

 

大手の携帯キャリアだけでなく格安SIMの系列でも光コラボがあるので、同系列にすると何らかの特典や割引があります。

 

さらに、インターネットを比較して光回線を契約するときの注目点はここです。

 

現在もっているスマホの同系列で光回線を選ぶと、スマホの通信費が大きく割引になるセット割引がたくさんなります。

 

ドコモユーザーならDoCoMo光、ソフトバンクユーザーならソフトバンク光、auユーザーならau光というふうに同じ会社で固めるのです。

 

インターネットの光回線とスマホをセットで契約すると月額200円から1000円前後の割引が多くあります。

 

一家で光回線とスマホを同じ会社で固めると、うまくいくと光回線分をタダにできたりします。

 

そういう観点で、インターネットの光回線を比較検討すると上手な通信費の節約が可能です。

 

ですから、光回線の月額料金が多少高めでも、スマホの割引が適用されるのなら、契約の判断が出来ます。

 

インターネットを比較して光回線を選ぶ時、スマホとをセットで考えると通信費の節約が出来ます。

 

インターネットの比較で一番の通信費節約は

 

一番の通信費節約は、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤがこのサイトで再三申し上げていることですが、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアからスマホを脱却して、格安スマホにします。

 

光回線は、格安スマホの同系列で固めるということです。

 

OCN光とOCNの格安SIM、DMM光とDMMの格安SIMといった感じです。

 

これが一番の通信費節約になります。

 

しかし、これら光コラボの場合は、夜間のネット通信が遅くなったりします。NTTフレッツ・ネクスト隼もそうです。

 

光ファイバー回線そのものが速くなっても、プロバイダーが追い付いていない場合や地域があります。

 

通信費を抑えるのと、インターネット回線を高速に快適にするという両面を求めるなら、格安スマホ、格安SIMのMVNO(仮想移動体通信事業者)と超高速ネット回線のNURO光の組み合わせです。

 

NURO光は特に高速インターネット契約回線で、金額的にも安いです。

 

関東、関西、東海地方に住んでいるなら、NURO光が最有力候補です。

 

NURO光はソフトバンクのスマホとの組み合わせが電話料金などの点で有利です。

 

NURO光の弱点は、関東、関西、中部東海地方だけのサービスだということなんです。

 

地域限定のインターネット回線の光回線では、中部圏のコミファ光と関西圏のeo光とかは、auのスマホユーザーには、スマホの割引が適用できます。

 

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアとのセット割以外では、格安SIMとの地域限定光回線組も通信費節約には、いい選択になります。

 

  1. スマホをau、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアからスマホを脱却して、格安スマホへ
  2. 光回線は、格安スマホの同系列で固める。
  3. 光回線の高速性、安定戦を求めるならNURO光と格安スマホの組み合わせ。
  4. 中部圏のコミファ光、関西圏のeo光は、auスマホとの組み合わせ。

 

NTTフレッツ光を単独で申し込んで、別途プロバイダーを自分で申し込むパターンが一番高くつきます。

 

それでは、具体的に光回線を分類して比較してみたいと思います。

 

インターネットの光回線を分類して比較

 

インターネットを比較、光回線の分類

 

現状では、インターネットを比較して光回線を選ぶ時、主に次の4つに分けるとわかりやすいかと思います。

 

それぞれインターネット光回線の特徴など比較してみます。

 

  • NTTフレッツ光と割引サービスとの組み合わせ、NTT光コラボ
  • KDDI系列のauひかりとスマートバリューの組み合わせ
  • 電力会社やケーブルテレビ会社(CATV)光サービスでテレビとの組み合わせ
  • 関東、関西、中部東海圏のNURO光

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤのインターネット回線はNTTのフレッツ光を使って、それに光電話をつけていました。現在は、NURO光に乗り換えています。

 

固定の家電話はいらない人が増えていますが、私は仕事用でつけていますといった話しは、前回しました。

 

最近では、NTTが光回線の「卸し」をはじめて、NTT以外の会社が自社のサービスとのセット販売をはじめたりもしています。

 

これを光コラボレーションといいます。

 

回線のインフラでの分類では上記のNTT系列とKDDI au系列、そして電力会社やケーブルテレビの系列に分類するとわかりやすいかと思います。

 

 

NTTフレッツ光と割引サービスとの組み合わせでインターネットの比較

 

NTTは電話でもネットでも、昔は独占状態でしたが、電話回線もインターネットも改革開放でいろいろな会社が参入しています。

 

ですから価格競争の時代に突入しています。そんななかで、NTTも既存客の他社への流出を防ぐべく、割引を始めました。

 

NTT東日本の「にねん割」とNTT西日本の「どーんと割「もっともっと割」などがあります。

 

NTT東日本は「おもいっきり割」は2014年1月31日に終了しました。

 

携帯電話みたいに2年縛りや3年縛りで割り引きをするものや長く契約していると割引をするものなど光回線を維持するのに月額5千円前後といったレベルになっています。

 

固定電話が必要な場合は、これに光電話を加えます。

 

従来の電話回線は基本料金に月額1700円かかりましたが、光電話の基本料金は500円です。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは、自宅用の電話番号以外に会社用の電話番号とファクス番号をオプションで追加して使っていました。

 

それでも主回線と追加の2ナンバーの合計3つの電話番号で200円の追加料金です。光電話の月額維持費が700円です。

 

月額6000円程度で光回線と固定電話を持つことが可能です。

 

これについては、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤのパターンをこちらで詳しくまとめています。→「我が家のネット回線と電話回線+格安SIMスマホで5人家族月1万円で維持

 

NTTフレッツ光本家と契約する要望としては、個人事業のSOHOとか会社などでは、光電話の電話番号を複数もちたいとか、ビル用の電話回線をしっかり設置したいのなどの要望もあります。

 

その場合は、やはりNTT本家のものを申し込むことになります。通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤもこのパターンでした。

 

その後、050番のIP電話を使って、電話とファックスを仕事用に2回線の固定電話を設置しています。基本料金無料でコスト削減しています。

 

その記事はこちらです。

 

固定電話の基本料金を無料にする裏ワザ

 

通信費の節約という観点では、あまりおススメしませんが、NTTフレッツ光の本家を申し込むなら、キャッシュバックキャンペーンをやっているところがいいですね。

 

NTTフレッツ光本家の光回線申し込みならこちら

SOHO・法人ならネットだけの申込みで40,000円のキャッシュバック。ひかり電話A追加で最大50,000円のキャッシュバック。使わないオプションの加入は一切不要。

フレッツ光なら【フレッツ光申込みサイト】

 

光コラボレーション・NTT直接契約よりもプロバイダーとNTTとの光コラボの方が安い

 

光コラボレーションはプロバイダー込みで安い

 

写真の吹出が「コミモミ」になっちゃった!まあいいや!

 

ほんとは「コミコミ」です。修正面倒なので、ごめんなさい。

 

最近は、NTTの光回線をプロバイダーなどに卸して、プロバイダーが独自のサービスを加えた光コラボサービスが主流になってきました。

 

プロバイダーとのセットですから、光回線の料金のなかにプロバイダー料金が含まれているものばかりです。プロバイダー料金分が安くなっている場合がほとんどです。

 

それに加えて、いろいろな特典がありNTTに直接フレッツ光などを契約するよりも条件のいいものばかりです。

 

NTTの光回線と光コラボレーションをやっているところです。

NTTフレッツ光とプロバイダーなどとの光コラボ商品は、プロバイダーとのセットで特典、キャッシュバックとかいろいろあります。

光回線の月額料金が多少高めでも、同系列のスマホ契約で割引あるかで契約の判断をすると通信料金の節約が出来ます。

時期によってキャンペーン内容は変わってるかもしれませんが比べて下さい。

最近はNTTフレッツを直接契約するよりもプロバイダー経由のNTTとの光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。プロバイダー独自のサービスがあったりします。回線はNTTそのものですから品質は同じです。

今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。

長くNTTを使っている人は、割引が大きくなっているので、そままの方が安い場合があります。回線料金を比較してみて下さい。

光コラボレーション一覧
  1. 【So-net 光 コラボレーション】30ヶ月割引で戸建て4400円マンション3300円。更にauスマホ携帯利用ならauセット割あり。NTTフレッツ光を利用中の人が安くなるパターン。WEB申し込み工事不要。

  2. GMOとくとくBBのドコモ光ドコモのスマホ携帯を持っている人限定。戸建て5200円マンション3800円ですが、ドコモスマホ携帯とのセット割引で安くなってます。IPv6で夜も回線速度早いです。他社はIPv4で回線満杯状態で夜の回線速度が遅いんです。ドコモの携帯スマホを持っている人は絶対これがいいでしょう。

  3. SoftBank光キャンペーン戸建て5200円マンション4000円でここからソフトバンクのスマホ持っている人は割引あり。キャッシュバックあり。

  4. 今なら工事費用が無料!DMM光戸建て4820円マンション3780円からDMMモバイルやDMMコンテンツ、電子書籍との同時契約だと安くなる。

  5. 【OCN光】最初の1年間だけ戸建て3650円マンション2800円その後は5100円と3600円。無線ルータプレゼント、5000円キャッシュバック。OCNの格安SIMとの組み合わせでスマホが安くなる。

  6. ビッグローブ光なら【ビッグローブ光.net】3年縛りで戸建て4980円マンション3980円、2年縛りで戸建て5180円マンション4080円。事務手数料、工事費かかるね。でもキャッシュバックあり。
私の光ファイバー体験談はこちら→「我が家のネット回線と電話回線+格安SIMスマホで5人家族月1万円で維持

光コラボレーションについて詳しくはこちらで解説→「光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線サービスが一体に

 

関東、関西、中部東海圏ならNURO光・インターネットの比較必要なし

 

え!関東、関西、中部東海にお住まい?NURO光で決まりよ!あ、ハイ。

 

2018年から関西、中部にもエリア拡大!になりました!

 

NTTの光ファイバーインフラを借り受けて、プロバイダーのSo-netが提供している光回線サービスのNURO光です。

 

光コラボと同じ仕組みでSo-netが独自の技術で超高速なネット回線に仕上げています。超高速の2Gbps光回線です。

 

東京品川にあるNURO光のソニーネットワークコミュニケーションズ本社へ一度取材に行ってきました。

 

これについては詳しく特別にこちらにまとめています。→「NURO光本社取材記録・インターネット契約比較、工事内容など

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが、関東圏に住んでいたら絶対に乗り換えたいと思っているサービスです。

 

その後、私が住んでいる名古屋にもエリアが拡大したので、申し込みました。NURO光の体験談とか記事にしますね。

 

関東、関西、中部東海地方で速い!安い!うまい!的なインターネット光回線はNURO光でしょ!

NURO(ニューロといいます。)

  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速の450Mbps無線ルーター付
  • 有料ウイルスソフトも料金内
  • プロバイダーも料金内
  • 全部コミコミで月4,743円ということはこれに決まりといった内容です。
  • ソフトバンクのスマホ料金との割引サービスもあります。
  • 光電話もあり。

これデメリット→エリアが関東、関西、中部東海だけ!

NURO光のサービスエリア

  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

※一部地域は、まだサービス提供できていないことがあります。


詳しい記事はこちら
NURO光 世界最速2Gbps
NURO光本社取材記録・インターネット契約比較、工事内容など


NURO光の申し込みはこちら→「NURO 光 今なら30000円キャッシュバック!


通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは名古屋在住です。当然、NURO光です。日本の光回線のなかでNURO光が、一番おススメです。

 

NURO光が関西と中部圏にエリア拡大


関東圏限定の超高速インターネット光回線だったNURO光が、2018年1月より関西と中部圏にエリア拡大。


提供エリア

  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

※一部地域は、まだサービス提供できていないことがあります。


こちらでNURO光の提供エリアの確認ができます。




関東圏も今までの地域でNURO光は提供中です。


東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城です(一部エリアを除く)。


世界最速インターネットNURO 光

 

KDDI系列auひかりとスマートバリューの組み合わせでインターネットの比較

 

auスマホもちはauスマートバリューのauひかり

 

次は、もう一つの系列KDDI系列の「auひかり」です。「auひかり」を安くする方法の割引があります。

 

インターネットを比較して光回線を選ぶときに、関東、関西、中部東海圏以外でauユーザーならこれは第一候補にインターネットの光回線として比較検討して下さい。

 

auひかりのギガプランの5200円やマンションプランの3800円などを割り引く「auひかり(au one net)」やauのスマートフォンを持っている場合に組み合わせて、割り引く囲い込み戦略的な割引ですね。

 

auのスマートフォンを持っている場合は、毎月1410円割引きがあったりします。

 

auのスマートフォンユーザーで、auスマホを使い続ける考えなら、自宅の光回線を「auひかり」にすると得するパターンです。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的には大手の携帯会社からきっぱりと縁を切り、格安SIMのスマホとNTTの安めの光回線というパターンがオススメです。

 

しかし、諸々の事情がおありでしょうから、auで生きていくぞ!というかたには最強の光回線になると思います。

 

auスマホ持ちにはauスマートバリューとauひかりの組み合わせでメチャ節約

auひかりもプロバイダーとのセットで特典、キャッシュバックとかいろいろあります。これも大手の安心出来るところがいいです。特に「auひかり」は代理店が乱立して強引です。電話相談に持ち込むタイプが多く、オプションとか勧めてくるのでだめですね。時期によって特典とかいろいろですので比べて下さい。
  1. 【So-net 光 (auひかり)】auスマホとの割引もあり、キャッシュバックも高いし、ソネットが一番安心かな。

  2. ★auひかり オプション無しでも必ずキャッシュバック33000円★

  3. GMOとくとくBB auひかりキャンペーンキャッシュバックとかりますが、案内がわかりにくく忘れちゃうとか評判あまりよくないですね。

他にも沢山の代理店がありますが、あまり評判よくないので紹介しません。

 

 

電力会社やケーブルテレビ会社(CATV)光サービスでテレビとの組み合わせ

 

インターネットを比較して光回線を選ぶ時、3番めの光回線の系列です。電力会社、ケーブルテレビ系列です。

 

CATVケーブルテレビ局がインターネットの回線も同時にサービスをしているところがほとんどです。

 

ケーブルテレビの光回線化が行われていますので、それに乗せて光回線のインターネットもサービスが販売されています。

 

ケーブルテレビは、地方ごとで狭い範囲の会社ですので、それぞれにサービス内容が異なります。

 

自局のケーブルテレビの契約と同時に光回線も契約すると割引されるものや、近頃では携帯電話会社のauとの提携で、割引をおこなったりしています。

 

ケーブルテレも光回線は高速なところが多いですから、より安定したネット環境とたくさんのテレビ番組を見たい場合は、いいかもしれません。

 

ケーブルテレビのネット回線を単独で契約するとおおむね月額6000円前後です。

 

それに、テレビの視聴料金基本料がおおむね5000円前後とケーブテレビでの電話回線が1500円前後です。

 

それぞれを個別で契約してしまうと1万円以上になりますが、だいたいセット料金で7000円〜8000円といったサービスになっています。

 

高速ネット回線とたくさんのテレビ局と電話というセットでは案外狙い目かもしれません。

 

 

電力会社系列でインターネットの比較

 

電力会社では、地方ごとでいろいろですが、通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤが住んでいる名古屋の例で言うと中部電力がやっているコミファ光というのがあります。

 

中部電力系

 

KDDI auとの連携でスマートバリューも使うことができます。中部地方にお住まいの方は検討の余地があります。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤの場合は、業務用の電話番号を自宅用と別に2番号をNTTで運用しているのでNTTフレッツ光を利用していますが、通常の家庭でauスマホから変更したくない場合は、スマートバリューを利用して電力会社の光ファイバーという組み合わせもありかと思います。

 

東海地方で光電話セットで格安料金(auスマートバリュー対応)


So-net コミュファ光

愛知、三重、岐阜、静岡の中部地方のCMでやってるコミュファ光。So-netプロバイダー料込、ギガのスピード、光電話も300円でNTTより安くコミファ光電話同士無料通話、光テレビもあり、auスマホを持っている人はスマートバリューで1スマホごと1410円割引も適用できる。

 

関西電力系

 

こちらは大阪中心の関西地域でのサービスです。大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域が対象です。

 

全国シェアで言うとNTT、KDDIに次ぐ3番目になります。関西電力子会社のケイ・オプティコムが提供している光回線になります。

 

価格は割と安いですね。最初の1年間が2953円から始まるコースがあります。初期工事費が無料とか商品券最大15,000円もらえるキャンペーンなどやってます。

 

光回線を使ったテレビや光電話などのオプションもあります。スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかいろいろとやってますね。

 

au携帯を使っている人なら、スマートバリューでセット割もあります。

 

関西地方はeo光、テレビ、光電話セットで格安料金、auスマートバリュー対応

価格もリーズナブルで1年間2953円〜で、工事費無料で、商品券最大15,000円もついてくる!

大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域でいろいろキャンペーンやっている光回線です。

スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかあり、au携帯ユーザーならスマートバリューでセット割もあり。

 

四国電力系

 

こちらは、四国地域の電力会社系の光ファイバー回線です。

 

四国電力グループのSTNetが、提供する光ファイバー回線を使って、大容量で高速のインターネットサービスです。

 

株式会社STNet(エスティネット)は、四国電力の連結子会社で香川県高松市に本社があります。

 

四国では、有名な会社だそうです。そこがやっている光回線サービスで「ピカラ光」です。

 

ここも、いろいろとキャンペーンやってて、工事費無料と25,000円のキャッシュバックがあります。時期によってキャンペーンは、かわってるかと思いますが、だいたい、同程度のキャンペーンやってます。

 

四国地方は、【ピカラ光】

愛媛、香川、高知、徳島4県の四国地方の光ファイバー回線です。四国電力系の光回線。工事費無料やキャンペーンをやってます。

インターネット申込みなら【ピカラ光.com】

 

「インターネット光回線比較・接続契約で通信費節約にはどれ?料金で速度で?」まとめ

 

インターネットを比較して光回線を選ぶ時、NTTフレッツ光と割引サービスとの組み合わせ。

 

光コラボ。

 

関東、関西、中部東海に住んでいる人は、NURO光が一番。

 

auひかりとスマートバリューの組み合わせ。ケーブルテレビ会社(CATV)光サービスでテレビとの組み合わせ。

 

電力会社系列という分類で光回線を比較してみました。

 

最近では、NTTやKDDIのインフラを利用したプロバダー系の光回線サービスが数多く誕生しています。

 

NTTの光回線をプロバイダーや通信事業者への卸しが始まっています。

 

利用者からすると価格競争に突入して、ありがたいのですが、サービスの種類が増えすぎて訳がわからない状態です。

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ的にそれらも含めて光回線の比較分類をしてみました。

 

光回線の比較分類と販売サイトを再度まとめておきます。

関東、関西、中部東海地方で速い!安い!うまい!的なインターネット光回線はNURO光でしょ!

NURO(ニューロといいます。)

  • 超高速の2Gbpsの光ファイバー回線
  • 超高速の450Mbps無線ルーター付
  • 有料ウイルスソフトも料金内
  • プロバイダーも料金内
  • 全部コミコミで月4,743円ということはこれに決まりといった内容です。
  • ソフトバンクのスマホ料金との割引サービスもあります。
  • 光電話もあり。

これデメリット→エリアが関東、関西、中部東海だけ!

NURO光のサービスエリア

  • 関東1都6県:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 東海4県:愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西2府3県:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

※一部地域は、まだサービス提供できていないことがあります。


詳しい記事はこちら
NURO光 世界最速2Gbps
NURO光本社取材記録・インターネット契約比較、工事内容など


NURO光の申し込みはこちら→「NURO 光 今なら30000円キャッシュバック!


通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤは名古屋在住です。当然、NURO光です。日本の光回線のなかでNURO光が、一番おススメです。

NTTの光回線と光コラボレーションをやっているところです。

NTTフレッツ光とプロバイダーなどとの光コラボ商品は、プロバイダーとのセットで特典、キャッシュバックとかいろいろあります。

光回線の月額料金が多少高めでも、同系列のスマホ契約で割引あるかで契約の判断をすると通信料金の節約が出来ます。

時期によってキャンペーン内容は変わってるかもしれませんが比べて下さい。

最近はNTTフレッツを直接契約するよりもプロバイダー経由のNTTとの光コラボの方が、プロバイダー料金コミで安くなってます。プロバイダー独自のサービスがあったりします。回線はNTTそのものですから品質は同じです。

今までNTTと直接契約していた人も転用手続きで安くできます。WEBから申し込みできます。

長くNTTを使っている人は、割引が大きくなっているので、そままの方が安い場合があります。回線料金を比較してみて下さい。

光コラボレーション一覧
  1. 【So-net 光 コラボレーション】30ヶ月割引で戸建て4400円マンション3300円。更にauスマホ携帯利用ならauセット割あり。NTTフレッツ光を利用中の人が安くなるパターン。WEB申し込み工事不要。

  2. GMOとくとくBBのドコモ光ドコモのスマホ携帯を持っている人限定。戸建て5200円マンション3800円ですが、ドコモスマホ携帯とのセット割引で安くなってます。IPv6で夜も回線速度早いです。他社はIPv4で回線満杯状態で夜の回線速度が遅いんです。ドコモの携帯スマホを持っている人は絶対これがいいでしょう。

  3. SoftBank光キャンペーン戸建て5200円マンション4000円でここからソフトバンクのスマホ持っている人は割引あり。キャッシュバックあり。

  4. 今なら工事費用が無料!DMM光戸建て4820円マンション3780円からDMMモバイルやDMMコンテンツ、電子書籍との同時契約だと安くなる。

  5. 【OCN光】最初の1年間だけ戸建て3650円マンション2800円その後は5100円と3600円。無線ルータプレゼント、5000円キャッシュバック。OCNの格安SIMとの組み合わせでスマホが安くなる。

  6. ビッグローブ光なら【ビッグローブ光.net】3年縛りで戸建て4980円マンション3980円、2年縛りで戸建て5180円マンション4080円。事務手数料、工事費かかるね。でもキャッシュバックあり。
私の光ファイバー体験談はこちら→「我が家のネット回線と電話回線+格安SIMスマホで5人家族月1万円で維持

光コラボレーションについて詳しくはこちらで解説→「光コラボレーションとは?プロバイダーと光回線サービスが一体に
NTTフレッツ光本家の光回線申し込みならこちら

SOHO・法人ならネットだけの申込みで40,000円のキャッシュバック。ひかり電話A追加で最大50,000円のキャッシュバック。使わないオプションの加入は一切不要。

フレッツ光なら【フレッツ光申込みサイト】
auスマホ持ちにはauひかりの組み合わせでメチャ節約

auスマートバリューでスマホと光回線をauに統一するとめちゃ安くなります。場合によっては光回線代金分が環引きされたりします。

auひかりも特典、キャッシュバックとかいろいろあります。時期によって変わっていると思いますが比べて下さい。

auひかりは代理店が乱立気味でオプションがないとキャッシュバックがだめだったり、何ヶ月もあとに自分で申請しないとダメだったり面倒すぎるので、そういうところは除きました。

auスマホとauひかりの組み合わせでネット回線安くなる一覧

auスマホ、auスマートバリュー、auひかり関連記事はこちら

光回線比較・NTTフレッツ、auひかり、CATV
auスマー、トバリューauひかりをauスマホ持ちで安くする★au離脱困難派向け
東海地方で光電話セットで格安料金(auスマートバリュー対応)

So-net コミュファ光

愛知、三重、岐阜、静岡の中部地方のCMでやってるコミュファ光。

So-netプロバイダー料込、ギガのスピード、光電話も300円でNTTより安くコミファ光電話同士無料通話、光テレビもあり。

auスマホを持っている人はスマートバリューで1スマホごと1410円割引も適用できる。
関西地方はeo光、テレビ、光電話セットで格安料金、auスマートバリュー対応

価格もリーズナブルで1年間2953円〜で、工事費無料で、商品券最大15,000円もついてくる!

大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県の一部の地域でいろいろキャンペーンやっている光回線です。

スーパースタート割、工事費無料、商品券キャンペーンとかあり、au携帯ユーザーならスマートバリューでセット割もあり。
四国地方は、【ピカラ光】

愛媛、香川、高知、徳島4県の四国地方の光ファイバー回線です。四国電力系の光回線。工事費無料やキャンペーンをやってます。

インターネット申込みなら【ピカラ光.com】
NTTフレッツ光で速度が出ないで悩んでいる人は、プロバイダーを変更しよう

 

だいたいはこの中から選べばいいと思いますが、固定の回線だけではなく、一人暮らしで回線工事もしたくない場合などには、WiMAXという選択もあります。

 

一人暮らしにはWiMAXという選択もあり

 

WiMAXは、高速無線通信が使い放題です。2015年4月から3日で3GBという速度制限が設けられましたが、速度制限といっても、公式では、最低1Mbps出ると宣言しています。

 

実測でもだいたい6Mbps程度出ています。

 

3日で3GBという速度制限も2017年2月からは3日で10GBの制限に緩和されました。

 

3日で10GBという制限も、4日目の速度制限がかかるまでは、10GBを超えても高速通信を利用することができます。ですから、容量的には使い放題といえます。

 

WiMAXの速度制限下でも、だいたい6Mbpsのデータ通信速度が出れば、通常の高画質動画は普通に見ることが可能です。

 

ですから、引越しをよくする一人暮らし向きに回線工事不要の無線高速通信のWiMAXはオススメです。

 

WiMAXの関連情報もこちらにまとめておきました。ご参考までにどうぞ。

 

速度制限の実態や使い勝手などをまとめました。

 

 

 

インターネット回線は、業者ごとで違うところはあります。オススメのインターネット回線はこれだと言い切れないところがあります。

 

評判は口コミもいろいろですが、大手のところがいいと言い切れないものです。相場としては、戸建てで5000円を切ればいいと思います。

 

引っ越しのシーズンなどの状況では、業界をあげてインターネット回線顧客の獲得合戦でキャッシュバックや特典がたくさんついたりします。

 

しかし、そういった時期は、注意事項として非常に工事日程がいっぱいになっていて開通まで待たされたりします。

 

住宅の構造のチェックも必要です。集合住宅では、工事のできないところもあります。工事に来てもらってもキャンセルということもあり得ます。

 

インターネット回線は、月額的には、定額で使い放題ですが、初期費用とキャッシュバックや値引き、ポイントなどでどこと契約すればいいのかが複雑です。

 

エリア的には、NTTの回線が全国規模です。au、ソフトバンク系は提供していないところもあります。販売プランもいろいろな名称があり分かりにくいところです。公式サイトをみてもよくわからないのが現状です。

 

今回は、インターネットを比較して光回線を選ぶ時、NTTフレッツ、NURO光、auひかり、CATV、電力会社系の特徴や通信料金の相場、WiMAXなどを比較検討して、まとめてみました。

 

ご参考までにどうぞ。

 

 

通信料金節約ワザ.com管理人シム・セツヤ

 






スポンサーリンク
   


 
Yahoo!ブックマークに登録する このエントリーをはてなブックマークに追加 livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する




ホーム RSS購読 サイトマップ
格安SIM講座 スマホ格安実践編 ネット回線と電話 管理人はこんな人